雰囲気に飲まれがちな自分の味覚

こんにちは、白山です。

最近、ちょこちょことが降りますね…ようやく梅雨らしくなってきました。

雨が上がるたびに少し気温が下がるようでうれしいのですが、どこかのタイミングで夏の暑さに変わるのでしょうね…(´・ω・`)

季節の変わり目ですから、皆さん体調には気を付けてくださいね(^^♪

 

話は変わりますが、近ごろ京都で小さなカレーブームがあるようで、

教えてくれた後輩と二人で食べに行ってきました!

カレーと京都。

なんだかアンマッチな二つのように感じますが…(笑)

せっかく行くのでいろいろなカレーを食べようと、カレーの食べ歩きの開始です。

一軒目

d

有名な京都の牛肉を使ったカツカレー

ルーはキーマカレーのようなひき肉入りで、ほんのりココナッツの香りのする甘めのものでした。

ほぼ無水で作られているみたいで、それでコクが出るのだと店員さんが嬉しそうにおっしゃっていました。

その通りでとてもおいしいカレーでしたが、カツのお肉がおいしすぎて…(笑)

さすがベースがステーキ屋さん(^_-)-☆

おいしすぎて、ちょっと趣旨がずれかけたお店でした。

二軒目

s

伝説の銀座の味を再現した有名店とのこと。

…銀座の味……?京都…?

まぁおいしそうなんで、後輩のチョイスにはあんまり深く触れずに行きます(‘◇’)ゞ

右がビーフカレーで、左がバターチキンカレー。

右が激辛!ということで唐辛子が三本入っていました。

ルー自体スープカレーのようなさらっとしたもの。ご飯によく浸み込んでいきます(^^♪

辛さも程よいもので、見た目よりはマイルド。

味も日本のカレーというよりはエスニック風です。

なかなか味わえないカレーで、食べれば食べるほどスパイスや香りが癖になります

このあたりの感覚もエスニックっぽいなぁと思うのは僕だけですかね?

三軒目

a

ラストのお店。

カレーにゅう麺と右下にチラッと見えているのが「〆のカレー」。

ビールバーのような佇まいで、ビールを飲みながらいただきました(#^.^#)

コクがありながらも、親しみやすい味で最後にはピッタリなメニューでした。

この時には8時ぐらいで、夜風も気持ちよく店内を走り、

カレーとビールで火照った体には最高の風情でした。

 

もっと食べるつもりだったんだけどな~( ;∀;)

やっぱり胃袋事情も学生の時とは違いますね(笑)

京都とカレーはアンマッチな気がしていましたが、

京都の街並みの中で食べるカレーはなんだか上品な味がして、

どのお店もとてもおいしかったです。

また時間があれば、違う食べ物を食べ歩いてみたいものです。






DDまっぷ ドクターブログ 一覧