ああ我が母校、京大泌尿器科

今日は私の母校、京大泌尿器科について書いてみようと思います。

京大泌尿器科、正式には「京都大学大学院医学研究科器官外科学泌尿器病態学講座」という長すぎる名前です。

教授が小川修先生、弱冠40歳にて京大医学部泌尿器科のトップになられたスーパーエリート、今や400名を超える医局員とその家族の命運を一手に担い、日本全国の海千山千の泌尿器科教授連中を束ね、泌尿器科といえば京大と言われる一大帝国の重責を背負っておられる方であります。ゴルフはシングルプレーヤー、スキーは1級ホルダー、麻雀ではデカい手しか狙わないなど、天は二物を与えずという物理法則に完全に反して存在する、マンガのような方です。

仕事に厳しく妥協を許さない風習は小川教授に由来し、京都大学の他の科にも類を見ない程の厳しさと言われております。ディスカッションに長けている内科の同期をして、泌尿器科のカンファレンスの帰りに「あの厳しさは一体なんなの?」を言わしめます。スタッフとして入局する際には「Welcome to the hell (地獄にようこそ)」と歓迎され、実際に地獄を見るそうなのですが、地獄の門をくぐり抜けた後には、技術と経験において比肩する者はない程の成長を遂げると言われます。

現在当院には、その地獄の釜に所属しておられる先生方の中でも、とびきり優秀な先生方が来てくださっています。

泣く子も黙る病棟医長であらせられます松井喜之先生をはじめ、ネイチャーホルダーの根来宏光先生、北悠希先生、佐野剛視先生に加え、4月より新しい先生方をお迎えすることになりました。

4月以降の毎週木曜日の夜診は、以下の先生方の担当になります。

松井喜之先生(京都大学医学部講師、京大病院泌尿器科病棟医長)

山崎俊成先生(泌尿器科医局長)

小林先生

寺田直樹先生

岡田能幸先生

新たな布陣で4月を迎えます。とりわけ優秀な先生方を派遣して下さいました小川修教授にこの場を借りてお礼申し上げますとともに、これからもよろしくお願い申し上げたいと思います。