憩いの場所

皆さん、こんにちは!

神戸市東灘区で『多焦点眼内レンズを使った日帰り白内障手術』に力を入れている、松原眼科クリニックの看護師 K です。

当院の手術室では、手術の際に患者様に見て頂く位置をお知らせする方法として、仰向けになってもらった時に見える、真上の天井に「イラスト」を貼っています。

「イラスト」は季節の風物詩を取り入れ毎月替えており、今月はあじさいに乗ったカタツムリさん。「カタツムリの所を見ていて下さいね」という感じでお声掛けします。

以前は普通に目のマークでしたが、スタッフ達のナイスアイデア♪でバージョンアップ!

殺風景な手術室の、ささやかな潤いスペースに♪♪

こうして日々様々なアイデアを形に、努力を厭わないスタッフに囲まれてお仕事しています (^o^)/

さて。

今回は、オープンしたてでちょっといい感じの本屋さんのお話を。

本と言えば移動時間や就寝前など、細切れの時間の中でいつも2冊くらいは並行読みしています。出掛けた先では必ずと言って良いほど、本屋さんに立ち寄ります。もちろん本に限らず、雑誌や漫画も読みます♪。 目当てを決めて買いに行くこともありますが、まあ大半はあてどなくグルッと一回りしてサクッと帰ります。

本は出会いもの。ふと手にした本も、帯を見て「面白そう・読みたい!」と大体は直感で決まるので、中身をゆっくり吟味してから買う,,,という習慣は今までなかったのですが,,,

梅田のルクア1100(イーレ)9階の蔦屋書店。

写真1

 

 

 

 

FullSizeRender-3

 

 

 

 

ここは少し照明を落とした広い空間の至る所に、様々な形のソファーやテーブル、椅子が500席!もあるらしいです。

FullSizeRender-2

 

 

 

 

FullSizeRender

 

 

 

 

店内にスタバやカフェもあり、お一人様はもちろん、お茶しながらおしゃべりのグループやビジネスマンが手帳片手に打合せ?なんかしていたり。こだわりの文具コーナーやPCステーションも充実。沢山のお客さんがお茶やお菓子を片手に、思い思いの場所で寛いでいらっしゃいます。

こんなにゆっくり出来たら、みんな本を買わずに座り読みして帰っちゃうのでは? なんて余計な心配をしちゃいますが〜(^_^;) あに図らんや!売れ行き好調だそうですよ。

今回で2度目の来訪ですが、いつも通りにグルッと回って満足して帰っただけですので、次に一人で立ち寄った時は、飲み物片手にの〜んびり座って、普段手に取らないジャンルの本や雑誌を眺めてみたいと思います。(^_^)v  汚さないかちょっとドキドキです ☆  K