五月病 5月16日

時は正に「目に青葉、山ホトトギス初鰹」の季節です。

さわやかな薫風ですが何となく気分的に元気が無い人が、この季節には多い様相です。そうです、いわゆる五月病です。五月病になっている人が周りにいるかもしれません。

五月病、誰もが良く知っている病気です。しかし明確な医学的定義はありません。また外国ではみられない病気のようです。この原因としては日本では4月が新しい年のスタートであること、また希望を持って新生活に臨んでも環境に適応できないためうつ病に似た症状が出てくるためといわれています。たしかに新人には不慣れなことが多く、戸惑うものですねぇ。以前は大学生に多いとされていました。最近では高校生や新社会人にも多いとされています。

五月病の病状としてゆううつ、無気力、不安感などがあり、医学的にはいわゆる「適応障害」ないし「気分障害」に近いものとされています。新生活での変化に一生懸命対応している時は良いのです。しかしそのあとにくる疲労蓄積のためなどから起こってきてしまうのです。どちらかといえば真面目な几帳面な人に多いといわれています。

もし自分で少し疲れを感じ、ゆううつなどの気分不調が出てきたならば休みましょう。上手に気分転換をしましょう。親しい友人、両親などと楽しくコミュニケーションをとりましょう。それでも良くならないときは早めに医師に相談しましょう。

ブログ120516_01.jpg
ポートタワーの夜景は素晴らしいものです。子どもの日に撮影しました。
疲れたならば良い景色を見て五月病を吹き飛ばしましょう。