権力の所在

こんにちは、白山です。

東京都議選、終わりましたね!

テレビでもライブで各局放送していたので、どうなるか経過を見ていた方も多いのではないでしょうか。

結果は自民党の歴史的大敗。

ここ最近、自民党のスキャンダルやそれの対応の悪さなど、自民党全体のマイナスイメージが情報番組などから流れていましたもんね。

ただここまで都民ファーストの会に票が流れるとは思いませんでした。

地方選挙とはいえ首都決戦での大敗といえるので安倍政権自体への影響は小さくないでしょうね。

アベノミクスとかどうなるんでしょ?

確か、2007年の参院議員選挙で自民党が大敗していたときも安倍政権でしたかね。

今回、いろいろなスキャンダルが立て込んだことも大きく影響があるとは思いますが、安倍政権自体のやり方は歴史的大敗というものを生みやすいとおもうんです。

1日の応援演説にて、安倍首相が野次を飛ばす人たちに対して「こんな人たちには負けない」とマイクを通して発言したことはご存知でしょうか?

聞く側にもマナーはありますし、野次はよくないです。

近ごろの不祥事で応援にも熱が入っていたのでしょう。

ただ票を集める相手を「こんな人たち」と言ってしまうあたりが自民党を象徴しているのかな、なんて思います。

組織のトップ、リーダーというのは大まかに二種類あります。引っ張るタイプと背中を押すタイプ。

引っ張るタイプはそこにカリスマと実行力と確かな結果が必要ですが、安倍首相(今の自民党)はこっちに属すと思います。

近ごろ、「安倍一強」といわれているのもうなづけます。

このタイプは織田信長、坂本竜馬、ナポレオン、カエサルなどが挙げられると思いますが、

一度不祥事や、部下や民衆から不信を持たれると、身内から手痛い痛手を被ることが多い気がします。

調子のいい時はとてもうまくいくのですが…

どちらのほうが良いリーダというわけではないですが、このタイプが失脚するときはなかなか大きく反感を買っている気がします。

安倍首相もここからが腕の見せ所ですね!

少ない自民党の席で存在感を見せるのか、都民ファーストの会を支えていくのか…

首都から日本を盛り上げていってもらいたいものです。

最後に、小池都知事ですが都民ファーストの会の代表を譲るとか…

権力を単独化させず、みんなで頑張っていく姿勢。

さすが秀逸です。

小池都知事は今、日本が求めているリーダー像をよくわかっている気がします。






DDまっぷ ドクターブログ 一覧