台風が過ぎて 9月26日

台風14号が和歌山に上陸し、そして北へと過ぎ去っていきました。これで今年日本にやってきた台風は5つとなりました。気象庁によりますと8月に4つの台風が日本に上陸したのは昭和37年以来とのことです。これは珍しい現象ということ [...]

季節は夏から秋へ 9月18日

 いくつかの台風が相次いで日本列島に来襲し、今年は何か例年とは違う9月の天候が続いています。特に短期間に台風が集中してやってきた東日本では甚大な被害が出ており、心が痛むところです。特に介護施設におられた御高齢の方々が水害 [...]

9月になって 9月7日

暑い夏が少しずつ後退し、9月になって今度は台風が立て続けに日本列島を襲っています。各地で大規模な被害が出ております。グループ・ホームの高齢者の方々が亡くなられ、大変気の毒に思う次第です。被災地の人々に思いをはせ、沈んだ気 [...]

残暑見舞い 8月24日

ようやく暑かった夏も8月下旬となり、少しは猛暑の威力が落ちるかと期待をしていました。ところが一向に残暑厳しい毎日です。オリンピックも終わり、日本人選手の活躍に厚く感動するひと夏となりました。メダルを獲得することは、もちろ [...]

暑い日々のオリンピック 8月17日

それにしても本当に暑い日が続いております。現在、診療所はお盆休みということでテレビによるオリンピック観戦を楽しみ、また読書をするなどして涼しい室内で静かに過ごしております。オリンピックに出場している日本人選手の活躍には、 [...]

8月 夏本番 8月12日

暑中と残暑、お見舞いも申し上げます。少し前に楽しい暑中見舞い(図1)を知人からいただきました。さわやかなので楽しんでください。 さて本当に猛暑の8月です。ほんの少し外に出ただけでも、すぐに体全体から汗がふき出してきます。 [...]

真夏の襲名興業と講演会巡り 7月28日

歌舞伎・落語の襲名興業ということであれば時間の許す限り観に行くことにしています。7月に入り大阪の松竹座で5代目・中村雀右衛門丈の襲名興業があり、出かけてきました(写真1)。雀右衛門さんといえば、長年(60年近くですが)歌 [...]

夏本番、トラブルの連鎖 7月13日

論文などの文章を書くにあたり、今ではほとんどコンピュータを利用しwordを用いています。その主な理由は自分の肉筆で書いても、なにしろ悪筆なため読んでもらえないからです(泣)。また文章の加筆訂正が簡単というのも大きな理由で [...]

須磨寺 7月7日

今回、急に思い立って須磨寺(図1)に行ってきました。その理由は国の指定重要文化財である木造十一面観音立像が特別に期間限定で公開されているからであります。いつもは本堂内陣に奥深く安置されており、目にすることが出来ない仏様で [...]

熱中症とアトピー性皮膚炎 7月4日

暑くなってきました。この暑さになってくると毎年のことですが熱中症のことが問題となってきます。政府広報オンラインによりますと熱中症の発症が急増し、救急搬送が多くなるのは7月に入ってからということです。熱中症による搬送患者数 [...]

夏が来て 6月27日

人の世には色々な出来事が常におこり、誰もが皆それぞれに物事に対処しています。そのような各自の生活とは全く無関係に時は流れゆきます。そして当たり前とはいえ7月が巡ってきました。今年も暦は本格的に暑い夏となりました。 先日ま [...]

夏近し 6月25日

ずいぶんと蒸し暑く、いよいよ真夏近しとなってきました。暑くなると昼間のウォーキング(歩行)は多量の発汗があるため、また脱水を避けるためにも断念せざるを得なくなります。ですから室内スポーツクラブでの涼しい環境で運動、そして [...]

梅雨のため自宅に籠る 6月20日

梅雨明けは、まだだいぶ先の様です。因みに関西地方の最も早かった梅雨明けは1978年の7月3日、反対に最も遅かったのは2009年の8月3日だったとのことです。それにしてもよく雨が降ります。庭先の紫陽花も雨に打たれて次第に大 [...]

久しぶりの外出 6月15日

先日来、長期にわたって自宅でしか出来ない仕事が多かったため、外出する時間があまり無い状況が続いていました。もっとも雨が続き(写真1)、外出が億劫ということもありましたが・・・。ようやく自宅中心の仕事が一段落し終了したので [...]

梅雨 6月9日 

入梅し、雨がよく降る日々が続くこととなりました。ある知人の方から今の季節を表す絵手紙をいただきました(写真1)。絵手紙にもある様に雨が降る6月の梅雨時を水無月(みなづき)といいます。しかし、雨が多いのに何故、水無月(水の [...]

梅雨で読書三昧 6月10日

新緑の5月が過ぎると梅雨の季節がやってきます。この時期は気候が穏やか(暑くも寒くもない)ということで体調を崩される方が少ないようです。そのため診療所を訪れる人も少なくなり、外来業務に少し余裕が出てきます。ですから普段はで [...]

お稽古ごと 5月30日

人には、それぞれ好きな趣味があるものです。趣味には物品の収集、旅行、読書、お稽古事……等々、それこそ星の数ほどもあり枚挙にいとまがありません。なかでもお稽古ごとと名のつく趣味は、自分が必死になって稽古しない限りほとんど上 [...]

五月病  5月24日

五月病、これは今ではもう誰にもよく知られた言葉です。1960年代に東京大学の大学関係者が使い始めた言葉とのことです。4月からの新生活に何とか慣れたものの、この時期になって少し気分が落ち込んでしまってくる状態といえるでしょ [...]

5月の薫風 5月9日

 季節の巡りは早いもので5月も半ば近くになってきました。木々の緑は陽の光を浴びて本当に美しく、目にしみ入るような勢いがあります。個人的には1年のうちで最も好きな時候です。5月の連休には各行楽地は大変に賑わった様子です。し [...]

五月の新緑 4月28日

 弥生がゆっくりと過ぎゆき、若葉の五月が近づいてきました。公園の桜の木々も美しく若々しい緑の光を放ってきました(写真1)。樹木の緑が美しく、吹く風もおだやかになってきました。間もなく五月です。川の上を鯉のぼりが爽やかな風 [...]

熊本の震災 4月20日

大きな震災が熊本を中心とした九州地方を襲い、テレビ等のメディアは一日中大体的に報道をしています。余震も長く続いており、人々の労苦はいかばかりかと心から心配しております。20年以上前に自分自身が体験した阪神淡路大震災を思い [...]

春の嵐 4月16日

「春の心はのどけからまし」と詠んだのは平安時代の歌人・在原業平です。この短歌の意味は「桜の花があるために人の心が穏やかでない」という意味です。たしかに桜の花が散ると何となく落ち着きません。3月から5月にかけては日本付近で [...]

年度替わり、そして春 4月8日

4月になり、新しい年度に替わりました。各学校では学年進級する人、入学する人がいます。また新しく社会人となる人、そして引退生活に入る人等々、様々な人がおられることでしょう。桜の花も満開となり、そして散りはじめました(写真1 [...]

