ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは?

 

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、活性酸素の除去やニキビの色素沈着の防止・メラニン色素抑制など様々な効果が期待されます。そのため美肌や美白の為には欠かせない”美肌ビタミン“と呼ばれる成分ですが、安定性が低くて空気に触れると酸化しやすく、水に溶かすと活性を失い、またビタミンC自体が肌への吸収がされにくいという性質を持っています。この美肌効果を得るためには、いかに皮膚内に届けて活性化できるかが、問題になってきます。

 

このようなビタミンCの弱点を改良した物がビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、角質層への透過を良くし、肌に吸収されてからメラニン色素に近い距離で酵素反応によってビタミンCに変化し、しかも長時間活性を持続する性質があります。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体、そして進化型のビタミンC誘導体とがあります。

 

「水溶性ビタミンC誘導体」の特徴としては即効性であり、短期間で皮膚に吸収されてビタミンC本来の効果が期待できます。元々壊れやすく吸収率も低いビタミンCを、リン酸と結合させることにより皮膚への吸収率を高めて効果を持続させ、ビタミンC本来の特性を生かせる状態に改良したものです。

 メラニンの生成をおさえながら新陳代謝をアップしてメラニンの排出を助け、色素沈着の改善を促します。また、皮脂分泌のコントロールや肌をなめらかにする作用など、ざらざら肌・オイリー肌・にきび肌から大人の肌ケアにも効果が期待されます。しかし皮脂の分泌を抑える作用によって乾燥しやすい肌になったり、敏感肌の人には逆に乾燥しやすくなったり、また、刺激を与えてしまうこともあるようです。

特に乾燥肌、敏感肌、炎症のある肌の方は使用に際して注意が必要です。水溶性ビタミンC誘導体は、化粧水や美容液などローションタイプの化粧品に配合されます。

水溶性ビタミンC誘導体の種類には「リン酸アスコルビルナトリウム」(APS)と「リン酸アスコルビルマグネシウム」(APM)等があります。現在、美容皮膚科で使われているリン酸型ビタミンC誘導体の配合目安は5%です。これはお肌の乾燥が比較的少なく、ニキビや皮脂の抑制効果、抗酸化効果が効率よく得られる濃度が5%という報告があるからです。

 

 

本来、水溶性であるビタミンCに油分を結合させて脂溶性にすることで、エマルション状態においても配合可能としたビタミンC誘導体が「脂溶性ビタミンC誘導体」です。油に溶けやすい性質をもつもので、クリームやジェルなどに配合しやすいビタミンC誘導体です。「脂溶性ビタミンC誘導体」は、肌への刺激が少なく真皮まで浸透するために、メラニンの生成を抑制し排出を助け、細胞を活性化させて新陳代謝を促進する効果が期待されます。特に敏感肌・乾燥肌の方や、大人のトラブル肌の改善に有効なビタミンC誘導体です。水溶性に比べて即効性はありませんが、水溶性ビタミンC誘導体よりも皮脂膜や角質層への吸収率が高いという性質があります。高い濃度でも刺激が少なく安定性にも優れているなどの特徴も持っています。また効果の持続性も水溶性ビタミンC誘導体に比べて高いようです。 保湿性も高く肌を乾燥から守る効果も期待できます。

 脂溶性ビタミンCはオイルに馴染みやすい性質からクリームやジェルタイプの化粧品に使用されています。脂溶性ビタミンC誘導体には「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」(VCIP)、「パルミチン酸アスコルビル」があります。化粧品配合推奨濃度は、5%です。

 

進化型ビタミンC誘導体・アプレシエ・APPSとも呼ばれているこの「新型ビタミンC誘導体」は、リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加し親油性を獲得した一番新しいビタミンC誘導体です。

安定したビタミンC誘導体として定番のリン酸型ビタミンC誘導体を、さらに機能性の高いビタミンCを目指して開発したのが、“APPS”

(アプレシエ;高浸透型リン酸型ビタミンC誘導体)です。ビタミンCをいかにお肌の深部まで持続的に、大量に安定供給させるのかが、開発ポイントです。従来のリン酸型ビタミンC誘導体では、イオン導入をしないと真皮まで十分にビタミンCを届けることができません。しかし、APPSでは外用塗布のみで真皮まで到達できるのです。

