塩鯛・師の襲名 10月最後の日曜日

大阪では繁昌亭という定席小屋もでき、上方落語も隆盛を極めるようになりました。毎日いつでも落語を楽しめる環境になったことは、少し前の大阪では考えられないことでした。つまり素晴らしい落語の文化環境となったわけです。さらに最近は落語家さんの襲名が相次ぎ、新しい風がおきています。今回は桂都丸あらため桂塩鯛・師の襲名楽業に顔を出してきました。会場は西宮の芸術ホールでした。通常の興業とは違い、やはり襲名興業には暖かさ、また華やかさが感じられます。今後の噺家さんたちの益々の精進を祈るものであります。

ブログ07_01.jpg ブログ07_02.jpg