3月25日 電気記念日

3月25日が電気記念日であるということを御存知の方はあまり多くおられないと思います。

歴史を紐解きますと日本ではじめて公の場で電灯(この時はアーク灯)が輝いたのは明治11年3月25日でありました。場所は東京の虎の門にあった工部大学校の講堂でした。これを記念とし昭和2年に日本電気協会が3月25日を電気記念日と定めたのです。

その後、電気は急速に普及しました。明治12年にはエジソンが自然電球を発明し日本にも輸入されました。全国に電気関係の会社も創設され、例えばそのひとつに明治16年に創設された東京電燈があります。これは現在の東京電力であり今日まで続いております。それにしても今回の東京電力の福島原発における事故は痛恨の極みです。この事故を将来への教訓として生かし進んでいかねばならないと思います。放射線障害の件は医学的に大きな問題となって横たわることになりました。

電気記念日に将来への新たな覚悟を胸に刻みました。

ブログ120322_01.jpg

電気記念日のポスター
社団法人日本電気協会のホームページより