真皮まで入るという事実は、真皮でのケアが重要な“しみ”や“しわ”に対する直接的なアプローチが可能になります。

外用塗布で真皮まで浸透するAPPSは真皮でビタミンCに活性化し、コラーゲン合成で重要な役割を果たします。また真皮のメラニンの還元にかかわるため、”シミ””シワ””肌の張り“をトータルサポートします。水溶性ビタミンC誘導体の最大の特徴「即効性」と、脂溶性ビタミンC誘導体最大の特徴「真皮への浸透力」をあわせ持ち、更に、肌への刺激や乾燥の心配もなく、美白効果はもちろん、長期間使用することによるしわやハリの改善などのアンチエイジング効果も期待されます。脂質にも水分にも良くなじみ角質層への浸透力にも優れ、その浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われているほどです。

保湿力を高めて皮脂分泌を抑制し、細胞の奥まで浸透し活性酸素の除去、皮膚を活性化しコラーゲンの合成を促進、肌本来の働きを取り戻すなどの効果が期待できます。乾燥からくるニキビ肌の改善効果も期待されます。ビタミンC誘導体は強い抗酸化力で美肌の大敵「活性酸素」の発生を抑え、皮膚の抗酸化作用を高めます。そしてメラニン色素の生成を抑制し、さらに新陳代謝を高めて、シミやくすみの改善に効果が期待されます。 コラーゲンの生成を促進する効果もビタミンCの特徴です。しわやはりの改善も期待されます。

そして、ビタミンCの持つ消炎症作用や皮脂分泌のコントロール作用などによるニキビ改善、コラーゲンの生成促進によるニキビ跡改善効果も期待されます。APPSの化粧品配合推奨濃度は、1%~2%です。

 


子宮頸がんワクチンの接種について

 

ヒトパピローマウイルス感染症については、本年4月1日より定期予防接種となり、各市町村でとりおこなわれているところです。

ところが、平成25年度第2回薬事審議会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が、ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(子宮頸がんワクチン)接種後に特異的にみられたことから、同副反応の発生頻度等がよりあきらかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされたところです。

ワクチン接種を希望される患者さんが、医療機関を受診されたときには、積極的に子宮頚がんワクチンが勧奨されていないことが伝えられ、このワクチン接種の有効性および安全性等につき十分な説明がなされたうえで、接種することとなりました。

薬事審議会においても、今後早急に調査すべきとされた副反応症例について、可能な限り調査が実施された時点で、速やかに専門家による評価を行い、積極的な勧奨の再開の是非を改めて判断される予定であるとのことです。


風疹ワクチンの成人女性等への公費負担が始まる。

 

風疹(ふうしん)は、風疹ウイルス(rubellavirus)によるウイルス感染症で、集団生活に入る1~9才の子供に多く発生し、発疹、発熱、リンパ節の張れなどが主な症状です。症状は比較的軽く三日で良くなるので「三日はしか」とも言われ、症状もない人もいます(不顕性感染:15~30%)。
 また大部分の人は、一度かかると二度とかかることはありません(終生免疫)。
 風疹の潜伏期間は2~3週間で、飛沫感染によって人から人に移ります。このため
風疹に感染したら学校へは行けません。学校保健法によって、発疹がなくなるまで出席停止が義務付けられています。

 

妊娠初期の妊婦さんが感染すると胎盤を介しておなかの赤ちゃんも感染し、赤ちゃんが難聴・眼異常・心疾患などの障害を持つ先天性風疹症候群になることがあります

1994年、日本は予防接種法を改正し、ワクチンを接種する対象を1~7歳半(12ヶ月~90ヶ月)の男女に変更しました。その後風疹の大流行はなくなりましたが、昨年から複数の地域で局地的な流行が見られます。

予防接種法改正によってその後の風疹の大流行はありませんが、1994年当時7才半を越え中学生までの女性は、定期接種を受ける機会が少ない「谷間世代」となってしまいました。
 厚生労働省は、この谷間世代(1979~1987年生まれ)に対して、2003年9月まで一部公費負担にして接種を呼びかけました。
 しかし全国の20~39歳の約520万人(うち女性は約70万人)が風疹に対する免疫を持っていないと推計されています。
 「谷間世代」は、2004年で16~25才になり、現在子供を産む年齢を迎えています。妊婦さんが感染することによる、先天性風疹症候群の発生を防ぎ、脳炎などの重い合併症が比較的多いと言われる自然感染を防ぐこと、それから 症状が重くなることが多い成人の感染を防ぐことが重要です。

 

そこで感染者が拡大中の風疹のワクチン予防接種で、府は23日、妊娠を望む19歳以上の女性や妊娠中の配偶者がいる男性を対象に6月1日以降、助成を検討していると明らかにしました。独自助成をしている市町村に府が助成するとのことです。まだ詳細は、発表されていませんが、該当される方は、ぜひこの機会に風疹ワクチンの接種を検討されては、いかがでしょうか。

