高血圧の日 5月17日

高血圧の日が設けられていることを御存知ですか?私は知りませんでした。今日(5月17日)、患者さんから教えてもらい初めて知りました。国際高血圧学会の一部門である世界高血圧リーグが2005年の5月17日を「世界高血圧デー」として創設したのが始まりです。日本でも日本高血圧学会と日本高血圧協会が2007年の学会において5月17日を高血圧の日としました。現在、高血圧に対する啓発活動をおこなわれています。生活習慣の改善と日頃の血圧測定が大切というわけです。高血圧ガイドラインによって次のような血圧目標値が決められています。
 

ブログ120518_02.jpg
日本高血圧学会のホームページから

しかし現実にはWHO(世界保健機構)の世界保健統計2012年版によると「世界における25歳以上の大人のうち高血圧とされる人は男性が29,2%、女性が24,8%」でありました。このように高血圧の人が大勢いることが報告されています。つまり実に4人に1人が高血圧なのです。ただ日本人では高血圧の人は男性26.4%、女性16.7%とやや少ない傾向にあります。とはいえ注意することが必要であります。WHOでは食事、適度な運動そして禁煙をすることが必要としています。

皆様、5月17日「高血圧の日」を頭の片隅において健康な生活を送りましょう。
 

ブログ120518_01.jpg
日本高血圧学会のホームページから