水の流れに思う 11月の水辺で

ブログ18_01.jpg

水は人間にとっては本当に必要不可欠なものであります。子どもさんが病気になると脱水、つま り体の水が足らなくなり易くなってしまいます。そのため輸液を必要とすることもよくあります。人間は水に全面的に依存して生命を保っているといえます。し かし水は時として自然の威力をいやというほど人間に見せつけます。タイのバンコクでの大水害、また紀伊半島での大雨・砕石流など、現在私達は水のパワーを 心底から思い知らされています。普段、水は私たちの周りで穏やかに存在しています。
今日は診療所の近くの川にいる水鳥を見ましたが、本当にのどかな風景でした。私達は今一度、水の有り難さに思いを寄せるべきでしょう。