健康スポーツ医学 3月27日

日増しに暖かくなり、桜の開花情報が報道される時候となりました。近くの公園の桜も開花を始めました(写真1)。長い間御世話になった冬のコートも、ようやく暇を出すことが出来そうです。冬の厳しさもそれなりに趣があるものですが、や [...]

春らしくなってきました 3月20日

日ごとに春らしくなってきました。それでも朝夕はまだ少し寒い日が続いています。春の長雨が降るかと思えば、春の強風も吹く、そんな日々です。町を行く人の姿もコートの人、セーターの人と様々な装いです。このように気候が不安定なので [...]

3月弥生 3月12日

ようやく3月弥生の時節を迎えました。しかし3月半ばとはいえ風はまだ少し寒く、家の中に閉じこもりがちとなっています。それでも少しずつ暖かい風が吹きはじめ、足が家の外に向くようになってきました。ただ春の風とともに花粉症も一緒 [...]

もう3月、春です 3月7日 

もう3月になりました。月日のたつのは本当に早いものです。さて3月に入りますと新聞記事などに「啓蟄の日」が書かれているのを目にします。啓蟄という言葉は普段の日常会話で使われることはまずなく、馴染みが少ない単語でしょう。そこ [...]

元町通りの春節祭 2月15日

 毎年2月に神戸の南京町では春節祭があります(写真1)。今年は2月8日と11日から14日まで開催されました。春節とは旧暦の正月にあたり、中国では新暦の正月よりも大きく祝う風習があるとのことです。神戸南京町の春節祭は30年 [...]

春近し 2月10日

節分が遠くに過ぎ去り、暦の上では次第に春が近づいてきました。近くの公園を歩くと桜の花の固いツボミが、以前よりも少しずつ大きくなっていることに気づきました。ただツボミの後ろにはあくまでも寒々しい風景(写真1)が広がり、また [...]

映画鑑賞と予防接種講演会 2月1日

映画と予防接種という全く相容れないテーマに週末を過ごすことになりました。寒い日、その中を外出し大勢の人が集まる閉鎖空間に身を置くことは健康にはあまり良くないかもしれません。しかし休日を一日中家に閉じこもっているのも体によ [...]

二月に入って 2月1日

今年の2月は4年に一度の閏(うるう)年です。28日ではなく、1日多く29日まであります。「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」といわれ、あっという間に月日は過ぎ去っていきます。時間は貴重で大切なものだという教えであり、 [...]

大寒波の中、加古川まで 1月29日

大寒波が日本列島に覆いかぶさりました。記録的な最低気温が各地で観測され、雪が降り積もりました。自然の猛威が与える交通機関への影響、また二次災害の発生などが懸念されるところです。この寒さの中、加古川市内で開催された兵庫県難 [...]

大阪まで出かける 1月27日

ずいぶんと強い寒さが来襲し、関東以北は大変な積雪となっています。車のスリップ事故も多発している様子です。雪の降っている地域の方は、十分にご注意下さい。考えみればつい少し前までは暖冬でした。そのためでしょうか、これまでイン [...]

一月も、早や下旬 1月23日

年が明け、「七草がゆ」を食べたかと思うと成人の日と続き、そして大寒(21日)も過ぎ去っていきました。正月は気が緩みつい食べてしまう上に、あまり体を動かさず運動不足となってしまうものです。とりわけ生活習慣病の人ではせっかく [...]

新春を迎えて 1月11日

今年の正月の三が日(一日から三日まで)は、暖かい穏やかな日々でした。昔、正月といえば大変寒い日々であった記憶があります。また町の正月風景が、様変わりしている印象を受けました。例えば昔に比べて正月に晴着を着る人が少ないこと [...]

年の瀬 12月25日

クリスマスを迎え、いよいよ今年も過ぎ去ろうとしています。公園の中を行くと見事なまでに黄色い銀杏の濡れ落ち葉が重なり、絨毯状になっていました(写真1)。その上を静かに靴で踏みしめて歩いてみました。まさに寒い冬が近づき、木枯 [...]

師走の町 12月15日

師走も早くも中旬にさしかかり、今年もあと少しとなってきました。何とはなし、せき立てられる様にして時間が過ぎ去っていく気がします。しかし、それ故にこそ「気持ちを立て直し日常の業務に励んでいく」、これが重要だと思い日々を過ご [...]

師走を迎えて 12月5日

早くもというか、1年の最後の月、師走となりました。ついこの間まで「いつまでも暑いなぁ」と口にしていたのが嘘みたいに時は瞬く間に過ぎ去っていきました。街の中を歩くと年末風物であるクリスマス商戦、大売出しなどの華やかで慌ただ [...]

山茶花梅雨 11月26日

このところ毎日のようによく雨が降っています。この時期の長雨のことを何というのか、ご存知でしょうか。それは山茶花(さざんか)梅雨と名付けられており、秋と冬の間の時期に降る長雨を意味しているのです。そう、この雨は山茶花梅雨な [...]

時のうつろい 11月20日

町を歩くとクリスマス商品、年賀状、来年のカレンダー等々が早々と店頭に並び、時のうつろいを感じさせる年末の風景が溢れはじめました。当然のこととはいえ、時の流れは確実に進んでいることを実感させられます。町の通りから公園の中に [...]

都会の中での紅葉 11月12日

秋が本格的に深まり、はや晩秋も近づいてきました。もっとも毎日、諸事万端多忙のため季節の変化を感じる余裕もあまりない状態ですが・・・・・。でも秋冷という言葉を思い起こす日々となり、ようやく仕事も一段落し日曜日を迎えました。 [...]

紅葉前の京都 11月3日

朝夕が冷え、秋が一段と深くなってきました。しかし昼間は気温が上がるため、一日の寒暖差が大きくなっています。そのためでしようか、体調を崩す人も多い様に感じられます。無理はせず、身体には留意しましょう。 さて、急に思い立って [...]

快適な秋 10月20日

毎日が快適な秋の日々となり、何をするにも最適な日々となりました。そのため興に乗ってつい夜更かし、また食べ過ぎ等をしかねません。これでは駄目です。生活を規則的にするように心がけてはいます。が、良いことはなかなか実行が困難な [...]

体育の日 10月12日

10月12日は体育の日です。各地の小中学校では運動会がさかんに行なわれました。運動会で精一杯頑張った子どもさん達が、ほどよく日焼けして元気に走っている姿をあちらこちらで見かけます。その元気さに触れるとこちらまで気分が楽し [...]

開業医、その日々の研鑚 10月5日

昔から日本では町医者のことを開業医と呼んでいました。最近では「かかりつけ医、家庭医、プライマリーケア医」等という呼称なども使われています。要は地域に定住し、身近で幅広い視点で患者さんを診る医者のことであります。また近年は [...]

