悪夢の耐性菌

12月も後半となり、令和元年もあと2週間足らずですね。その割に気温が高めで、このところ最高気温が12−14度もあり、クリスマスツリーが所在無げな感じですね。

国立感染症研究所によると、既存の抗菌薬がほぼ効かない「悪夢の耐性菌」が海外のみならず、国内でも広がりつつあるとの分析結果を発表しました。

2017年から耐性菌の調査を始めたのだそうですが、翌年には13例→42例、6都道府県→16都道府県に増えていたとのことです。

「悪夢の耐性菌」は、抗菌薬の最終兵器と言われる「カルバペネム」系の薬剤を分解して無効化するタイプのもので、日本国内で使える抗菌薬のほとんど全てが効果がないのだそうです。

通常は無害なのですが、抵抗力が落ちた時に重い感染症を引き起こし、死亡率は30−75%に達するとされています。

抗菌薬の乱用が原因だと言われていまが、通常は無害なので体の中で耐性菌化してしまってもわからないから厄介です。風邪などで安易に抗菌薬を使用しないことが、唯一の予防法なのです。






DDまっぷ ドクターブログ 一覧