「スマホケース」約4割にカビ

梅雨明けしたと思ったら、急に真夏の気候ですね。熱中症や脱水症、夏バテにお気をつけください。

さて、今回はスマホケースに潜むカビの話題です。

恐竜やマンモスの骨格標本展示で有名な大阪自然史博物館の外来研究員浜田信夫さんの調査によると、使用されているスマホケースの約4割にカビが発生しており、30代以上の男性の場合が特に多いとのことです。

記事によると「116台のスマホカバーのうち48台でクロカワカビ、コクショクコウボなどが検出。
32台が(個体数)100未満。100~1000台が10台。1000~10000が2台。
1万以上は4台。」だったそうです。

ズボンの後ろポケットなどにスマホを入れるとカビが生える危険性が高いとのことです。

カビの胞子によるアレルギーやダニの発生源となることもあり、定期的にウエットティシュなどで拭いて清潔に保つことが大切なようです。

インスタ映えを狙って携帯しているスマートフォンが、「カビ生え」ではシャレにもなりませんね。

.






DDまっぷ ドクターブログ 一覧