花粉症

そろそろ花粉症の話題が登場する季節になってきました。

私自身は花粉症とは無縁なので、その苦しさ?はもひとつ理解できていません。が、大変な人は本当に大変なようで、ティッシュの箱が手放せないとか、いろんな話を聞きます。

ならないように予防する民間療法もいろいろあるようですが、メディカルハーブにもおすすめレシピがあります。

 

◎ ネトルのティー

 一般的にアレルギー体質の改善目的に用いられます。ちなみにドイツでは(ドイツ人の友人がいないので本当かどうかは知りませんが)、春先のアレルギー予防にネトルなどのハーブを積極的に摂る療法を「春季療法」とよび、ほとんど生活習慣になっているのだとか。即効性はないので根気よく使い続けることが肝心です。

 

花粉症の症状が出てしまってからはまた違うレシピがあります。

 

◎ エルダーフラワーのティー

 くしゃみ、鼻水などの不快な症状の改善に有効です。抗アレルギー作用が鼻粘膜を落ち着け、目の充血も軽くしてくれます。毎食後に飲み、同時に蒸気をたっぷり吸いこむようにするとさらに効果があるといわれています。

 

あと、アロマも結構使い心地は良いようです。

 

◎ 吸入法

 ティッシュに精油を垂らし、マスクのなかにしのばせます。

 精油は ペパーミントとユーカリがよいでしょう。これに好みによってレモンやラベンダーを加えて香りを調節します。

 鼻詰まりが楽になって、頭重感がずいぶんましになります。

 

薬にたよるのも悪くありませんが、西洋医学は万能ではありません。もちろん漢方もしかりです。

何か一つの療法に固執するのではなく、柔軟にいろんな療法の良いところ取りをしてみましょう。

意外な療法があなたには効くかもしれません。