月別アーカイブ: 2020年1月

新型コロナウィルス3

初期の楽観的な見方から一変して、新型コロナウィルスによる肺炎が全世界に広がっており、昨日にはWHOの緊急事態宣言が出されました。

「中国での感染者の急増に加え、日本や米国、ドイツなどでも人から人への感染が発生していることを重く見て、これまで見送っていた宣言に踏み切った。」のだそうです。

重症呼吸器症候群(SARS)は、感染者8096人中774人が死亡しており、中東呼吸器症候群では感染者2494人中858人が亡くなっています。

今回の肺炎では、今の所中国国内でしか死亡例が確認されていないので確定的ではないのですが、発表された数字によると、新型ウィルスによる死亡率は「5%未満」とのことです。

初期には、人から人の感染は稀と思われていたのですが、「英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者らは新型コロナウイルスの感染力について、患者一人当たりが2.6人に感染させると推計している。」そうです。この値はインフルエンザの流行と同程度のようです。

日本国内でも徐々に感染する人が増えており、心配しております。(うがい・手洗いなどの予防措置を徹底することしかできませんが・・・・・・)

.


新型コロナウィルス2

今日の大阪は最高気温15度の予想で、朝から霧がかかっていました。沖縄では夏日になるそうで・・・・・。 一転して来週にかけて急に寒くなる予報が出ています。体調の管理は十分にしてくださいね。また、インフルエンザや胃腸炎が流行っていますので、しつこいようですがうがい・手洗い・マスクをしてくださいね。それと、感染予防にもう一つ「顔の辺りをなるべく触らない」というのも有効だそうですよ。

先週書いた新型コロナウィルスによる肺炎ですが、「今の所、人から人への感染力はそれほど強くないとの見方が有力で・・・・・・・」と書いたのですが、急激に患者数が増えているようです。

世界保健機関(WHO)も緊急会議を開いたそうですが、人から人への感染が今の所、中国国内の家族と医療関係者に限定されていることから、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ることを決めたようです。

一方、新型肺炎で死亡した17人のうち5人は呼吸困難や胸の圧迫感、咳など発熱以外の症状だったとの発表もあり、発熱がないことは、空港や駅で感染の有無をチェックする一般的な方法である体温スクリーニングが機能しない可能性が危ぶまれています。

今後の推移を注意深く見守るとともに、インフルエンザや胃腸炎と共通する予防措置を心がけてくださいね。

.


新型コロナウィルス

暖かい年明けでしたが、今日は冷たい雨の日になるとのことです。インフルエンザや胃腸炎で来院される方が増えております。予防の基本は手洗い・うがいですので、心がけてくださいね。

さて中国で新型肺炎による死者が出て、2002年のSARS(サーズ)の再来かと恐れられています。重度の心筋炎などを併発すると重篤化して命にかかわるようです。

肺炎の原因ウィルスは、SARSと同族のコロナウィルスの新型だそうです。中国中部の湖北省武漢市に帰郷していた男性が国内で発症しており、決して海の向こうの話ではないようです。

今の所、人から人への感染力はそれほど強くないとの見方が有力で、SARSで心配されたパンデミック(広域な大量感染)は起こさないとされています。

いずれにせよ罹患しないことに越したことはないので、冒頭に書きました手洗い・うがいに努めることが大切ですね。お気をつけください。

.


十日戎

あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて昨日は午後に往診だったのですが、渋滞がひどく難儀しました。すっかり忘れていたのですが、9日は「宵戎」だったのです。

大阪観光局にホームページによると

『3日間で約100万人の参拝者が訪れる、大阪で毎年恒例の伝統行事!
十日戎は9日「宵戎(ヨイエビス)」、10日「本戎(ホンエビス)」、11日「残り戎(ノコリエビス)(残り福)」の3日間行われ、商売繁盛の神様として、信仰を集めています。「商売繁盛で笹持ってこい」のお囃子のなか、福娘から笹を授かろうと、たくさんの人々が訪れます。』

と書かれておりました。

夜に難波に用事があり出かけたのですが、今宮戎神社に近いこともあり屋台は出て歩行者天国になっており、人混みに立錐の余地もないほどでした。

ただ例年に比べ、晴れ着の人や笹を持った人は少なく、景気の悪さが影響しているのではないかと感じました。

大阪で親しまれている「えべっさん」ですが、医療と商売繁盛の神様・・・ちょっと微妙な関係ですね。

.