シルバーウィーク 10月3日

9月20日から23日までの4連休をリフレッシュ休暇として過ごすことができました。この秋の大型連休を「シルバーウィーク」と呼称し、テレビ新聞などのメディアが大いに使用しています。シルバーウィークという言葉は最近創られた造語 [...]

高齢化社会 9月26日

自然災害が日本列島で立て続けに起こりました。鬼怒川の大雨による堤防決壊、阿蘇山の噴火そして地震の頻発等々、まことに心を憂う出来事が起こりました。とりわけ鬼怒川の水害にあわれた上総市をはじめとする被災者の方々に強い思いをは [...]

医者の不養生 9月12日

今年の夏は殊更暑く、9月の訪れとともに爽やかな秋が到来するものと期待していました。しかし自然の猛威は厳しく、台風による大雨が降り注ぎました。記録的な大雨は、鬼怒川の氾濫をもたらし大変な被害が出ました。被災者された人々の御 [...]

夏休みの宿題、仕事 8月21日

子どもの時、夏休みも終盤にさしかかると必死に宿題に取り組んだ、そんな思い出が誰にでもあることでしょう。お盆が終わり田舎から帰ってきた子どもさんが、新幹線ホームで「夏休みは楽しかった。これから宿題頑張ります!」というテレビ [...]

盛夏、お盆の過ごし方 8月16日

子どもたちは夏休み真最中です。海、山へと出かけ、日焼けした子どもさんの顔をみますと、その元気さに心が和みます。また涼を求めて出かけたレストランでランチョンマットに描かれた朝顔の絵を見て、夏の爽やかさを感じました(写真1) [...]

猛暑 熱中症にご注意を 8月3日

たいへん暑い夏の日が続いております。「猛暑たけなわ」といったところでしょうか。日中、エアコンの効いた室内から少しでも外出しますと暑さに体が溶けてしまいそうな気がします。こんな途轍(とてつ)もない日が連日のように続くと食欲 [...]

暑い、暑い、真夏 7月31日

夏の台風は関西地方をかすめ日本海に過ぎ去り、いよいよ本格的な猛暑突入となりました。避暑と節電対応を兼ねて、冷房の効いたデパートや図書館などの大型公共機関で毎年この時期は時間を過ごすようにしています。ところで今年は趣味とし [...]

講演会三昧 土曜日の巻 7月20日

台風が襲来して去り、そして暑さと日本列島は自然の猛威で大変です。その束の間、美しい六甲山の緑と川の流れは見事な情景でした(写真1)。景色に見惚れた後、テレビを視ると台風被害と熱中症のニュースが交互に飛び込んできました。そ [...]

暑い7月 7月13日

7月に入り雨と暑さ、そうして南から夏台風がやって来ております。目を空に向けますと夏の入道雲が暑さを強調しております(写真1)。さて、このような天候の中、7月第一週の週末から第二週にかけても多忙な日々でした。まず、4日土曜 [...]

学校医、そして東洋医学会総会 6月16日

学校保健安全法という法律があり、小、中、高等学校には学校医を置くことが義務づけられています。少し調べたのですが学校医のはじまりは古く、明治4年に東京と神戸の小学校に置かれたとのことです(母子保健情報第68号2014年から [...]

とある週末 6月8日

診療所の業務も金曜日になるとスタッフ一同、だいぶ疲れが蓄積してきます。そして金曜日が過ぎると(当たり前ですが)土曜日を迎えます。土曜日はお父さんが休日ということもあり、午前中の外来診療にお父さんの姿がよくみられます。お父 [...]

音と笑いのおもちゃ箱 6月7日

2年前に「音と笑いのおもちゃ箱」という会を開催させていただきました。今回も来たる7月4日(土)の午後2時から灘区民ホールで挙行致します。音楽と落語を楽しんでいただこうという趣向です(図1)。もしお時間があれば御来場下さい [...]

木曜日の昼下がり 5月29日

木曜日というのは、小規模な診療所で働く医療従事者にとって少し嬉しい日であります。というのは多くの診療所において午後から休診となるからです。木曜日の午後が休診という風習は、神戸市では広く浸透し定着しているようです。世間一般 [...]

灘のだんじり祭り 5月18日

灘のだんじり祭りが今年も5月11日に開催されました。このお祭りは阪神淡路大震災の復興を祈願し、平成8年に初めて開催されました。灘区の数台のだんじりが一同に集合し、巡行する姿には正直大変おどろいたものです。今年は数えて第1 [...]

5月の連休 5月15日

5月の連休となり、季節も清々しい新緑の頂となりました。六甲山の木々も本当に美しく生き生きとした姿をみせてくれています(写真1)。一年中で六甲の山並が最も美しい時のひとつです。メディアによると連休は各地に大勢の人が繰り出し [...]

襲名興業、そして予防接種の勉強 5月5日

またもや落語の襲名興行にいってきました。「襲名興行には欠かさずいく」と決めています。4月には桂花団治さんと林家菊丸さんの2つの襲名興行があり、何やら襲名ラッシュという状況でファンとしても少し大変でした。 まずは池田市民会 [...]

春から緑の季節に 4月30日

桜が散り去り葉桜と変わり、六甲山の木々が美しい緑に映えてきました。所用があって東灘を流れる住吉川のほとりを歩く機会がありました。その辺りは普段、自動車を使って移動するだけなので景色をゆっくりと見ている暇はありません。しか [...]

日本医学会総会 4月15日

四月中旬となりました。春弥生とはいいながらも今月の上旬は寒い日が続きました。そんな空気も冷たい甲子園球場にナイター観戦に出掛けました(写真1)。広い球場で夜気を吸いながら野球を観ていると、チームがプレイする力には流れがあ [...]

花見船 4月5日

機会があって大阪で花見船に乗り込み、川の中から満開の桜を楽しんできました。生まれて初めての素晴らしい体験となりました。御世話いただいた知人には感謝をするところです。道頓堀近くにある港町リバープレイスという船着き場から船に [...]

花冷え、そして桜満開 4月1日

三月の下旬は花冷えという言葉にふさわしい日々が続いていました。暦は巡り、四月となりました。テレビなどのメディアでは桜の開花便りが報じられています。とはいえ、まだ朝夕はよく冷え、エアコンの世話になっています。それでも昼休み [...]

花粉症に悩まされての講演会 3月23日

日ごとに春らしくなってきました。冬が過ぎ去り、森羅万象が生き生きとする季節がやってきたのです。心が浮き浮きとした気分になる暖かい日々でありますが、花粉症の方々にとってはクシャミ・鼻水・鼻閉に悩まされる季節でもあります。何 [...]

東洋医学会に参加 3月13日

三寒四温、つまり寒い日があるかと思えば暖かい日がやってくる、そうして春が段々と近づいてくる、そんな季節になりました。 この少しばかり不安定な陽気の下、久し振りに学会出張で東京に出掛けてきました。出発地の神戸は春めいていた [...]

