体の入り口はだいたい口

こんにちは、白山です。

みなさん、歯医者さんに行くときってどんな時ですか?

おおよそ、歯が痛くなったとき多いのかなって思います。

あまり行きたいところではないですもんね痛くなるまで我慢しちゃうのも分かります(´・ω・`)

ただ最近、ほんと体感だけですが「口の中を診て欲しくて…」や「歯周病が気になって…」という方が増えてきている気がします。

そういえば、少し前から、テレビなどのメディアで歯周病というものの存在を伝えるようになり、世間的にも一般的なフレーズになってきているのではないかと思います。

雑誌などでも、心筋梗塞や認知症、糖尿病に歯周病が関連していると、なかなかに専門的な部分まで書かれていたりするのを目にしたりします( ゚Д゚)

とてもうれしいです。

そのように口の中に関心を持つ方が一人でも増えてくれたらと思います(^^♪

 

虫歯は痛くなることが多いので、「歯医者さんに行く=虫歯の治療」というイメージがあるかもしれません。

もちろん治療します。それなりに大きい虫歯でも、神経に及ぶような炎症を持つ虫歯でも治します。

ただ、歯周病でぐらぐらになってしまったり、それこそ抜けてしまった歯を治療するのは本当に難しいです( ;∀;)

しかも痛くないことが多いので(違和感程度)、発見も遅れます。

それほど歯周病というのは怖いのです。

 

そして、どうやら日本人の9割は罹患しているようで、その菌が歯を壊すだけでなく、

心臓、肺、脳といった重要な器官にまで悪影響を及ぼすといわれているわけです。

ぜひ痛みや何もなくても、一度口の中を見せに来てください♪

自分の歯で生涯過ごしましょう!






DDまっぷ ドクターブログ 一覧