血管年齢の老化判定について

「血管年齢」とは、血管が老化した状態、すなわち動脈硬化の程度を表します。

動脈硬化とは、血管の壁が厚く硬く変化して、血液が流れにくくなること。

動脈硬化が進むと、脳や心臓などの血管がつまりやすくなり、
脳卒中や心筋梗塞などの病気を引き起こします。

動脈硬化によって発症する病気で死亡する人は日本人の約3割。

がんに匹敵するほどの死因率なのです。

血管年齢を知ることは、高血圧や高脂血症、糖尿病等、
さまざまな生活習慣病の早期発見につながります。

当院では、患者の皆様にアンチエイジングに対する意識を高めて頂くため、
当面、血管年齢による老化判定を医療保険で行っております。

ご希望の方は医院長までお申し出下さい。