ただし、風疹単独ワクチンが現在品薄の状態であり、麻疹風疹混合ワクチンによる接種となる見込みです。


毛周期(ヘアサイクル)と脱毛症

 

毛髪は、毛母細胞が分裂を繰り返し毛が伸びていく成長期と成長が止まり退縮していく退行期、そして毛が抜けていく休止期という毛周期(ヘアサイクル)をくりかえしています。

人間の場合は、それぞれの毛が独自のヘアサイクルを有しており、頭髪では2年から7年の成長期の後、約3週間の退行期を経て休止期となり、約3か月後に抜け落ちるとされています。

 このヘアサイクルが、何らかの原因で正常に働かなくなり、成長期の期間の割合が増加すると脱毛の症状が現れるとかんがえらています。

今、男性型脱毛症(いわゆるAGA)にたいしては、プロペシアが有効といわれたくさんの男性が服用され、効果が確認されています。しかし残念ながら女性の対しては、有効性が確認されておらず、使用できません。

そこで、最近話題になっている桑白皮(ソウハクヒ)エキスが、男女ともに使える脱毛を抑える成分として注目をあつめております。

この成分は、動物実験では、休止期を成長期に変換する作用があり、脱毛症患者にすぐれた効果が認められています。この桑白皮エキスを使った育毛剤やまつげ育毛剤もつくられています。医療機関でしか取り扱いがないので、脱毛にお困りの方は、かかりつけ医に相談されてはいかがでしょうか。


高血圧症の配合剤が増える。

高血圧症の配合剤が増える。

近年、高血圧症のお薬で、配合剤がたくさん開発され、発売されてきました。

それは、ARB+利尿剤、ARB+Ca拮抗薬などの降圧剤同士の組み合わせもあり、また

ARB+スタチン(コレステロールを下げるお薬)もあります。

配合剤のメリットは、服薬する時の種類が減り、一回あたりの薬価点数が単独で

二種類服薬するより下がり、自己負担が軽くなります。

今二種類以上お薬を服薬されている患者さんは、主治医に相談されて、同じ効能効果があればぜひ配合剤にかえてもらうようお願いしてみては、どうでしょうか。

 

合剤一覧

<配合剤>

 

(ARB+利尿薬)

 

  ・プレミネント配合錠

   (ロサルタンカリウム50mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg)

  ニューロタン

  ・コディオ配合錠MD

   (バルサルタン80mg+ヒドロクロロチアジド6.25mg)

  ディオバン

  ・コディオ配合錠EX

   (バルサルタン80mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg)

  ディオバン

  ・ミコンビ配合錠AP

   (テルミサルタン40mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg)

  ミカルディス

  ・ミコンビ配合錠BP

   (テルミサルタン80mg+ヒドロクロロチアジドド12.5mg)

  ミカルディス

  ・エカード配合錠LD

   (カンデサルタンシレキセチル4mg+ヒドロクロロチアジド6.25mg)

  ブロプレス

  ・エカード配合錠HD

   (カンデサルタンシレキセチル8mg+ヒドロクロロチアジド6.25mg)

  ブロプレス

 

 

(ARB+Ca拮抗薬)

 

  ・レザルタス配合錠LD

   (オルメサルタン メドキソミル10mg+アゼルニジピン8mg)

  オルメテック

  ・レザルタス配合錠HD

   (オルメサルタン メドキソミル20mg+アゼルニジピン16mg)

  オルメテック

  ・エックスフォージ配合錠

   (バルサルタン80mg+アムロジピン5mg)

  ディオバン

  ・ユニシア配合錠LD

   (カンデサルタン シレキセチル8mg+アムロジピン2.5mg)

  ブロプレス

  ・ユニシア配合錠HD

   (カンデサルタン シレキセチル8mg+アムロジピン5mg)

  ブロプレス

  ・ミカムロ配合錠AP

   (テルミサルタン40mg+アムロジピン5mg)

  ミカルディス

  ・ミカムロ配合錠BP

   (テルミサルタン+アムロジピン 量は未定)

  ミカルディス

 

(Ca拮抗薬+スタチン)

 

  ・カデュエット配合錠1番

   (アムロジピン2.5mg+アトルバスタチン5mg)

                リピトール

  ・カデュエット配合錠2番

   (アムロジピン2.5mg+アトルバスタチン10mg)

                 リピトール

  ・カデュエット配合錠3番

   (アムロジピン5mg+アトルバスタチン5mg)

               リピトール

  ・カデュエット配合錠4番

   (アムロジピン5mg+アトルバスタチン10mg)

               リピトール 

    
 

