六甲~神戸の景色

ブログ09_01.jpg ブログ09_02.jpg ブログ09_03.jpg

今年も私たちの目を楽しませてくれた紅葉。紅葉を見に六甲山に足を運ばれた方も多いのではないでしょうか。赤や黄色と日毎に変わっていく山々の色の変化は、一年で最も季節の移ろいを楽しめる景色のように感じられました。

そんな紅葉の時期も過ぎ、六甲の山々も少し寂しく寒々しい眺めに変わってきました。寒さがこれから厳しくなってくるのを予感させるかのように、冷たい六甲 颪も吹き始めています。山からの冷たい風に背を向けると、眼下に広がる神戸の町が目に映ります。冬の冷たい澄み切った空気は、景色を一層綺麗にみせ、先日 まで六甲の山々の紅葉の美しさに見惚れていた視線は、一気に眼下に広がる神戸の町へと移ってしまいました。

 そしてこれからの季節、特に綺麗なのは夜景です。12月~年始にかけての何日かは、阪神高速湾岸線に架かる7つの橋がライトアップされ、いつもとは違っ た夜景が見られる日があるのもこの時期の楽しみの一つです。冬の寒さと冷たい風の中で輝く夜景の明かりはとてもあたたかく感じられ、寒くてもしばらく眺め ていたくなるほどです。
これから寒さも厳しくなりますが、六甲中腹から見る冬の景色はきらきらと益々美しさをまし、私たちの目と心を楽しませてくれることでしょう。