端午の節句 五月のゴールデンウィークを前に

5月5日は端午の節句として男の子の健やかなる成長を祝う子供の日であります。この風習の由来は紀元前の中国に遡るとされています。古代中国では菖蒲の花を門につるし邪気を払うとの風習があったとのことです。日本でも奈良時代には菖蒲の飾りをつけて天皇に謁見したという記録があります。現代でもその名残があり、私達は五月に菖蒲湯に入ります。鎌倉時代になり菖蒲と尚武の語呂が同じであること、また菖蒲の葉が刀剣と似ているので次第に男の子の成長と健康を祈る日となってきました。

江戸時代になると武者人形を飾り、鯉のぼりを立てるようになり、ほぼ現代と同じ祝い方が成立しました。また私達は柏餅を食べますが、これは「柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないこと」という縁起担ぎからです。つまり「家系を絶やさない」という意味であります。端午の節句はゴールデンウィークの真中にあるため、大変に盛り上がります。男の子、女の子にかかわらず子供の日として皆で子供たちの健やかなる成長を祝う日としたいものです。

ブログ120427_01.jpg
菖蒲の花。葉が刀剣と似ています。

ブログ120427_02.jpg
ホテルで見かけた武者人形です。