9月になって 9月7日

9月に入り早や10日近い日が経ちました。しかし結構な残暑が続いております。病院の前に立って空を見てみると見事な入道雲が見られました。9月というより夏本番さながらの雲でした。やっと仕事が終わり夜になったので涼を求めて三宮のビルに避難(?)しました。とても気分の良い宵となりました。

さて9月1日からポリオ不活化ワクチンの接種が日本でも始まりました。これまでわが国では口から飲む生ポリオワクチンしかなく、その副反応(ワクチン関連麻痺)を心配したお母さん方が不活化ワクチンを求めて駆け回ったことも過去の話となりました。ここで少しポリオワクチンの歴史を見てみましょう。1961年にポリオが大流行したため、日本では生ポリオワクチンの緊急投与が実施されました。その前年に不活化ワクチン接種が勧奨されてはいたのです。しかし1964年において生ポリオワクチンが定期接種として採用されました。それ以来40年以上にわたり生ワクチンが我国では実施されてきました。ところがフランスでは1982年に不活化ワクチンが承認され、これが世界86ヶ国で広く使用されていたのです。「日本の常識は世界の非常識」というのが実情でした。もちろん生ワクチンの効果のおかげで30年以上にわたり野生株のポリオ発症はありませんでした。それでも生ワクチンにごく少数の副作用があるならば、副作用がより少ない不活化ワクチンが望ましいことはいうまでもありません。ポリオを根絶するにはワクチン接種しかありません。是非、受けるようにしてください。

ブログ120911_01.jpg
夏を思わせる入道雲

ブログ120911_02.jpg
三宮のビル(朝日ホール)からみた大丸百貨店

ブログ120911_03.jpg
サノフィパスツール株式会社 パンフレットより引用