月別アーカイブ: 2014年11月

紅葉

写真自宅の紅葉がかなり色ついてきました。今年は急に気温が下がったせいか、紅葉が例年より早くて見頃のようです。京都の紅葉なんかかなり綺麗でしょうね。しかし、私は人の多いところは苦手なんで、紅葉のためにわざわざ出かけることはしません。毎年、家での紅葉鑑賞だけです(ちょっと変わってるかも)。現在、西宮の幼稚園などで溶連菌感染が流行っているようです。当院でも、最近1週間で数名の方がおられました。溶連菌は重症化する場合もありますので、のどの痛みや発熱がある場合は早めに受診してくださいね。


健康食品、サプリメントの効果?

「健康食品やサプリメントを毎日摂ってますが、どれぐらい効果ありますか?」という質問を、職業柄よくうけます。いつも同じ回答をするのですが、週刊新潮の今週号の健康記事「身体のメカニズム生理学の目からウロコ」で、その問いに明確に回答されているので紹介したいと思います。千葉大生理学の山本名誉教授によると、「基本的に人間は口から摂取したものは消化されてから、体内に吸収されます。よっていくら体に良いとされている成分を含んだサプリメント、健康食品でもそのまま吸収されることなく、ほとんど分解されて体外に出てしまいます」「女性に人気のコラーゲンも口から摂取しても何の意味もありません。コラーゲンは体内で分解されてアミノ酸になってしまいますから」・・・また、「抗酸化作用で若返りを謳うコエンザイムQ10」なども「たいていの有機物には抗酸化作用があり、コエンザイムQ10などはほとんど効果がないでしょう」・・・とのことです。コラーゲン、コエンザイムQ10、グルコサミン等どれも似たりよったりです。この特集の内容は私がいままでこの質問を受けた時の答えとほぼ同じです。さて、どうでしょうか。健康食品やサプリメントを売る会社が連日、TVや新聞、雑誌などでこれでもかと大量の広告を流している訳が垣間見れますね。では、本当の健康のためには何をいいのでしょうか?この問いにもちゃんと答えを用意してくれています。・・・続きは次回のブログでお答えします。

 


東京講演会2

securedownloadsecuredownload写真週末、某製薬メーカー主催のアレルギーに関する講演会に参加するため東京まで行ってまいりました。土曜日の診療終わってから新幹線で品川まで。東京に行くときの定番、新幹線弁当。今年は東京-大阪間開通50周年です。ただ味は普通です。会場は品川駅から数分のグランドプリンスホテル(昔、新高輪プリンスだったはず)、名前が変わって迷ってしまいましたが、無事到着。有意義なアレルギー講演会も聴講し、懇親会終了後、最近凝っているオイスターバーへ。今回は品川駅構内のアトレ品川の中にあるグランドセントラル。ここは以前にも来たことがあるので2回目です。実は私の好物の一つはRAW OYSTER。写真は12ピースです。(単に12個の牡蠣)余計なスパイスはかけず、レモンだけを絞って食すのが私の好みです。実は、以外と関西にはあまり本格的なオイスターバーはあまりないんですよ。しかし、流石、東京。多くのオイスターバーあります。(値段も東京価格ですけれど・・・)だから最近、東京に行くとオイスター巡りに少し凝ってます。翌日は月曜日の診療に備えて、早めに帰阪。有意義な講演会でした。