我が家の春

みなさん、こんにちは!
神戸市東灘区で、『多焦点眼内レンズを使った日帰り白内障手術』に力を入れている松原眼科クリニックの看護師の Tです。

いよいよ明日から4月ですね。
新入生・新入社員の方々、御入学・御就職おめでとうございます。
入学や入社と言えば、私にとっては遠~い過去の記憶ではございますが、この季節になると初心を思い出すとともに、なぜか胸がワクワクします^ ^
そしてこの時期、私を悩ませるものもあります。
暖かくなるのは嬉しいのですが、気温の上昇とともに頭痛が起こります(/ _ ; )
特に、黄砂やPM2.5が多い日は要注意なのです。
それに、紫外線も強くなってきて、日焼けすると太陽湿疹が出ます。

そんな、好きなだけれど悩みも増える季節ですが、我が家の花壇にはこんな光景が…

image3
サクラ!と思いきや、少し花弁が小さい。
さくらんぼです。
毎年、サクラの開花時期に合わせて花が咲きます。
気温が上昇してくると一気に満開となり、さくらんぼの花でお花見が楽しめます。
そうしてほのぼのできるのも束の間、ひと雨で、一気に散ってしまいます( ;  ; )
その後、葉桜となり、5月終わり~6月始め頃に真っ赤な実をつけます。
その実で主人はジャム作りに励みます。
その模様は数ヶ月後のブログに掲載予定です。

お次は、

image6
ムスカリです。
全くと言っていいほど手をかけていないのに、毎年自然に咲き、枯れ、冬を越え、春になるとまた咲きます。
逞しいですね!

最後に、

image7
ユキヤナギです。
白い小さな花弁が可愛く、どことなく物悲しい印象を受けます。
このユキヤナギも手をほとんどかけていません。

このような花々が、毎年春の訪れを知らせてくれるとともに、私たちの目を楽しませてくれます。
みんなありがとう。
また来年も楽しみにしています。