高血圧の講演会 3月9日

暦の上では弥生となり、日増しに暖かい日となってきました。「春眠、暁を覚えず」とはよくいったもので、たしかに気持ち良く「ウトウト」としそうになります。ただ花粉症の人はこれからしばらくの間、くしゃみ・鼻汁・鼻閉(いわゆる三大 [...]

産業医研修会 3月5日

以前も少し紹介しましたが日本医師会による認定産業医という制度があります。この認定産業医というのは、事業場において労働者の健康管理等について専門的な立場から指導助言を行う医師のことです。労働社会衛生法により一定規模の事業所 [...]

2月23日 気分転換

まだ寒い日が続いており、時に寒風に小雨がぱらつく日もあります。ようやくインフルエンザの流行も勢いが衰えてきました。医療を提供する身としては逆にそろそろ疲れが貯まってくる時期であります。そこで思い切って遠方にドライブするこ [...]

冬の空 2月20日

散策しながらふと見上げれば、寒いどんよりとした冬の空が広がっていました。50年ほど神戸に住んでいますが、昔も今も神戸の冬空の印象は変わりません。六甲の山麓から打ち降ろすように流れてくる寒気を帯びた空気にも、さほどの変化は [...]

視点の変更 2月16日

日々の医療業務は小さな診療所であっても、それなりに繁忙を極めております。臨床に携わる医師は、仕事の勢いにともすれば押し流されるような毎日です。流されてしまうと単調な日々となり過労が積み重なり、不本意ながらマンネリ化して進 [...]

「初めての経験」づくし 2月13日

毎年のことながらこの時期はインフルエンザをはじめとする風邪患者さんが多く、そのため多忙を極めた毎日になります。したがって机に向かっての勉学時間をはじめ、ビデオ学習、講演会へ出向く時間が少なくなってしまいます。そんな間隙を [...]

冬の寒空 1月25日

ここ数日間は過激派組織イスラム国による日本人の拘束事件が大きく報道されています。最悪の事態さえもすでに起こっている状況です。御家族はいうまでもなく関係者、そして日本の国全体が心を痛めております。一個人としては一日も早い解 [...]

近大マグロ 1月14日

少しばかり所用があって大阪の街に出掛けました。すると駅のターミナルで成人式に出席する数多くの新成人に出会いました。将来を担う若い人の晴着姿は美しく、また華やいだ風情でありました。総務省の統計によれば、今年の新成人は126 [...]

新年を迎え 1月13日

明けましておめでとうございます。皆様は、どのようなお正月を過ごされましたでしょうか?帰省された方、海外旅行へ出かけられた方など、様々な過ごし方をされたことでしょう。私は、近くの神社へ初詣をするくらいでほとんど家にいて正月 [...]

年の瀬を迎えて 12月22日

早いもので今年もあと少しを残すだけとなりました。北日本を中心に爆弾低気圧が発生し(図1)、寒さと雪で荒れた天気となっています。テレビ等では「不急の外出は控えるように」と伝えており、各地で被害が出ないことを祈るばかりです。 [...]

師走とインフルエンザの到来 12月10日

急に厳しい寒さが到来しました。晩秋からいきなり冬がやってきた印象です。四国では大雪のため、大変な事態になっています。雪に閉じ込められ、孤立している人々の無事を祈るばかりです。 12月に入り急にせわしくなり、街にはクリスマ [...]

秋の勉学 JSH2014 11月14日

秋が深まり、山々の木立にもだいぶ紅葉が目立ってきました。各地の気温も下がり、朝夕の冷え込みが厳しくなってきたことが報道されています。昔から秋が深まってくるこの時期は、1年を通じて最も勉学に適した時候とされています。 たし [...]

音と笑いのおもちゃ箱 10月31日

芸術の秋!!というわけで、また「音と笑いのおもちゃ箱」を開催します(写真1)。第9回目となる今回も近隣の会場を借りてすることになりました。いつものようにコーラスと落語のコラボです。「音」つまり音楽に親しみ、聴いて歌うこと [...]

日本東洋医学会に参加 10月28日

病気の治療において東洋医学的アプローチ、つまり漢方薬が有効なことはよく知られています。今回、最近における東洋医学の現況に触れるべく、日本東洋医学会関西支部例会に参加しました(写真1)。会場は関西国際空港(関空)近くのホテ [...]

秋が来つつある 10月22日

10月が下旬になるというのに時候はまだそれほど冷え込みではありません。この時期は季節が良く、勉強の秋ということで多くの学会、講演会、セミナーなどが目白押しに各地で開催されます。興味がひかれ、参加したい会も多々あります。た [...]

不幸な事件 10月9日

8月に大きな台風災害が広島であり、9月には神戸市で小学生の殺人事件があり、本当に心を痛める出来事が続きました。更にそこへ御嶽山の噴火があり、山登りを楽しんでいた多くの方々が災難にあわれました。亡くなられた方も多く、御家族 [...]

ATIS 9月26日

最近、講演会に参加して新しい医学の話を聴いている時、また医学文献を読んでいると気になることがあります。それは聞き慣れない「アルファベットの略号」に出会うというものです。聞き慣れない、つまり、それが意味するところの医学的意 [...]

燈火親しむ頃 9月16日

少し気が早い話と思うのですが、「燈火親しむ頃」といわれる秋がもうすぐやってきます。秋の夜長は静かで気温もちょうど良く、机に向かって読書をし、また文章を書いたりするのには、最適の環境となります。ただ最近では本そのものを読む [...]

短かった夏 9月11日

今年の夏は7月に暑い日があったものの、8月は一日も夏日がなく雨が降る日々が多くありました。季節はずれの台風、集中豪雨と続き、大きな災害被害ももたらされました。特に広島での土砂崩れの惨状には深く心を痛めるばかりです。早くも [...]

講演会「笑いと健康」 8月26日

講演会に出掛けてきました。といってもいつものように聴衆として講演を聴きにいったのではありません。講演者として一般市民の方々の前に立ってお話をしてきたのです。もちろん医師ですので医学に関するお話をしました(もっとも医学以外 [...]

20才になった日本笑い学会 8月10日

日本笑い学会(図1)のことは、これまでにも1、2回このブログで紹介しました。この学会の詳細については学会のホームページ(http://www.nwgk.jp/)に詳しく述べられています。ご興味のある方は是非、閲覧してくだ [...]

台風の襲来、通過 7月14日

夏としては大型の台風が日本列島に襲来し、列島の南沿いをかすめる様に通過しました。台風一過の後は暑くて湿気のある日々がやってきました。各地において大雨や土砂による災害被害が出ており、これに心を痛めております。 報道で台風に [...]

講演会 6月14日

このところよく講演会へ出かけています。毎日変わらずに日常診療をしていると、医師も人間ですから(患者さんには申し訳ありませんが)単調な診療になるおそれがあります、また、つい疲れて日常に埋没してしまい、新しい医学知識の習得に [...]

