カテゴリー別アーカイブ: 目のお話

今年に入ってからの手術数をまとめました。

今年に入ってからの手術数をまとめました。

総数  327
白内障 220
うち多焦点眼内レンズ 56

黄斑前膜など 13

黄斑変性症への注射治療 38

多焦点眼内レンズは
4月が20
5月は17と非常に多くなっています


花粉症の季節

最近、またもやPM2.5の飛来が大きくニュースとなって取り上げられています。
季節柄、花粉もよく飛ぶ時期なので、大陸から来る 黄砂も含めて、トリプルパンチになるとの報道もされ ています。

「PM2.5」「花粉」「黄砂」それぞれ単体でもやっかいな 問題ですが、それぞれがあわさるとさらに人体への 影響を強くすることがわかっています。

相互に悪影響を及ぼすことは『アジュバント効果』と 呼ばれ、花粉症の症状が通常時の約2倍になる、と する専門家もいらっしゃいます。

飛散してくること自体は避けられませんので、積極的にメガネやマスクをしたり、家に入る前に服を掃うなどをして家に持ち込まないようにすることも重要です。

ようやく春の兆しが見えてきた時期なので、 微粒子のトリプルパンチで体調を 崩さないようにしたいものですね。


新しい多焦点眼内レンズ

当院では、以前より世界で最も実績があり非常に信頼性が高いアルコン社の多焦点眼内レンズを採用しております
遠近両方とも眼鏡がなくてもみえるため、生活の質が向上し非常に喜ばれます
ただ残念なことに、これまでは乱視の強い方には、この素晴らしい多焦点眼内レンズはおすすめしておりませんでした。
乱視の影響でどうしてもメガネをかけないとはっきり見えないからです。

このたびアルコンからトーリック多焦点眼内レンズというのが発売されることになりました。

このレンズは現在、日本で唯一治験を実施し国内で承認された白内障治療用眼内レンズであり

乱視矯正と老眼治療が同時に可能なレンズです

このレンズを用いて、今まで以上に室の高い生活を提供できればと考えています


本日が本年最後の診察日でした

本年も無事、診察が終了しました。
本年は、来院の方が、延べ20000人をこえ、
また初診の方も3000人を上回りました。

白内障手術は537件、うち多焦点眼内レンズの手術が98件と非常に増えました。
多焦点眼内レンズは遠近両用なので、手術された方の満足度も非常に高いです。

硝子体手術は38件でした。
硝子体手術とは、黄斑前膜、硝子体出血や糖尿病網膜症などの手術です。
本年は増殖糖尿病網膜症や黄斑円孔などのかなり難しい手術にも取り組み、すばらしい結果がでています。

最近テレビでよく出てくる加齢黄斑変性症の治療は今は眼球内に特殊な薬を注入する治療が主流ですが、当院では本年90件の治療を行いました。

沢山の方の手術をさせえていただきましたが、
なにより、手術後のみなさんの笑顔が素晴らしく、いつも心が喜びで満たされます。

患者さんから先生に会えて良かった。
もっと早くここにくればよかった。
と、よくいっていただきます。

来年も沢山の方から、この言葉をかけていただけるように、精進いたします

来年は4日土曜日から診察いたします。

みなさま、良いお年をお迎えください。


湿度計

寒さが増して、空気が乾燥してきましたね。

お肌がカサカサになる季節は目にも辛い季節です。

暖房を入れたら加湿器を使って下さい

今日みつけたiPhoneのアプリです。
現在地の湿度を表示してくれます。

湿度計

乾いているときは外出時にサングラスなどを使って、目に風が当たらないように注意して下さい


多焦点眼内レンズ

当院では、平成23年1月より多焦点眼内レンズを導入しました。

先週の時点で150例の実績となりました。

 

多焦点眼内レンズとは遠近両用眼内レンズのことです。

通常は遠視にあわせると手元は見えにくいですが、

多焦点眼内レンズを使用すると遠くも近くも生活で困らない程度に見えます。メガネの使用頻度も劇的に減ります。

 