インフルエンザワクチンの接種がはじまります。

暑かった夏も終わり、爽やかな季節になってきましたが、高熱の風邪も流行っています。まだインフルエンザの報告はありませんが、いよいよインフルエンザワクチンの接種がはじまります。インフルエンザが流行りだすと、高熱を伴う風邪との鑑別が困難になります。診断には、最寄りの医療機関にてインフルエンザ簡易検査キットで行いますが、何よりも予防することが重要です。そのためには、できるだけ早い時期にインフルエンザワクチンを接種することが必要です。
今年は、10月15日から65歳以上のかたの公費負担(一部)の接種がはじまります。それに伴い子供さんをはじめ65歳未満の方の接種もはじまります。できるだけ早い機会に接種を受けてください。
(インフルエンザの予防接種については、DDマップのドクターに聞くも参照してください。www.ddmap.jp/)
 


不活化ポリオワクチンの接種がはじまる

 

不活化ポリオワクチンの接種がはじまる

 

厚生労働省によると2012年(平成24年)9月1日から生ポリオワクチンの定期予防接種が中止され、単独の不活化ポリオワクチンの定期接種がはじまります。

 日本では、1980年(昭和55年)の1例を最後に、ワクチンによらない野生のポリオウイルスによる新たな患者の発生は、ありません。しかし南西アジア(パキスタン、アフガニスタンなど)やアフリカ諸国(ナイジェリアなど)などの海外では依然としてポリオが流行しています。これらの国の患者からの感染により、タジキスタンや中国などで発生したという報告もあります。海外でポリオウイルスに感染しても、麻痺などの症状がでずに帰国してしまう人もいる可能性があります。仮にポリオウイルスが日本国内に持ち込まれても、現在ではほとんどの人が免疫をもっているので、大きな流行にはならないと考えられています。しかし、ポリオの予防接種を受けない人が増えて、免疫を持つ人の割合が減ると、持ち込まれたポリオウイルスは免疫のない人から人へ感染し、ポリオの流行が起こる可能性が増加します。ですからポリオワクチンの接種が重要なのです。

それでは、生ポリオワクチンと不活化ポリオワクチンとは、どう違うのでしょうか。生ポリオワクチンは、ポリオウイルスの病原性を弱めてつくったもので、ポリオにかかったときとほぼ同じ仕組みで強い免疫ができます。そのため、まれにポリオにかかったときと同じ症状がでることがあります。しかし不活化ポリオワクチンは、ポリオウイルスを不活化し、免疫をつくるのに必要な成分をとりだして病原性をなくしてつくったものです。ですからウイルスとしての働きはないので、ポリオと同様の症状が出るという副反応はありません。

不活化ポリオワクチンの接種年齢、回数、間隔は、3種混合(DPT)と同じです。

初回接種(3回):生後3カ月から12カ月に3回(20日以上の間隔をおく)

追加接種(1回):初回接種3回目から12カ月から18カ月後(最低6カ月後)に1回

なお、この期間を過ぎた場合でも、90か月(7歳半)に至るまでの間であれば、接種ができます。不活化ポリオワクチンは、注射による接種で、多くの市町村では医療機関による個別接種となり、通年接種可能になります。不活化ポリオワクチンの導入前に1回目の生ポリオワクチンを接種した方は、2回目以降は不活化ポリオワクチンを3回接種することになります。生ポリオワクチンを2回接種した方は、不活化ポリオワクチンの接種は不要です。

ポリオワクチンの接種がまだの方は、接種されることをおすすめします。


プラセンタエキスの主な薬理作用とは?

プラセンタエキスの主な薬理作用とは?

今回は、プラセンタエキスの主な薬理作用についてお話をしましょう。主な薬理作用としては、自律神経を調整する自律神経調整作用、ホルモンを調整する内分泌調整作用、病気に対する抵抗力を高める免疫賦活作用、基礎代謝を盛んにし、細胞や器官、臓器の働きを活性化させる基礎代謝向上作用、炎症を抑える抗炎症作用、壊れた組織を修復する創傷回復促進作用、精神を安定させる精神安定作用、肝臓の働きを強化する強肝解毒作用、乳汁分泌を促す乳汁分泌促進作用、アレルギーを抑える抗アレルギー作用、体質の改善を促す体質改善作用、血液循環を良くする血行促進作用、突然変更を抑える抗突然変異作用、血圧を調整する血圧調整作用、疲労の回復を促す疲労回復作用、そして食欲を促す食欲増進作用などです。
これらのプラセンタの主な有効性を毎日の生活に取り入れるには、前回お話をしましたプラセンタ注射などの医薬品の利用だけではなく、プラセンタのサプリメント(健康補助食品)を食品としてとることが重要です。
色々なメーカーからプラセンタエキスのサプリメントが発売されていますが、プラセンタ(胎盤)からの有効成分の取り出し方(抽出方法)によって有効成分が変わってきます。プラセンタの最大の魅力である細胞増殖因子のように大きく複雑でデリケートな分子を取り出すには、より高度な抽出方法が必要になります。ですからプラセンタエキスと言っても、メーカーや抽出方法によってその内容成分が異なり、従ってその効果が違ってくることを知っておくことが重要です。医療機関でしか手に入らない製薬会社が作っている安全で高品質なプラセンタエキス製剤もありますので、私の医院のホームページもご参照ください。

