日本泌尿器科学会総会@仙台 に参加してきました。

先日お休みを頂きまして、仙台で開催されました日本泌尿器科学会総会に参加して参りました。
大会主催の東北大学の荒井教授より直々にご指名を頂き、シンポジウムでの講演と、自院でのデータをまとめたポスター発表とを行いました。
シンポジウムでは「男性不妊症の実地診療を再考するー男性不妊症外来を標榜する開業医の立場から」と長すぎるタイトルの講演を行ってきました。

PP1

 

PPP22

私の話なんて、誰も興味を持たないのではないかと気楽に臨んだのですが、講演の後、見学希望の先生方からお声がけを頂き、意外に好評だったようです。ありがたいことです。
今回はスライドの作成に、シマダデザインの嶋田花織さんのご協力をいただきました。ありがとうございます!請求書送ってください!
講演の謝礼として、学会特製のクオカードを頂きました。このカードは使いにくいですよ、荒井先生!泌尿器科学の道、と書いてあります。尿道ですか!

IMG_0525

翌日、「日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術の精液所見の改善と妊娠予後の解析」と題したポスター発表を致しました。

無題

結論は、
「精索静脈瘤手術を受けた後は、一般の人が自然妊娠するのとほぼ同等の確率で妊娠することが可能である」
というものです。すごいでしょ?データとしてまとまると、説得力が増します。
今回は学会にどっぷり参加しましたが、それでも名物の牛タンはこっそり2回も食べましたし、大阪医大の若手の先生方との飲み会も楽しかったですし、帰りは噂の「はやぶさ+こまち」に乗りましたし、充実した仙台初体験でした。

IMG_0515