葵祭

みなさん、こんにちは!

神戸市東灘区で『多焦点眼内レンズを使った日帰り白内障手術』に力を入れている松原眼科クリニックの看護師 O・Eです。

梅雨入りし、すっきりしない天気が続くかと思えば、陽射しの眩しい晴れ間があったりと。

この時期も熱中症に気をつけなくてはならないですね。
気温はさほど高くなくても、湿度が高いと気づかないうちに汗を沢山かきます。
しかし、その汗が湿度が高いと蒸発しにくいため、身体に熱がこもって熱中症になりやすくなってしまいます(>_<)
この時期は気温が低いからと油断せず、こまめに水分塩分補給を心がけたいですね。

さて、先月の話になりますが、京都三大祭りの一つ、葵祭に行ってきました(^O^)
京都の三大祭りにずっと行ってみたく、今年の葵祭は日曜日ということもあり混雑が予想されましたが、おもいきって行ってきました!

葵祭はいろいろと見所があるようなのですが、子連れなこともあり、行列(路頭の儀)だけでも見れればと、いざ京都へ。

なにせ初めての葵祭だけあって、どこのポイントで見るのがいいのか、どの程度の混み具合なのかわからないためいろいろと不安でした。
が、選んだポイントが行列が通る道の幅が狭かったうえに、ギャラリーもそんなに混んでいなかったのですごく近くで見れました〜*\(^o^)/*

色とりどりの平安王朝の衣装と、何に使うかわからない物ばかりでしたが様々な道具類。現代にとっては目新しい姿で見ごたえがありました(*゚▽゚*)

image

牛車は、牛にも圧倒されましたが、大きなタイヤがギシギシと大きい音を響かせて進んで行く様子も迫力がありました。

imageimage
一番見たかった斎王代。
写メではいまいち伝わらないですが雅でした〜(*^^*)

image
主役の斎王代を間近に見れて満足満足♪と思っていたら、後になり斎王代はヒロイン的存在で主役は別にいることが発覚Σ(゚д゚lll)

主役は勅使代という方だそうで…完全に見逃していました…。

来年は主役をしっかりと拝見し、今度は出発地点である京都御所内で見学してみたいですね〜(^-^)

これから祇園祭り・時代祭りもあり、京都はまだまだ賑わいをみせますね。
どちらのお祭りもまだ行ったことがないので、今年は京都三大祭り全てを楽しめたらな〜と思っております(^ω^)