テラヘルツ波で乳がん識別

大阪大学の研究グループが、0.5ミリメートル未満の乳がんを、テラヘルツ波を使って鮮明な画像を作成することに成功したそうです。

特殊な結晶にレーザー光線を当てるとテラヘルツ波が発生する原理を用いて、乳がんのサンプル組織を撮影したとのことです。その画像の特徴から早期がんと進行がんを見分けることができたそうです。

これまでは組織を染色する必要があり数日必要であったが、診断までの時間を大幅に短縮できる可能性があるとのことです。

金属内部を透視したり、火薬や危険物を検出したりできるテラヘルツ波ですから、組織を取ってこなくても診断できる様になるかもしれませんね。

.






DDまっぷ ドクターブログ 一覧