耐性菌のこと 6月16日

最近、新しい作用機序を持った糖尿病の薬が登場し注目されています。SGLT2という名前で呼ばれている薬で数社から次々と発売される状況になっています。「インスリン作用を介さないで糖尿病に有効」ということで注目され、期待を集め [...]

休日にウィーン少年合唱団を聴く 5月25日

数年振りにウィーン少年合唱団を聴きにいってきました(写真1,2)。たいへん素晴らしい感動的なコンサートでした。昔は合唱団の少年達があまり舞台で動くことはなかったように思います。つまり静かなイメージの舞台模様でした。 とこ [...]

糖尿病 5月17日

病気になれば安静、食事療法、外科療法などが必要なことはもちろんですが、薬物療法は大きなウエイトを占めています。患者さんに使用される薬は副作用が少なく、しかも有効性が高い薬剤が望まれることは当然です。それ故、新しい薬を創る [...]

これこそ The 神戸 5月1日

緑の木々のまぶしい穏やかな季節となってきました。しかし雨が急に強く降ってきたり、朝方はまだ冷気が漂っていたりと、やや不安定な時候が続いています。また4月から学校や園に初めて通う子供さん達には疲れが出てくるのでしょう、下痢 [...]

小旅行 4月21日

人は誰でも毎日それなりに仕事をしていると次第に疲労が蓄積し、知らないうちに能率も下がってきてしまいます。こういう時には日常性を否定し、リフレッシュをする必要があります。そのためには旅行をする、これが一つの大きなリフレッシ [...]

日本小児科学会に参加 4月18日

急遽思いたって名古屋で開催されている第117回の日本小児科学会学術総会に参加してきました。直前の前日まで参加する意思はなかったのですが、急に行くことにしました。 というのも毎日受診していただいている患者さんを診療するだけ [...]

予防接種の勉強 4月8日

3月は年度の終わり、いわゆる年度末ということで様々な書類作りをせねばならず、慌ただしい生活を毎年3月はおくることになります。加えて医療界では4月になると保険制度の改正があるため、これに備えて様々な準備をせねばなりません。 [...]

東京へ 3月16日

日本東洋医学会の関東甲信越支部・東京都部会が開催した教育講演会に参加するため上京しました。テーマは消化器と漢方(図:当日のプログラム)であります。以前からこのテーマで勉強したいと思っていたので、ちょうど良い機会なので参加 [...]

文枝さんの襲名 3月9日

桂三枝さんといえば、テレビにもよく出ている落語家さんで、タレントとしても大活躍をしている人です。今回、三枝さんは六代目の桂文枝という大名跡を襲名することになり、2年前の7月からなんばグランド花月を皮切りに全国を披露のため [...]

アイパット 2月26日

最近、講演会に出席する時には必ずアイパット(軽くて持ち運びに便利なのでアイパッド・ミニ)を持って出かけています。今や必須のアイテムになっています。別にアップル社やグーグル社の宣伝をする意図は全く無いことをはじめにお断りを [...]

学術セミナー 2月16日

今日(2月16日・日曜日)、兵庫県医師会の主催する学術セミナーに参加してきました(写真1)。日曜日にもかかわらず、大勢の会員の参加がありました。私だけでなく、生涯教育が大事であると考える医師が多くいることがわかりました。 [...]

講演会のハシゴ 2月15日

東日本は40年来の大雪で、とりわけ雪に弱い都会の大変な状況が報道されています。滑ってケガをされないように祈るばかりです。当地は寒い雨模様の天気です。その寒い中、2か所の講演会をハシゴしました。どちらの会場も外の寒気とは正 [...]

講演会 2月7日

「医師は一生勉強の連続だ」と言われています。全くその通りで、自分の不勉強のゆえに知識不足となり、そのため患者さんに不利益をもたらすことは許されません。とはいえ現代医学は日進月歩が著しい上、膨大な内容となっています。そのた [...]

読書日記 1月29日

三浦雄一郎氏はスキーヤー、登山家、冒険家として大変有名な人でしょう。何といっても世界最高年齢でエベレスト登頂に成功した快挙は、まだ記憶に新しいところです。今回、三浦氏の著作(写真1)を読むことにしました。それは病気に取り [...]

医者の不養生 1月27日

医者の不養生とはよく知られた言葉・慣用句です。実は昨年の年末に二日ほど体調を崩し、医者の不養生といわれる状況になりました。といっても単なる軽い胃腸風邪の類であり、もちろん直ぐに全快しました(それにしても年末から現在に至っ [...]

年末を迎えて 12月7日

慌ただしい師走となりました。暖冬とはいえ、朝夕はだいぶ寒くなってきました。それ故、多くの人が風邪をひいたり、またインフルエンザに罹ったりする時候なのであります。さらに持病、例えば高血圧の悪化が起こる人もいることでしょう。 [...]

燈火親しむ頃 11月29日

急速に朝夕が寒くなり、今年は本当に秋が短く終わってしまいそうな情勢です。公園の木々も黄色い落ち葉を落とし、茶色の土は見えなくなっています(写真1、2)。まもなく師走を向かえることとなり、町も人も急に慌ただしくなってくるこ [...]

天高く馬肥ゆる秋 11月21日

秋は空気が澄みわたるため空が高く見えます。またおいしい食物が収穫され、これが食卓に並ぶと私達の食欲が増加します。そうして馬も肥ってくるというわけで、秋は本当に良い季節であります。 しかし秋は喘息の人にとっては辛い季節でも [...]

季節は秋 11月15日

季節の移ろいは速やかです。朝夕の冷え込みの強い日々が、急に到来しました。その不安定な気候のためでしょうか、多くの体調を崩した人が診療所を訪れるようになりました。またインフルエンザの予防接種が開始され、外来が込み合うことと [...]

勉学の秋 10月30日

台風で大変な被害がもたらされ、伊豆大島をはじめとする被災地の人々を気遣う今日この頃です。遠くの被災地に思いを巡らせながら、勉学の秋ということであちこちの講演会に出かけ勉強に励んでおります。寸暇を惜しんで最新の医学知識の導 [...]

気分転換 10月10日

どんな仕事に従事していても、それなりに疲労が蓄積し能率が低下します。暑かった夏の疲れも出てきたので(10月になっても残暑が厳しい)、気分転換を目的として外の空気を吸いに出掛けました。外出したところ、ひとつは講演会(といっ [...]

風疹 10月5日

風疹の大流行が少しおさまってきました。図1に神戸市の風疹発生状況をお示ししました。これをみると分かるように神戸市では今年、310人(9月18日現在。なお全国では8507人と報告されています)と例年に比べて本当に多くの患者 [...]

結核予防週間 9月18日

結核予防週間という結核に対するキャンペーン期間を、厚生労働省が設けているということを御存知でしょうか。それは毎年9月24日から30日を結核予防週間と決めて、広く啓蒙活動をしようというものであります(図1)。 ところで結核 [...]

