視能訓練士の卵たち〜

皆さん、こんにちは!

神戸市東灘区で、『多焦点眼内レンズの白内障手術』 に力を入れている松原眼科クリニックの 事務長の松原です。

5月の連休明けから、神戸総合医療専門学校の視能訓練士科の実習生さんを受け入れています。

視能訓練士とは、視機能検査と視能矯正訓練を行い、目の健康を守る専門職で国家資格です。
当院にも4人の視能訓練士が勤務しています。                       その視能訓練士を目指す学生さんが、視能訓練士としての知識や技能、その役割を       松原眼科クリニックで学びます。                             先月から2人ずつ1ヶ月間、計3ヶ月実習に来てくれます。

第1回目のお2人、FさんとEさんが先週で実習を終え、今週月曜から中西さんと上田さんが
来てくれています。4人共一生懸命で初々しくて、こちらも身の引き締まる思いです。

視能訓練士を志した理由をいつも皆さんに聞くのですが、あまり知られていないこの職業を、  高校卒業する時点で志望し専門学校に入るのですからとても興味深いです。そのせいか??皆さん真面目で、人生に、それと働くということに意欲的な方ばかり、そして個性的な方が多いです。

前回のFさんはイラストがとても上手!!習ったこともなく自己流だそうでびっくりです。

最終日に院長の似顔絵を描いて贈ってくれました。

IMG_0026

 

 

 

 

 

 

似てますね・・・内面まで見透かされているような・・・
Fさん、どうもありがとう!!『さとしくん』にはいろんなところで活躍してもらいますね!

大きな病院に就職希望だったけれど、大きな病院に比べ、より患者さんと向き合える、診察に  掛かられた時から経過も見守り、手術を受けられる患者さんの不安に寄り添い、共に喜べる、  小さなクリニックにも就職を考えます!!とFさんが話してくれて、本当に嬉しく思いました。

1ヶ月毎日一緒に過ごすと、なんだか家族のようになって来て、実習が終わって会えなくなるのが悲しいですが、また新しい家族が増えます。

 中西さん、上田さん、1ヶ月間一緒に頑張りましょうね。

image

 

 

 

 

 

 

皆さまも実習生さんたちにお声を掛けてあげてくださいね。