☎ 073-435-5552

DDまっぷ

整形外科 内科 脳神経外科 リハビリテーション科 放射線科

医療法人 優進会みきまちてらしたせいけいげか三木町寺下整形外科

整形外科 内科 脳神経外科 リハビリテーション科 放射線科

医療法人 優進会みきまちてらしたせいけいげか三木町寺下整形外科

和歌山県和歌山市三木町南ノ丁35

☎ 073-435-5552

ホーム 院内・設備
 

院内

受付待合い

診察待合い

リハビリ室

リハビリ室

設備・機器

 

MRI装置

MRI装置(核磁気共鳴画像診断装置)とは磁気によって体の様々な部位を画像化できる 装置です。
MRI装置の特徴はあらゆる部位を任意の方向で断層像として得られますので、さまざまな疾患の診断に対して有効です。
整形外科領域の疾患(脊椎、関節など)に関しては、非常に高い診断能力を発揮します。
またX線を用いない装置ですので、被ばくの心配もありません。
当院の日立製MRI装置はトンネル部分が大きく開いたオープンタイプを採用しており、
圧迫感が少なく安心して検査を受けていただけます。

 

X線一般撮影装置

いわゆるレントゲン検査です。骨折など骨部分の診断に非常に有効です。
検査時間も短くスピーディな診断が可能です。
当院のX線検査はフジフィルム製FCRを使用しており、
撮影から画像化までが非常に早く、患者様の負担も少なくなっております。

 

超音波診断装置(エコー検査)

整形外科の分野でも超音波検査(エコー検査)の導入が進んでいます。
レントゲン検査ではわかりづらい筋肉、腱、靭帯、腫瘤や軟部組織などをリアルタイムで確認することができます。
人体に無害で、他の検査と組み合わせて行うことでより正確な診断が可能です。

 

骨密度測定装置

骨粗鬆症に診断に有効です。
当院の骨密度測定装置は約1分ほど手首を測定するタイプですので座っているだけで非常にらくに骨密度を測定していただけます。

 

治療機器

温熱療法により痛みの軽減、血液循環の改善、リラクゼーションを目的に使用します。

 

ABI、PWV検査装置装置

ABI、PWV検査では、手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、動脈硬化の程度を数値として表す事が可能です
。 この検査を行うことにより動脈硬化(血管の 老化など)の度合や早期血管障害を検出することができます。
当院の装置では約15分ほど静かに寝ていていただけるだけでABI,PWV検査が行えます。

 

低周波治療器

頚部、腰部、膝関節などに電気刺激を与えて、痛みの軽減を図る目的で使用します。

 

マイクロ波治療器

深部組織の温熱を目的に使用します。

 

水治療法機器

主に手関節(手首)、足関節(足首)の骨折後後遺症、捻挫に適応され、水圧による局部の筋緊張の緩和、関節のこわばり、血流促進、温水によるリラクゼーション効果が得られます。

 

牽引療法機器

頸椎、腰椎の椎間板・椎間関節の軽度変形の矯正、椎間板内圧の減少を目的に使用します。

 

重錘バンド

各部位の筋力・筋持久力の改善を目的としたリハビリテーションが行える重錘です。重量別に色分けしてあり、マジックテープにより簡単に着脱が可能です。

 

鉄アレイ

おもに上肢の筋力アップを目的に使用します。

 

バランスボール

 

エルゴメーター

年齢、目的に合わせてメニューを選べ、脈拍をセンサーで読み取りながら効果的な有酸素運動を行います。

 

コンビット

主に大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)の筋力測定に使用します。

 

平行棒

歩行が不自由な患者様の歩行練習などに使用します。