月別アーカイブ: 2011年6月

6/29 泌尿器科・・・③前立腺

泌尿器科の扱う臓器を紹介いたします。

 

本日は前立腺 前立腺と聞いてその場所とその役割を正しく理解しておられる方は一般ではすくないのではないかと思います。

前立腺は膀胱の下にあって、尿道を取り囲むようにして存在する男性にだけにある臓器です。

精液の一部である前立腺液をつくる役割をしています。

また、筋肉の収縮により排尿を調節しています 。

この前立腺が加齢により前立腺は少しずつ大きくなっていき、尿の通り道をふさいでしまったり、膀胱を圧迫したりすることによって起こるさまざまな尿のトラブルを起こすのが前立腺肥大症です。

50歳を越えると以下のような排尿トラブルを訴えるかたが増えてきます。これらの多くが前立腺が肥大することによる障害であります。

・夜間のおしっこの回数が多い。

・おしっこに勢いがない。

・おしっこがしたくなると我慢できない。

・おしっこをするのに時間がかかる

・キレが悪い

治療は内服薬の服用で対処できることが多いです。

内服薬での治療が不十分の場合は内視鏡的な手術が必要であると勧める場合もあり、程度、状態によって、その方に適した治療法を選択いたします。

その他に前立腺癌・前立腺炎などが前立腺の主な病気です。

それらについてはまたの機会に


6/24 神戸空港

神戸空港にいってまいりました。

JALが撤退してすこし寂しくなったような感じです。

かつて関西に新国際空港を建設する際に、一度神戸沖にきまったところを市民の反対で
なくなり、今の関空になったそうですが、地方空港ができてしまった今にして思えば、
国際空港だったらどんなに便利だったろうにと思います。

当時の神戸の勢いからすれば、今の関空よりさらに便数が多く、いろいろな国に直行便
がでていたり、アジアのハブ空港として機能していたかもしれないなー・・・と個人的
には思います。

とにかく息子に飛行機をみせるためにいきましたが、近くでみれるため、すごい迫力で
、子供をつれていくには最高です。

ちなみにポートライナーにのっていきましたが、先端医療センター、中央市民病院、そ
の他の医療関係会社施設、理化学研究所の京スーパーコンピューター施設。どんどん新
しい施設ができあがりつつあるのにおどろきました。

神戸がこういった医療分野や最先端施設なんかで名をあげるのはいいことですね。

DSC_0025.JPG