アイスランド旅行 〜地球を感じて〜

みなさん、こんにちは!
神戸市東灘区で『多焦点眼内レンズを使った日帰り白内障手術』に力を入れている松原眼科クリニックの看護師の Tです。

日差しはすっかり春ですね。 我が家のさくらんぼも淡いピンク色に色づき始めました。
日中は暖かくても朝晩はまだまだ冷込みますので、体調管理もしっかりとしたいものですね。
この時期、花粉・黄砂・紫外線と、体だけではなく、眼にとっても不調をもたらす原因がいっぱい。
適切な対策をとり、眼を守ってあげてくださいね。
今回は前回に引き続き、アイスランド旅行のお話をしたいと思います。
〜 4日目 〜
あの綺麗なオーロラを観た翌日、2017年1月1日、新年を迎えました。
アイスランドの初日の出は…
1
朝の11時です。
アイスランドの12月・1月の日照時間は約6時間。
夜が長いので、時間感覚が少し狂います。
この日はヨーロッパ最大級と言われているヴァトナヨークトル氷河へ行き、氷河にできたブルーアイスケイブという洞窟に潜入。
氷河へは足台がないと乗り込めない大きなスーパージープで向かいます。
アイゼンとヘルメットを装着し、いざ潜入。
IMG_3288
数千年前に降り積もった雪でできた氷。
3
2
IMG_3266
蒼く透明に観えるのは純度が高い証拠です。
氷河が解けてできたヨークルスアゥルロゥン氷河湖。
すぐそこまで氷舌が迫ってきています。
5
この湖はすぐ近くの海へと繋がっており、海岸に氷片が流れ着き、日が差すと氷片が輝きを発することからダイヤモンドビーチと呼ばれています。
 7
9
場所を変え、こんな氷舌も観られました。
12
この日の夜は、久々にゆっくりとお食事で出来ました。
オマールエビのビスクにチョップドサラダ。
ラムのソテー。
IMG_3289
お腹いっぱい。
〜 5日目 〜
ゴールデンサークルツアーに参加。
まずは壮大な滝、グトルフォス。
幅70m、落差32m。近くで観ると轟音との相乗効果もあり、スケールの大きさに圧巻。
 18
5〜10分おきに噴き上がるストロックル間欠泉(ゲイシール)。
タイミングよく、観ることができました。
19
シンクヴェトリル国立公園。
写真真ん中にあるエクサールアゥ川を挟んで、手前が北アメリカプレート、奥がユーラシアプレート。
IMG_3290
この2つのプレートの引っ張りあいによってできた地球の割れ目ギャウ。
23
割れ目の底は遊歩道になっており、歩いて観ることができます。
主人が『毎日、ハードやなぁ。』と言うくらい、私の観たい所を目一杯詰込んだタイトスケジュールな旅行でしたが、生きている地球を感じ、大自然を満喫することができました
〜6日目〜
名残惜しみながらの帰国。
往路と同じく、ヘルシンキ経由だったので、まずはヘルシンキへ。
成田行きのフライトチェックをすると、キャンセル…
原因はクルーのストライキ
1日延泊することになりました。
帰国翌日からのお仕事となるので少々心配でしたが、もう1日海外で過ごせるので正直嬉しさも。
思わぬハプニングで2人とも疲れ、どこへ出かけることもなく、旅行中、一番ゆっくり過ごすこととなりました。
私は初めての海岸旅行、英語もほとんどと言っていいほど話せませんが、肌で感じ、感覚で旅行し、と〜っても楽しかったです。
次回は、もう少し話せるようになり、もっと楽しい旅行にできればいいなぁと思います。





DDまっぷ ドクターブログ 一覧