4月で開院4年目

当院は4月で開院4年目を迎えました。

多くの方に支えられて、これまでやってこれました。ありがとうございます。

これからも皆様の期待を裏切らないよう、精進してまいります。

当院では手術治療を積極的に行っていますが、昨年度は総数200例を超えていました。特に精索静脈瘤の手術は多く、最近は東京、福岡などかなり遠方からお越しの方が増えています。日帰り手術で、かつ症例数が多いので、選ばれるようです。また、これはなぜかわかりませんが、医師の方が多いですね。同業者の手術は、かつてはやや緊張していたものですが、最近はすっかり慣れてしまいました。医師に執刀医として認めてもらえるのは、外科医にとっては光栄なことでもあります。

 手術をする方も受ける方も、手術についての心配事の一つに合併症があります。幸いなことに、重篤な合併症を起こした方は昨年もいませんでした。無用のトラブルが起きないように細心の注意を払っていますが、これからも油断することなく続けていくことにいたします。

 土曜日の手術には京大病院泌尿器科の先生が来ています。私やベテランの先生だけで手術をしていても若手の先生が育ちません。せっかく当院には多くの患者さんが集まって下さっていることでもありますので、昨年より、京大の若手の先生にも手術に参加してもらえる教育システムをとっています。

 4年目も皆様に信頼していただけるクリニック運営に努めてまいります。よろしくお願いいたします。