月別アーカイブ: 2017年5月

頂戴しました

ビルのエレベーターホールでぼけっとしていたら、

親しい患者さんから頂戴しました♫

20170524_192822

 

 

 

 

 

 

 

何でしょうか、ワクワクしますね↑

 

 

20170524_193004

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッキーのマグカップでした、最高♫

実はミッキーと三木は誕生日が同じなんですというネタを、いいおっさんなのに

事あるごとにしかもどや顔でしつこくこれまで披露してきてしまったことを後悔している。

でも、ミッキーいいですよね、かわいいです♫大事にします♫


ミーティング②

 

20170425_225350

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは『抗血小板薬』について。前回の抗凝固薬と同様に血栓予防のために血をサラサラにする点では共通だが、適応や作用機序の違いについて簡単に説明。

血をサラサラにするお薬を飲まれている患者さんはもれなくスタッフにお伝え下さいね。

写真はランニング中に撮影した北公園のいい感じの写真、この時間はカップルだらけのムーディーな場所。夜釣りをしている人も。最近購入したナイキの赤いスニーカーがお気に入りで、それを履いて走って痩せようとしているがなかなか成果がみえない。


Red Phoenix

20170510_205442

 

 

 

 

 

 

 

20170510_213206

 

 

 

 

 

 

こちらのスラッとした爽やかな女性、『富士通テンRed Phoenix』のバレーボール選手でスパイカーとしてご活躍中の中村選手。チームのポスターとパンフレットをいただきましたので治療後に許可をいただきまして写真をとらせていただきました。GW中もバレー漬けで、公式戦やバレー教室開催などお忙しくされていたそうです。

私は大のバレーファンで、一度富士通テンRedPhoenixの試合を観戦しにいかせていただいたことがあり、選手の皆さんの観客をも巻き込むほどのお祭り騒ぎのような明るさとパワフルさに圧倒されたことを思い出します♫竹口監督もナイスガイな方で采配をふるっておられました◎

他のメンバーも歯の治療に来られますが、皆さんハツラツとされて気持ちのいい方ばかりです。練習頑張りすぎて声枯れてる方もいらっしゃいますが 笑

ますます応援したくなる富士通テンRedPhoenixです。いつか『みきデンタルクリニック』の社名をユニフォームにいれていただけることを夢みて。。笑 めっちゃしつこいです。


CTは守護神

IMG_0456

 

 

 

 

 

独身男性にとってのセブンイレブンの存在がありがたいのと同じぐらい、歯科医師にとってのCT検査って診療上本当に欠かすことが出来ない。

CTって要するに3次元(立体的)のレントゲンであるため無意味な被爆は避けるべきなのは言うまでもないが、2次元のレントゲン画像では知る由も無い情報が満載なのである。

歯医者を長年かけて何件も渡り歩いたが『原因不明』と言われ続け、悩み続けた患者さんのCTを一発撮影するだけで原因が判明し、簡単に診断名をつけることができたうえ原因を即日解消し感激された方は今までに何名もいらっしゃる。これは三木の診断が素晴らしいのでは無く、CTさまさまなのである。三木がCTにお膳立てされただけの話。

私個人的には外科処置や神経の治療でのCT撮影の機会が多く、その恩恵にあずかっている。立体的に神経、血管などを把握したうえでの治療は迅速な処置につながるため間違いなく患者さんの負担軽減となる。

例えば、術中に多少の出血があったとしても事前に血管までの距離をmm単位で正確に計測しているため、これは間違いなく大きな血管の損傷による出血では無いという確信があり処置を進める事ができ、しいては術者である歯科医師の精神衛生的にも貢献していると言える。

まさに、CTにおんぶに抱っこなわけで、守護神なのである。


歯が抜けたら

1413363519758

 

 

 

 

奥歯を一本失っており、そこに歯を入れたいとします。

『差し歯ってできますか?』と質問されることがありますが、この場合は差し歯はできません。差し歯は自分の歯が残っていないと出来ないのです。

そこで、どんな治療が考えられるかというとブリッジ治療が挙げられます。イメージこんな感じです。

1413363546248

 

 

 

 

ブリッジ治療は治療期間は短い反面、両隣の歯を削る必要があり、削られた歯の負担が増加します。歯ブラシなどのプラークコントロールが難しくなるため虫歯や歯周病のリスクが高まります。健康な歯を削るのは決していい気はしませんし出来ればおすすめしたくありませんが、ブリッジ治療のための必要悪となります。昔ながらの治療って印象ですが、現在も行われています。

次にインプラント治療が挙げられます。イメージはこんな感じです。

1413363570319

 

 

 

 

天然歯に近い見栄えで、健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。ただしインプラントの埋め込みのための軽い手術が必要 になり、治療期間は4ヶ月程度〜になるためブリッジより長くかかりがちです。

あとの治療を挙げるとしたら、入れ歯を作る、もしくは不要な親知らずを移植する、などが挙げられますが、どの治療も向き不向きがあり、適材適所ですので、ご相談いただけましたら詳しく説明します。