東京オリンピック 9月12日

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決定しました。オール・ジャパンの誘致努力が実り、1964年以来56年ぶりに東京での開催と(写真1)なります。日本中が喜びに沸きたちました。アジアで開催されるのは [...]

自然の猛威 8月31日

暑い夏も少しずつ遠ざかっています。それにしても今年の夏は異常な暑さ続きで本当にまいりました。そこへ今度は各地をゲリラ豪雨が襲い、土砂崩れなどの被害が出ています。そうかと思えば所によっては雨がほとんど降らない地域もあり、ダ [...]

猛暑 8月23日

毎日猛暑が続いています。そのため熱中症にかかる人が多く、連日メディアでは注意を呼びかける報道がなされています。たしかにこんなに気温が高いと通常の生活をしていても知らないうちに熱中症にかかってしまう危険が潜んでいます。 昔 [...]

お盆 8月6日

猛暑が続いており、各地で熱中症患者さんが多発しています。皆様方には十分な水分摂取をすること、長時間暑いところに留まらないこと、また適切にエアコンを使用すること等々に注意して下さい。 ところで8月といえば、我々日本人はお盆 [...]

一服の清涼 8月2日

暑い日と豪雨が入り混じった日々が続いています。人間は自然の中で生かされている小さな存在であるということを気象によって痛感させられる日々です。自然の力を思いしりながら暦は8月に入りました。この自然の驚異は何も天候だけではあ [...]

緒方洪庵と尾道 7月6日

緒方洪庵といえば大変に高名な幕末の蘭方医です(写真1)。洪庵が大阪の船場に開いた適塾(正式には適々斎塾 写真2)はよく知られており、その門人には福沢諭吉(写真3)、大村益次郎をはじめ多くの大先達が輩出されています。 日本 [...]

七夕 6月23日

節句(せっく)というと端午(たんご)の節句、つまり5月5日のことを思い浮かべることが多いと思います。しかし節句は一年に五回あり、江戸時代までは現代でいうところの祝日扱いとなっていました。明治時代になると五節句制度は廃止さ [...]

日本笑い学会のオープン講座 6月9日

笑い学会が主催する第202回のオープン講座を聴講してきました(写真1)。 もっとも今回は司会を仰せつかっている責任上、若干の緊張を必要としました。前もって演者のプロフィールをインターネットで調べ、また名前を読み間違えない [...]

カルガモ親子 6月7日

近くの都賀川に「カルガモ親子」がいると聞き、早速、愛犬と朝の散歩をする時に親子を探してみました。すると何と、すぐに川の流れの岸辺で寄り添うようにいる親子合わせて八匹のカルガモを運よく発見することが出来ました!近所の人から [...]

アンパンマンミュージアム 5月30日

言うまでもなくアンパンマンは「やなせ たかし」さん原作による絵本の主人公です。それほど古いキャラクターではなく、1969年にはじめて雑誌に掲載されたとのことです。その後、爆発的な人気を得て現在、多くの子どもさん達を喜ばせ [...]

研修会の報告 5月26日

政令指定都市における学校医の関係者が神戸市に参集し、研修会が開催されました。同研修会は毎年各地の指定都市の持ち回りで行われ、今年は64回目でありました(写真1)。 研修会のテーマは幾つかありましたが、食物アレルギーとスポ [...]

笑い学会の研究会 5月4日

日本笑い学会では研究会が開催されており、第51回目の研究会が名古屋でありました。 今回は熱田神宮の酔笑人(えようど)神事を見学するという趣向でありました。連休の真ん中、5月4日にこの研究会に参加してきました。集まった会員 [...]

新年度のはじまり 4月15日

暦が4月1日となり、学校や社会では新年度をむかえ、新生活をスタートする人も多いでしょう。 4月は会計年度のはじまりであり、新しく社会人となる人、新入生となる人、それぞれが新しい人生をはじめるわけです。町には新社会人、新入 [...]

講演会に行ってきました 3月28日

桜の花がようやく八分咲きになりました。電車の線路沿いにある桜が咲きそろい何とも心地よい眺望となってきました(写真1)。 また六甲の山並みには霞がかかり、春を感じる頃となりました。このような長閑な昼下がり、ある介護施設から [...]

京都へ 3月24日

御彼岸ということで自動車を運転し、京都まで御参りに出かけました。 以前からお茶の医学的効用に関心があり、お茶の歴史も古い京都に赴いたわけです。 喫茶の習慣は古く、紀元前以前に遡るといわれています。神農本草経(4世紀の中国 [...]

花粉症 3月11日

梅の開花の季節となり、もうすぐ桜の便りも届く頃になりました。 また春一番の吹き荒れる昨今は、花粉症のつらい季節でもあります。 鼻水はとどめなく流れ、目は赤く痒くなるので鼻アレルギーの人は本当に大変な日々です。 日本では大 [...]

大阪・梅田 1月22日

所要があり、大阪・梅田まで出掛けました。さる勉強会に出席するためです。 梅田界隈は近年、再開発が盛んで百貨店なども続々とリニューアルされています。 逆に言えば何時行っても工事中という有様で、これまで迂回させられることもよ [...]

厄神様 1月21日

この季節になりますと「厄神様に御参りましょう」と、各地の厄神様に多くの人々が参詣をしています。 少し調べてみますと厄神様には2つのタイプがある様に思いました。 ひとつは病気などの災難をもたらす神様、それといまひとつは災難 [...]

ニューイヤーコンサート 1月12日

今年もニューイヤーコンサートに行きました。サンドロ・クトゥレーロ氏によって設立されたウィンナー・ワルツ・オーケストラの演奏を聴きました。ヨハンシュトラウスII世の曲が多く演奏され、最後はラデッキー行進曲でした。素晴らしい [...]

あけましておめでとうございます 1月8日

穏やかなお正月でした。古い川柳に「元旦や、今年もあるぞ大晦日」とあります。 有名な「1年の計は、元旦にあり」とほぼ同じ意味でしょう。 人間は計画を立て、しっかりと行動しなさいということを年頭において戒めたものです。 ノー [...]

クリスマス 12月25日

クリスマスです。世情は経済状況をはじめ様々な分野で厳しく、また北国では大雪となっています。そこでどこにも出かけず、サンタクロースの人形を飾りつけ自宅でささやかなパーティーをしました。 来年が良い年であることを祈って・・・ [...]

忘年会 12月21日

年の瀬も迫り、各地で忘年会たけなわのシーズンです。 ところで当たり前になっている冬の風物、忘年会とは一体どういう意義、また起源を持つものなのでしょうか。 これは意外と知られていないと思います。 広辞苑によると「その年の苦 [...]

温故知新 11月30日

 古きをたずねて新しきを知ることは何事においても大切なことです。医学でも歴史を振り返ることは当然、有意義です。今回はポリオウイルスについての歴史をみてみたいと思います。とりわけポリオウイルス研究の発展に関った先輩医学者の [...]

