花粉症の治療薬

トップ > 花粉症の治療薬

花粉症治療に利用される薬

花粉症治療に利用される薬 目薬、点鼻薬など

現在、最も多く花粉症の治療に用いられる薬を分類してみると、抗アレルギー薬によるものと、ステロイドによるものとに大きく分けられます。

服用するにあたって、それぞれの薬にどのような特徴があるのかをしっかりと把握しておく事が大切です。ここでは、花粉症の治療に用いられる代表的な薬の特徴を簡単に説明していきます。

抗アレルギー薬

数多くある花粉症において、最も多く利用されているのが抗アレルギー薬です。
抗アレルギー薬の特徴は下記の通りです。

  • 肥満細胞の中でヒスタミンなどの科学伝達物質が作られるのを阻害
  • できてしまったヒスタミンが肥満細胞から放出されるのを阻害
  • それでも出てきた場合、ヒスタミンが末梢神経に近づくのを阻害

これらの効果が見込めるなかでも、ヒスタミンの放出を抑える“酸性抗アレルギー薬”や、ヒスタミンの放出を抑える、放出してしまったヒスタミンを抑制する効果がある“塩基性抗アレルギー薬”が治療に最も良く用いられる薬にあたるでしょう。

利用に際しては早めに専門医に相談し、花粉が飛び始める2週間程前から予防的に服用を始め、花粉が飛ばなくなる時期まで服用を続ける必要があります。

これは服用した薬が目や鼻の肥満細胞に効果を浸透させるまでに十分な時間が必要になる為で、効果が現れるまでに最低でも2週間は必要になります。

その後、飲み続けていくと徐々に効果が高まり、花粉の飛散時期のピークには厳しい症状に悩まされない。あるいは、発症しても軽い症状で抑えられる確立が高くなります。

効果は十分に期待できる薬ですが、副作用は存在します。抗アレルギー薬が多く利用されている理由は、単純に他と比べて副作用が少なく、かつ安全性が高いからです。

副作用に関しては、長期間利用することによって引き起こされる胃腸、肝障害等なので、花粉症の期間中の3~4ヶ月間の期間限定での使用ならばほぼ問題ないと言われています。

ただし、抗ヒスタミン作用を持つ薬を服用する際は、抗ヒスタミン薬と同様の副作用が考えられるので、その点は服用前に医師等に確認しておきましょう。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬

抗アレルギー薬の代表ともいえる抗ヒスタミン薬。
この薬は、花粉症によく見られる、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった、既に出てしまっているアレルギー症状を緩和する目的で多く使用されます。

花粉症症状の原因となるヒスタミンの作用を抑制し、脳から出ている鼻水やくしゃみを出す命令を止める効果を持つ薬で、くしゃみや鼻水、目のかゆみがひどい際によく服用されます。

ここまでの内容を反芻すると、非常に効果的に思える抗ヒスタミン薬ですが、実は重度の症状にはあまり効果がないうえ、中枢神経に作用するために眠気、だるさ、目眩、下痢、便秘等の副作用があるので服用時には注意が必要になります。

特に、車の運転や細かい作業を行う前には控える方がいいでしょう。

ステロイド剤

ステロイド剤

ステロイド剤は、体内に侵入した異物を認識し、それを追い出す免疫機能そのものを抑制する働きをもつ薬にあたります。故に、アレルギー症状全般に対して効果があり、特に炎症を抑える効果が協力なので、花粉症症状で最も治り難い鼻づまりに対して非常に効果があります。

しかし、ステロイド剤を使用している間は体全般の免疫機能が低下する為、今まで涙等で体外に放出されていたアレルギー物質などが自由に体内へ進入を許す事になります。その結果、他のアレルギーも併発する事になる可能性があるので、使用の際には極端なまでの注意が必要になります。

ちなみにですが、ステロイド剤の利用方法には、局所ステロイド投与とステロイド注射という2種類が存在します。

2つのうちステロイド注射は、耳鼻科学会やアレルギー学会では認められていない治療法なので、どいった結果が待ち受けているか良く理解したうえで利用するか考える必要があります。安易に利用してしまうと後々、副作用に苦しむ結果になる可能性も少なくないので注意が必要です。

花粉症治療薬に関するまとめ

薬の名称 使い方 目的 長所 短所 服用に際して
抗アレルギー薬 ・内服薬
・点鼻薬
・点眼薬
 など
症状全般に 比較的副作用が少なく、安全性が高い 効果が出るまでに2週間ほどかかる 花粉が飛び始める2週間程前から、花粉が飛ばなくなる時期まで服用
抗ヒスタミン薬 ・鼻炎薬
 (内服)
・点鼻薬
・点眼薬
 など
くしゃみ、鼻水、目のかゆみなど 出てしまった症状に対して即効性がある 重度の症状には効果が期待できない。眠気等の副作用がある 日常生活に支障が出た場合に限り、一時的に服用
ステロイド剤 ・点鼻薬
・点眼薬
・内服
・注射
など
鼻づまり等の炎症を抑える ひどい症状に対して、劇的に効果がある 長期間使うと副作用が出やすい 医師と相談のうえ、必要な場合のみ