医学博士

つい先日、医学博士号をいただきました。

今6歳の息子が生まれた直後に研究をはじめたので、子育てのための途中休憩はありましたが、それは長い道のりでした。

クリニックの定休日にあてている毎週火曜日に、今も大学病院に行っていますが、そこでずっと川崎病の研究を続けています。そのテーマで博士号をいただきました。

 

ところで、川崎病って何? と、ときどき言われます。

公害ですか?ときかれることもあります。

この病気は川崎市でかかる病気ではなくて、川崎富作先生が発見された病気です。約50年前に報告されていますが、いまだに原因もはっきりつきとめられていません。でも年間1万人の患者さんが出ていることや心臓に後遺症を残すことがあって、こどもの病気としては要注意のものです。

なぜ研究テーマを川崎病にしたのか。

これはたまにあきれられますが、研修医の時にはじめて参加した川崎病学会で、白髪のステキな川崎富作先生にお会いして握手していただいたことがきっかけです。川崎先生のファンになった、という単純なはなしです。

でも、川崎病はまだまだわかっていないことが多くて非常に奥が深く、研究していてなんとなくハマってしまいました。その結果、博士号までいただいちゃいました。

 

人生、わからないものですね。

ちょっとしたきっかけでなにかがかわったり、はじまったり、するんですね。

 

ところで先週、国際川崎病学会が京都で開催されました。

相変わらずステキな川崎先生(御歳88におなりです)にお会いして、また握手をしていただきました。

「この握手が始まりであった」事をお伝えしたかったのですが、なんとなく胸がいっぱいになって何も言葉にならず、握手のお礼をいうことしかできませんでした。

お伝えできるまでは絶対にご健在でいらっしゃってくださいね・・・と祈るような気持ちで京都から帰ってきました。