DDまっぷ

あいむやっきょくあいむ薬局

あいむやっきょくあいむ薬局

島根県松江市西津田2丁目1番37号

☎ 0852-67-5511

ホームお薬について
 

お薬について

内服薬の正しい飲み方

飲む時間を守る


● 食前(食事の30分くらい前)
食前は胃が空っぽの状態です。
次のような薬は、食前に飲むともっとも効果を発揮します。 ◎ 直接胃粘膜に接して効果を出す薬
◎ 食事の前に胃の働きをよくし、食欲を増す薬
◎ 食べ物と一緒でないほうが、吸収や効果がよい薬(食前の方が胃酸が薄まっていないので、胃の中が酸性の状態になります。そのほうが、効果が上がる薬があります)

● 食後(食後30分くらいまで)
食事で胃がふくらんでいる状態です。次のような薬は、食後に飲むとよいでしょう。
◎ 胃の消化を助け、胃もたれなどを防ぐ薬
◎ 食べ物と一緒のほうが、吸収や効果がよい薬
◎ 胃に障害を起こしやすい薬(食べたものが胃粘膜への刺激をやわらげてくれるため、食後の服用が適しています)

● 食間(食後2、3時間)
食事と食事の間のことで、食事の最中ではありません。食べ物の消化が終了して、胃の中が空っぽの状態なのは食前と同じですが、次の食事まで1時間くらい空いているところが違います。次のような薬は、食間に飲むともっとも効果を発揮します。
◎ 直接胃粘膜に接して効果を出す薬
◎ 食べ物と一緒でないほうが、吸収や効果がよい薬(多くの漢方製剤は、空腹時のほうが吸収がよいとされ、[食前・食間]の服用となっています)

● 寝る前(就寝30分くらい前)
次のような薬は、寝る前に飲むともっとも効果を発揮します。
◎ 寝ている間に効果を現す薬
◎ 睡眠を改善する薬
◎ 翌朝お通じがあるように、寝る前に服用する便秘薬などもあります。

● 頓服(必要に応じて)
1回飲むだけで効果が出る薬は頓服(頓用薬)と呼ばれます。毎日続けて飲む「連用」とは意味が異なります。頭痛薬や下痢止め薬など、症状が出た時に飲む薬です。


薬はコップ1杯の水かぬるま湯で飲む


チュアブル錠、口腔内崩壊錠を除いた飲み薬は、水かぬるま湯で飲みます。ジュースやアルコールで飲むと、効果に影響が出たり、副作用が多くなったりすることがあります。必ず、説明書を確認しましょう。


薬の上手な管理方法

① 直射日光が当たる場所、高温・多湿な場所は避ける
涼しい場所に保管しましょう。

② 子どもの手の届かないところに保管
誤って飲んでしまわないよう、子どもの手の届かない場所に保管しましょう。

③ 外箱や袋、説明書は使い切るまで大切に保管する
使用上の注意などがいつでも確認できるよう、外箱や説明書はすぐに捨てず、薬を使い切るまで保管しておきましょう。

④ 年に一度は薬箱を整理する
薬箱にどんな薬が入っているのか、使用期限を過ぎていないかなど確認しましょう。

⑤ 他の容器に移しかえない
誤用や品質の変化の原因になるので、薬袋や外箱から他の容器に移すのはやめましょう。

⑥ 農薬、殺虫・防虫剤と同じ箱に入れない
農薬や殺虫・防虫剤は間違って口に入れてしまうと大変危険です。薬と同じ箱に入れないようにしましょう。