成人の日、外出して勉強もしました。平成24年1月9日

 成人の日に町の中に車で出かけました。今日は10日戎の日でもあります。出かけた目的は遅めの初詣、気分を変えて喫茶店で勉強をすること、それと買い物です。少し足を延ばして大阪、西宮方面に赴きました。車で外出した時は「いかに安い駐車場にとめるか」がひとつのポイントです。探しながら車を走らせていると少し不思議な体験をしました。まず、30分600円という高額な駐車場を発見しました。これは周辺駐車場の相場の2倍です。にもかかわらず満杯ということに驚きました。これは今日、「特別に駐禁取り締まりが厳しいため」とのことで納得しました。諦めて空いている駐車場を探すことにしました。ゆっくりと運転し探していると道端のガードマンが「こちらに入れ」と誘導してくれるではありませんか!指示に従うとその先は某デパートの臨時駐車場でした。聞けば「無料!」とのことです。もちろん駐車場券の発行もなく、21時閉鎖という立て看板をガードマンが指さして「21時までにはお帰り下さい」というばかりでした。他の車は大勢並んで駐車場待ちをしているのに、何だか都会のミステリーでした。

 初詣の後、気分をガラリと変えて喫茶店に入り勉強をしました。医学教育用DVDをポータブル器で再生し、耳にイヤーフォンを装着して視聴しました。このDVDコンテンツは主に若い研修医向けですが、第一医師にも結構参考になります。前から気になっていたACLSの改訂版について学びました。その要点は次の通りです。

  1. 順序はA B CではなくC A Bである( A:Airway B:Breathing C:Circulation)
  2. Cはcirculationではなくcompression(胸骨圧迫)である。
  3. 圧迫は胸骨の中心で圧迫の深さは5cm
  4. Compressionは120/分(前は100/分)
  5. CだけでA、Bをしなくても予後は同じであるともいわれており、一般の人はCだけでも良い

 医学は日進月歩のため心肺蘇生法もこのように少しずつ改変されていきます。正直、時には取り残されそうな気分にもなります。日ごろ、少しでも時間があれば勉強することが必要です。

今日は気分転換を兼ねいつもと違う環境で勉強し能率が上がったようです。良い休日となりました。

 

ブログ20_01.jpg

相場の二倍料金示す看板

 

ブログ20_02.jpg

閉鎖時間だけが明示されている無料駐車場の立看板