 


プラセンタについて

プラセンタとは?

 
最近 プラセンタという言葉を良く耳にすると思われますが、
プラセンタとは、お母さんがお腹の中で赤ちゃんを守り育てる役割を持った胎盤のことです。
そしてプラセンタ(胎盤)には、生きていくために必要なほぼすべての栄養素が備わっています。タンパク質、脂質、糖質はもちろん各種ビタミン、ミネラル、酵素、核酸などが豊富に含まれています。
このプラセンタで作られる活性ペプチドのなかでも、細胞増殖因子はさまざまな細胞の増殖、再生に関わっています。ですから細胞増殖因子を持ったプラセンタエキスを医薬品や健康食品で身体にとりこむことは、細胞レベルでの若返りや修復が期待出来ることになります。
プラセンタを用いた医薬品の中でいまもっとも注目を浴びているのは、
プラセンタ注射です。現在日本では、ヒトプラセンタは、医療用注射剤にのみ使われています。薬局で売っている大衆薬や化粧品、健康補助食品にはブタやウマのプラセンタが使われています。
プラセンタで効果があると言われている疾患に以下のものがあります。
 内科系疾患;肝炎、肝硬変、慢性胃炎、胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、
潰瘍性大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、気管支喘息、慢性気管支炎、
貧血、慢性疲労、習慣性便秘など
 婦人科;更年期障害、月経困難症の改善、便秘、冷え性、生理痛、不妊治療、乳汁分泌不全、など
 皮膚科;アトピー性皮膚炎、発毛促進、じんましん、湿疹、ケロイド、
シミ、ソバカス、しわ、たるみ、ニキビ、美容、美白、若返りなどアンチエイジング
 耳鼻科;アレルギー性鼻炎、メニエル病、花粉症など
 整形外科;慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、
五十肩、肩こりなど
 泌尿器科;前立腺肥大症、膀胱炎など
 眼科;角膜炎、アレルギー性鼻炎、視力低下、白内障など
 歯科;歯槽膿漏、歯周病、顎関節痛など
 精神神経科;うつ病、神経症、自律神経失調症、不眠症など
 その他;精力増強、滋養強壮、疲労倦怠改善、男性、女性ホルモンバランスの調節、虚弱体質、病中、病後の体力回復、強壮、風邪予防など
これらの治療は、保険外診療のため自由診療になりますが、当院でも積極的に治療を行っておりますのでぜひご相談ください。お待ちしております。


 


一般名処方とジェネリック医薬品

もうゴールデンウイークも終わり暖かい日も続いていますが、まだインフルエンザのB型がここ京都市山科区の地域や学校によっては流行っているところがみられます。まだまだ油断せずに手洗いやうがいを、マスクの着用が必要と思われます。
B型インフルエンザの場合は、A型ほど高熱がでませんし、自覚症状も軽いので治療のリミットである48時間がたってから受診される患者さんが多くみられます。イナビル、リレンザ、タミフルなどの抗ウイルス剤が48時間経つと効果が発揮されず、治るのに一週間以上かかる場合がみられます。十分に注意してください。
ところで、 今名前のでたインフルエンザで使われるイナビルなど名称は、先発品の銘柄名ですが、この四月から後発医薬品(ジェネリック)を推進する為に厚生労働省が一般名処方を推奨する指導を始めました。
ですから院内でお薬をもらわれている患者さんは、関係ありませんが、院外処方箋で、薬局でもらわれる方は処方箋に今までと違う名前のお薬が書かれていて戸惑うことと思われます。
 これは、いままでのお薬がもらえないのではなく、薬局でその時に詳しい説明があると思いますが、今までと同じ先発品のお薬ももらえますし、後発品(ジェネリック)に変えて欲しかった方は医院や病院で言わなくても薬局で変更することができるのです。ですから、遠慮せずに好きなお薬を希望してもらっていただければと思います。