インフルエンザ 11月21日

 今年もインフルエンザ予防接種の季節となりました。10月に入り当院でも予防接種を受ける方が多数来院されています。なるべく年内接種を済ませることが大切です(写真1)。ただ若い働き盛りの人がインフルエンザワクチンを受けること [...]

医薬分業 11月2日

日本では昔から伝統的に医薬兼業でした。つまり「医者のサジ加減」という言葉もあるように医者自身が自ら薬を調剤し、患者さんに渡すことが当然のことでした。日本や中国では「薬」を扱う者は同時に「医」を扱う者であったのです。つまり [...]

ワクチンの講演会 10月のある土曜日

秋になると朝夕が冷えるため、外来に感染症の患者さんが増えてきます。感染症に対しては予防接種が重要です。この思いを抱いて麻疹・風疹、ポリオについての講演を聴きに出かけました。この時期になると各地で講演会が多く開催されます。 [...]

また予防接種の話です 10月15日

また予防接種の話です。今回はインフルエンザ菌b型(Hib-ヒブ)と肺炎球菌の2つのワクチンについてお話します。Hibワクチンと肺炎球菌ワクチンについては昨年(2011年)から神戸市でも公費助成が始まり、多くの子供さんが受 [...]

講演会に行ってきました 10月11日

予防接種の講演会に出かけてきました。演者の先生は川崎医科大学小児科の中野貴司教授です。たいへん意義深く面白い話でした。ほんの一部分だけを御紹介したいと思います。 どうしてワクチンをうつのでしょうか?病原体によって起こる病 [...]

iPhone5奮戦記 9月28日

9月21日にiPhone5が新発売となりました。9月14日に予約が開始され、近くの販売店に行き順番を待ってiPhone5の予約申し込みをしました。 本来、何事であれ新発売の製品に即座に飛びつくことはしない方針です。しかし [...]

日本タバコフリー学会 9月16日、17日

日本タバコフリー学会という特定非営利活動法人があるのをご存知ですか?平成23年にタバコを根絶しタバコのない(タバコフリー)社会の実現を目的とし設立されました。今回、その第一回目の学術大会が神戸で開催されました。 テーマは [...]

9月になって 9月7日

9月に入り早や10日近い日が経ちました。しかし結構な残暑が続いております。病院の前に立って空を見てみると見事な入道雲が見られました。9月というより夏本番さながらの雲でした。やっと仕事が終わり夜になったので涼を求めて三宮の [...]

8月最後の日曜日 8月26日

暦の上では処暑も過ぎ、暑さも峠を越したようです(とてもそんな実感はありませんが)。現実には厳しい残暑が続いています。また沖縄の方では猛台風が来襲しており、何とはなしに自然の猛威を感じる8月最後の日曜日となりました。 久し [...]

今年の夏 8月25日

今年の夏は猛暑、自然災害、また節電等々が次々とあり、改めて自然のエネルギーの力を感じました。この暑さが原因ではないのですが、本ブログもしばらく中断をしてしまいました。理由はこの度、当診療所ではIT化を促進することになり、 [...]

多賀大社 その1 6月24日

生涯の伴侶に恵まれ、健康で長生きし、自分の身に大きな出来事もおこらなければ、これほど幸せな人生はないといえます。この三つの願いを叶えてくれる(?)神様がいると聞き、滋賀県にある多賀大社へお参りしてきました。若い頃に滋賀県 [...]

6月の第三日曜日 父の日

6月の第3日曜日は父の日になっています。父の日はアメリカで1909年に生まれたとされています。1916年にアメリカ大統領ウィルソンが父の日を広めました。日本では父の日は1950年頃から広まり、ここ30年間で広く浸透してき [...]

朝顔 6月19日

今年も暑い季節がめぐってきました。昨年に引き続き今年も夏の節電が要請されています。当院でも個人レベルですが節電対策を少しながら試みています。 例えば白熱電球をLEDに変え、それまでの照明の明るさのレベルを落としたり、また [...]

5月から6月にかけて 6月12日

5月下旬から6月12日の今日まで何かと慌ただしい日々が続きました。 5月23日には公益財団法人兵庫県健康財団の会長から表彰状をいただきました。母子健康勤労者ということが表彰の理由です。自分では普通に地域医療に尽くしてきた [...]

高血圧の日 5月17日

高血圧の日が設けられていることを御存知ですか?私は知りませんでした。今日(5月17日)、患者さんから教えてもらい初めて知りました。国際高血圧学会の一部門である世界高血圧リーグが2005年の5月17日を「世界高血圧デー」と [...]

五月病 5月16日

時は正に「目に青葉、山ホトトギス初鰹」の季節です。 さわやかな薫風ですが何となく気分的に元気が無い人が、この季節には多い様相です。そうです、いわゆる五月病です。五月病になっている人が周りにいるかもしれません。 五月病、誰 [...]

健康亭落語会を開催しました 5月8日

長いゴールデンウィークが終了しました。あちこちに出掛けられた人、実家に帰った人、まだ何処にもいかず家で静養した人、等々いろいろな過ごし方をされたことと思います。 当院では連休の初日、4月28日に落語会を開催しました。連休 [...]

ゴールデンウィーク 4月24日

今年もゴールデンウィークがやってきます。あちこちの行楽地へ出掛たり、また旅行を計画している人もおられるでしょう。 ところでこのゴールデンウィークの言葉の由来を御存知ですか?これは昭和26年の5月に正月やお盆以上に大ヒット [...]

4月13日 都賀川の一本の桜

 近くを流れる都賀川に公園があり、今、桜が満開です。毎日のように多くの人々が花見に出て来ています。昨年の春、つまり東北大震災のあとに桜の苗木が5本、公園の一角に植えられました。そのあと成長振りを毎日のように見守ってきまし [...]

4月28日 落語会を開催します

 当院で久しぶりに落語会を開催いたします。「第6回健康亭落語会 東京落語のひととき」であります。出演は三遊亭京楽師匠です。関西地区において純粋の東京落語を生で直接聴く機会はあまりありません。せっかくの機会です、楽しい落語 [...]

なでしこジャパン 4月5日

 少しずつ春がやってきました。神戸で「なでしこジャパン」のサッカー試合があるというので応援に行ってきました。相手は強豪といわれているブラジルです。開場のホームズスタジアム神戸には初めていきました。三宮で阪急から地下鉄海岸 [...]

3月25日 電気記念日

3月25日が電気記念日であるということを御存知の方はあまり多くおられないと思います。 歴史を紐解きますと日本ではじめて公の場で電灯(この時はアーク灯)が輝いたのは明治11年3月25日でありました。場所は東京の虎の門にあっ [...]

笑い学会の研究会  3月18日(日)

朝、雨の降る音で目が覚めました。今日は日曜日ですが午後から大阪の福島にいかねばなりません。それは日本笑い学会の研究会の司会をするためです。やや不安な朝の始まりです。というのもこの研究会の企画・運営の実務を担当させていただ [...]

