お盆 8月6日

猛暑が続いており、各地で熱中症患者さんが多発しています。皆様方には十分な水分摂取をすること、長時間暑いところに留まらないこと、また適切にエアコンを使用すること等々に注意して下さい。

ところで8月といえば、我々日本人はお盆です。難しいことはともかく、先祖を供養しようという日本の素晴らしい伝統的な行事だと思います。いつ頃からあるのでしょうか、また起源などは不明な様です。ただ江戸時代にはおおむね現在に近い風習になっていたと考えられています。

お盆は皆で集まり静かに先祖に祈りをささげるため、多くの医療機関も休診になります。そのため体調が不良となっても単なる夏バテと軽く考えて受診が遅れることがあります。そうならないためにも暑いときには十分な休養と栄養補給をとることが大切です。お盆中の肉体的労作は朝早く涼しいうちに済ませるようにしましょう。早起きしてお墓参りをすると大変気持ちよくいくことでしょう。

というわけで早朝から京都の知思院(写真1.2)まで御参りにいきました。高速道路の渋滞もなく、スムーズに諸事万端が進み、非常に有意義なひとときとなりました。またお参りの後の食事は格別に美味しいものでした(写真3)。

130806_01
写真1  知恩院の山門(国宝)

130806_02
写真2 木々の緑には涼風を感じます

130806_03
写真3 お参り後の食事
面白い歌が添えられていました