誕生日を噛みしめる

先日、誕生日を迎えました(*’▽’)

地元の大阪に帰り、大学時代の友人と焼肉へ♪

仕事終わりに向かい、合流したので少し遅めの開始になりましたが、とても楽しかったー!やはり持つべきものは友ですね

焼肉

話す内容がどうしても歯科の話ばかりになってしまうのが味気ないですが…笑

みんな元気に仕事している証拠ですね 。

学生時代はあんなにも心躍った食べ放題という言葉…

もちろん今でもワクワクはしますが、そこまでの高揚感はなくなっちゃいました(*_*)

これが年を取るということなんですかねぇ

 

いろいろ食べましたが、焼肉と一言で言ってもいろんなお肉があります

柔らかいもの、弾力があるもの、噛み切りにくいもの、硬いもの…

それこそ、ホルモンまで幅を広げると本当に多種多様になります。

 

さて、皆さんはご自身の歯が一体何本あるかご存知ですか

永久歯は前から数えると…

中切歯、側切歯、犬歯

第一小臼歯、第二小臼歯

第一大臼歯、第二大臼歯(、第三大臼歯)

親知らずを除くと7種類の歯が上下左右にあるので、合計28本の歯があることになります。

これだけ種類があるのにはもちろん意味があって、それぞれ適した使い方があるんです。

すりつぶすためには第一大臼歯、硬い殻を割るためには第一第二小臼歯などなど。

みなさん、自然と使っていることですが、その役割を長い期間、違う歯に求めすぎると何かしらの症状がでます(>_<) まずは「噛んだら痛い」が多いですね。

同じような歯が並んでいるように思いますが、やっぱり一本でもなくしちゃダメですね

そのほうがいろんな硬さのご飯を楽しく食べれますよー






DDまっぷ ドクターブログ 一覧