インフルエンザ薬「ゾフルーザ」

昨年発売されたインフルエンザ薬「ゾフルーザ」ですが、服薬が1回で済むため広く使われました。その後、耐性ウィルスの割合が他のインフルエンザ薬より高いとの報告が相次ぎました。

日本感染症学会は、12歳未満の子供について「ゾフルーザ」の使用を慎重に検討すべきだとの提言をまとめました。12歳未満で耐性ウィルスの検出率が高いことを受けての提言のようです。(12歳未満は23.4%、12歳以上は9.7%)

大人では、耐性ウィルスに感染しても症状の続く日数は通常のウィルスと変わらないが、子供では長引く傾向があるとのことです。

1回の服薬で済むため便利な薬なのですが、残念です。

.






DDまっぷ ドクターブログ 一覧