麻疹の予防接種 3月中に受けてください

いきなり歴史の話で恐縮です。何と鎌倉時代にはすでに麻疹が疫病として広く認知されていました。麻疹(はしか)という病名については稲や麦の穂先、これを芒(はしか)ということに由来するようです。つまり穂先・芒(はしか)で口の中を [...]

2月17日 インフルエンザ流行中

 インフルエンザが流行しています。私の診療所でもこのところ連日、数人のインフルエンザの方が受診されています。今年は例年に比べて流行時期が少し遅いように感じています。また家族内での発症が多いように思われ、さらに合併症のため [...]

2012年を迎えて

明けましておめでとうございます。今年が良い年であることを心から祈念しております。昨年は3.11の震災・原発事故そして紀伊半島の自然災害があり、本当に大変な一年でした。まさに自然の脅威の前には人類は非力なことを思い知らされ [...]

水の流れに思う 11月の水辺で

水は人間にとっては本当に必要不可欠なものであります。子どもさんが病気になると脱水、つま り体の水が足らなくなり易くなってしまいます。そのため輸液を必要とすることもよくあります。人間は水に全面的に依存して生命を保っていると [...]

笑い学会での発表 笑い学会新聞の10月25日号

今年の夏に日本笑い学会の総会で発表しました。「予防接種注射の痛みを笑いが軽く出来ないか」を検討した結果です。その抜粋が学会の新聞に掲載されました。その一部をお示しします。興味のある方は是非、学会に入会して一緒に笑いを研究 [...]

笑い学会オープン講座 9月の第2日曜

9月に入りました。しかし暑さはまだ残っています。また台風、大雨で紀伊半島は大変な被害が出ており心を痛めております。 さて、日本笑い学会のことは前にも紹介しました。同学会では毎月第2日曜の昼下がりにオープン講座を開催してお [...]

暑い日々です 平成23年8月から9月

まだ暑い日が続いています。巷間では節電が叫ばれているので涼しいところへ足を伸ばしました。外出先で少々のお金を落とし経済活性に僅かながら協力し、暑気払いをしようというわけです。 というわけで、今回は2ヶ所、赴いたところをレ [...]

厳しい暑さ 7月のある土曜日

梅雨が明けたかと思えば、間髪いれず暑い日がやってきました。全国的に広く節電が呼びかけられ、エアコンを控えめにし、また照明を薄暗くする毎日です。でもこんなに暑ければエアコンをつけないと熱中症となってしまいます。特に年輩の方 [...]

大阪と京都へ出かけました。5月21日と22日

東北大震災の大変さを思うと何をする気になれない日々が続いております。しかし、これでは負の連鎖となってしまうので、大阪と京都へ仕事で出かけ、その合間に市内を少し観て回り経済活動をしました。 まず21日には大阪に出かけました [...]

職員の研修会への参加 5月21日

現在、無床診療所でも医療安全対策を講じる義務があります。そのため職員の研修会を年に二回開催することが求められています。研修会は院内研修が基本ですが、無床診療所では外部団体研修会への出席で代替することもできます。 というわ [...]

東北大震災 3.11

未曾有の巨大地震が東北地方を襲い、大津波そして原発事故という三重苦が現実のものとして 我々の前に立ちはだかっています。メディアで伝えられる悲惨な状況に接するにつれ、何も出来ない無気力を感じるばかりです。また何とも表現しに [...]

冬の神戸港 2月26日

神戸港を臨む高層ホテルの部屋から冬の風景を見ました。長年神戸に住んではいますが、このよ うな高い建物の窓から神戸港をゆっくりと眺めるのは初めての経験です。ひとことで言えば、「この上なく美しい」の「ひとこと」に尽きる眺望で [...]

今年の冬 平成23年2月8日

今年の冬はことのほか寒さが厳しく、特に雪国の地方では大変な豪雪である。一方、九州では新 燃岳が噴火し火山灰で大変な被害がもたらされ、さらには鳥インフルエンザが追い討ちをかけるように日本国中に猛威をふるっている。また昨年か [...]

六甲~神戸の景色

   今年も私たちの目を楽しませてくれた紅葉。紅葉を見に六甲山に足を運ばれた方も多いのではないでしょうか。赤や黄色と日毎に変わっていく山々の色の変化は、一年で最も季節の移ろいを楽しめる景色のように感じられました。 そんな [...]

講演会に行ってきました 11月11日

伊丹市の公民館が主催する講演会の講師を依頼されました。テーマは「笑いと健康」です。年に およそ4~5回くらい「笑いと健康」をテーマにした講演を依頼され出掛けています。市町村からの依頼が多く、1人だけで行くときもあれば共演 [...]

塩鯛・師の襲名 10月最後の日曜日

大阪では繁昌亭という定席小屋もでき、上方落語も隆盛を極めるようになりました。毎日いつでも落語を楽しめる環境になったことは、少し前の大阪では考えられないことでした。つまり素晴らしい落語の文化環境となったわけです。さらに最近 [...]

名刹での奉納歌舞伎 10月下旬の京都

京都名刹のひとつ、知恩院で奉納歌舞伎が上演されるというので出かけてきました。歌舞伎の出演は市川団十郎、坂田藤五郎という東西の2枚大看板であります。知恩院に到着した時、夕闇が迫り寺塔は深い静寂の木々に囲まれていました。知恩 [...]

秋の名月(9月下旬)

月の満ち欠けによって暦を作っていた太陰暦(旧暦)では、7・8・9月を秋としていました。 その真ん中の日にあたる旧暦八月十五日を「中秋」といいます。古くから日本には八月十五日に、秋の澄んだ空に昇る満月を鑑賞する風習があり、 [...]

8月の小さな夏休み

毎日猛暑が続いております。これだけ暑いと肉体的なストレスは強く、何をしても能率が上がり ません。そこで急に思い立って気分転換をはかることとし、温泉に一泊することにしました。遠いところでは無理なので車で20分ばかりで行くこ [...]

7月の大歌舞伎を観てきました

真夏日となった7月下旬のある日、大阪松竹座に七月歌舞伎を観に昼前から行ってきました。外 はまさに真夏の炎天下です。しかし劇場の中は涼しく快適で其処は本当に別世界でありました。暑い大都会の「喧噪」の中から劇場の入口を一歩入 [...]

神戸・三宮の夕焼け 梅雨の合間に

六月下旬のある日、所用で三宮に出かけました。三宮駅前の南側にある歩道橋でふと頭を上げる と素晴らしい夕焼けが目に入りました。六甲の山脈、百貨店そして三宮駅舎の上に垂れかかるような夕焼けでした。一刻、一刻と微妙に変化する赤 [...]

6月の半ばです

   梅雨の季節です。この時期、曇りや雨の日には重たい雲や霧が六甲の中腹から見える景色を覆ってしまいます。しかし梅雨の晴れ間には、厚い雲の合間から陽が差し、風が吹いて雲がきれると、和歌山の山並みまでくっきりと見渡すことが [...]