新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や 処方箋の取扱いについて

新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から通知が出ています。
病院や薬局での感染リスクを防ぐ為、病院によっては電話での受診対応をしています。

対象となる患者は
・慢性疾患で定期受診をしている
・復数回以上、かかりつけ医に受診している

処方してもらえるのは慢性疾患で治療に使っている薬のみ。
※初診の場合は直接受診が必要になります。
※風邪や花粉等、慢性疾患以外の薬を追加してもらう事は出来ません。
※それ以外の薬の処方を希望する場合は受診に行く必要があります。

対象となる患者は、病院に電話で「電話診療が可能か」を問い合わせてください。
主治医より電話診療可否の確認を行います。

【主治医より電話診療「不可」の判断があった場合】
その旨をご連絡いたしますので予定どおり来院のうえ受診をお願いいたします。

【主治医より電話診療「可能」の判断があった場合】
診療予約の日時を目途に主治医よりご連絡を差し上げ、電話診療を行います。

診療後は、病院から指定の薬局へ直接処方箋をFAXされます。

【薬局での対応】
くろーばー薬局では感染予防の観点から「電話対応による診療を行った患者に対して」は原則、電話での服薬指導後、自宅への薬の「郵送」対応をさせてもらっています。
どうしても薬局に薬を取りに来られる方は、他の患者との接触を避けるため「ドライブスルー」の利用を勧めています。
※会計に関して、郵送をした方は後日もしくは次回受診時にお願いしています。

※病院の対応については病院ごとに違う事もあるので直接問い合わせください。






DDまっぷ ドクターブログ 一覧