インフルエンザワクチン

そろそろインフルエンザワクチンの話が出る季節になってきました。

当院の接種開始は医師会指定の10月15日です。

今年はこどものワクチン接種量が増えるので、もしかしたら(?)そのうちワクチンが足りない!ということにならないか、ちょっとどきどきしています。

ところで、毎年のように、

「おたくのワクチンは有機水銀は入っていますか?」

という問い合わせ電話がかかってきます。

ワクチンには水銀が入っているものと、入っていないものがあるのですが、なんでもアメリカで「こどもの発達障害にはワクチンに添加されている有機水銀が原因である」という、衝撃の論文がでたことがあるんだそうです。さまざまな検討の結果、因果関係はないと認められたのですが、いまなおその影響が残っているようで、水銀添加をすごく気にされるお母さんがおられます。

私は気にしなくてよいと思っています。

実際、その衝撃の報告のあとに有機水銀を一切添加しないワクチンだけ流通させた時期があったそうですが、にもかかわらず、発達障害と診断されたこどもたちの数はその後もうなぎのぼりであったそうです。

一説には、

あるアメリカ上院議員のお孫さんが発達障害があったそうで、症状が水銀中毒と似ていたことから知り合い(?)の研究者にその論文をかかせて公表し、国の責任を追及したんだそうです。

・・・かなしい話です。お孫さんをみているとやりきれない気持ちになったのでしょうか。

 

また、ワクチンの対象も変わりました。

今年はワクチンの添付文書には6か月以降と書かれてありますが、宝塚市は1歳以上を対象と決めたんだそうです。

ただ、私の考えとしては「小さいこどもこそ重症化しやすいので予防が肝心」ということで、当院では添付文書通りに6カ月以降を対象とすることにしました。

ところで毎年気になるのですが、

「うちは小さいこどもだけ接種します」

というご家庭があります。

任意接種ですから料金のこともありますし、いろんな事情があるのだろうとは思いますが、小さなこどもを守るには家にもちこまないことが一番大切です。家族みんなで予防しましょう。

そこで!!

当院では13歳未満のこどもの接種予約と同時に13歳以上のご兄弟やご両親が接種を予約される場合に限り、減額措置を設けました。ちょっとのことですが、それでもすこしでも助けになればいいかなと思います。詳細は予約の際にお電話にてお問い合わせください。

 

接種予約はすでに開始しております。

お早めにご予約ください。