その期間の白内障手術全体の数は1023なので約15%の方がこの素晴らしいレンズを選択しておられます。

一般的には3−5%(関係者談)といわれていますが、当院は他の委員と比べて明らかに比率が高いです。

 

当院の患者さんが、他の医院では得られない、よりよいものを求めておられる証拠だと思います

みなさんの期待と希望にそえるようにもっと腕を磨かないとと、決意を新たにしました

 

 

当院は先進医療実施施設ですので、先進医療特約を付帯した保険をお持ちの方は、このレンズを使用されるのがいいのではと思います。

 

以下お知らせからの転記です

 

2013/3/14
【手術、手術予約について】
手術は院長の松原が責任をもって執刀いたします。
手術予約は、現在約2ヶ月、お待ちいただいております。
お急ぎの方、予定のある方はお早めにご相談ください。
※当院では白内障手術は日帰り、点眼麻酔で行い、手術時間も約5分で終了します。日帰り手術が不安な方は提携病院での入院も可能です。
※最新の「多焦点眼内レンズ」を用いた白内障手術も行っています。
※費用はスタッフにご確認ください。

 


辻井伸行さん

縁あって、大阪フェスティバルホールでの指揮佐渡裕さん、ピアノ辻井伸行さんのコンサートに行って来ました。

BBC

目を治す仕事をしていますので、目が見えないことがどんなに大変かをよく理解しているつもりですが、

そのことを全く感じさせない演奏に驚きを隠せませんでした。

なんという演奏。ミスタッチひとつもない。

 

久しぶりに感動して、涙が止まりませんでした。

 

人間の能力は無限で素晴らしいと実感したコンサート

私ももっともっと努力しないととあらためて思いました。


近視と遠視

この下の写真

だれにみえますか?

549145_401478046572875_1759002883_n.jpg

 

 

 

 

 

マリリン・モンローかアインシュタインか

のどちらかだと思います

どちらでもないとおもわれる方は、もう一度よくみて、どちらかを選んでください。

 

 

 

アインシュタインが見えた人は遠視

マリリン・モンローが見えた人は近視

だそうです

 

私は

昼バージョンはアインシュタイン

夜バージョンはマリリン・モンローです

 

 

みなさんはどちらでしたか?

ちなみに
近眼の方も老眼になりますよ

 


加齢黄斑変性症の勉強会

先週土曜日17日に、加齢黄斑変性症の勉強会を開催いたしました。

講師には滋賀県の尾崎眼科の尾崎先生をお招きしました。

神戸市内や明石、西宮の開業医の先生方に集まっていただき、活発な議論をいたしました。

この会で学んだことが、加齢黄斑変性症でお悩みの方の治療に役に立つように、日々精進していこうと、決意を新たにしました。

加齢黄斑変性症はいまや、不治の病ではありません。

新薬も新たに発売されます。

適切な時期に適切な治療を行い、継続していれば現在の視力を維持することは十分に可能です。

歪みを自覚すれば、なるべく早く眼科を受診してください。

 


ドライアイとムチン

ドライアイは言葉のとおり目が乾くことです。

目が乾くと目がコロコロしますが、

他にも

視力低下、充血、めやに、眼の奥が痛い、頭痛、などいろいろな体の部位に影響をあたえます

 

ためしてガッテンで紹介されてから、ご希望される方が多くなったムチン関係点眼ですが、

ムチンってなに??

 

ムチンとは、眼の表面の角膜と涙を結びつける働きをします。

ムチンが少ないと角膜が涙をはじいてしまいます。

すると角膜はしっとりせず、ぱりぱりになってしまいます。

これがドライアイの不快感の原因です

 

ジクアス ムコスタという

ムチンそ産生させる点眼の組み合わせで、

 

劇的にドライアイ症状が改善する方が多数おられます。

ドライアイでお悩みの方はご相談ください