カテゴリー別アーカイブ: その他

今年もよろしくお願いいたします。

今年もはや8日です。関東では松の内もあけてお正月気分もひと段落といったところでしょうか。関西では、十日恵比寿までは新年のお祝い気分ですね。

さて、2011年6月に始めた本ブログですが、10回目の新年となりました。これまで、ご覧いただいた皆様のアクセス数に力をもらって書き連ねてまいりました。

医療や科学関係で、個人的に興味があることや是非知っていただきたいことを中心に、今年も続けようと思っております。

何卒、今年一年もご贔屓のほどよろしくお願いいたします。


はやぶさ2

今年は暗い話題の多かった本ブログですが、今年最終のブログは明るい話題で締め括りたいと思います。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、はやぶさ2が小惑星リュウグウに人工クレータを作り、採取した砂や小石がカプセルの中に確認されたとのことです。大きいものは1㎝以上あり、直接宇宙の環境にさらされていない地下のものである可能性があるとのことです。

はやぶさ2が持ち帰った物の重さは約5.4gにすぎませんが、目標の0.1gを大きく超えたとのことです。6年の歳月をかけ、3億4000万キロのかなたから持ち帰ったのですから気の遠くなるような話です。

この小惑星リュウグウのかけらから、生命の元になりうる有機物が発見されれば、地球での生命誕生の謎に大きな進展をもたらすはずです。(我々は宇宙の子供(ユニバースチャイルド)なのか?)

リュウグウからの贈り物(玉手箱)を地球に届けたはやぶさ2ですが、休む間もなく次のミッション挑むと言います。今度はさらに長丁場の11年間に及ぶ長旅だそうです。残念ながら地球に帰還することはないそうですが、多くの有益なデータを送ってくれると思います。

世界に誇る日本の快挙に他ならないですね。

来年も本ブログをよろしくお願いいたします。

.


eスポーツ

秋雨前線の影響でしょうか、大阪は朝から強い雨が降っています。最高気温も昨日より6°Cも下がるとの予報です。体がついていきません。

さて、今回は「eスポーツ」について書いてみたいと思います。野球やサッカー、格闘技などの対戦型競技ゲームの総称がeスポーツですが、中国を中心に1200億円の産業にまで成長しているとのことです。

eスポーツでは腕などを酷使するため、上半身の健康被害が多く見られ、負傷のために引退を余儀なくされる例も少なくないとのことです。

それに加えてeスポーツでは通常のスポーツと違って「本質的に座りっぱなし」のため、「運動不足」によるストレスや生活習慣病が大きな問題となっており、国際的な取り組みが始まろうとしているとのことです。

「スポーツと名の付いたもので運動不足」とは、今日の天気のように何ともややこしい世界になってきましたね。

.


近畿地方が梅雨明け

日差しが強くなり、まだ梅雨が明けないのかと思っていたら近畿地方が梅雨明けしたようです。例年より10日ほど遅い梅雨明けだそうです。

梅雨の期間の降雨量は、例年の2倍とのことで、7月に台風は発生しなかったものの水不足はなさそうですね。(7月に台風が発生しなかったのは記録上にないそうです。)

ただ今年は猛暑が予想されていることと、コロナ騒ぎでマスクを着用するため例年になく熱中症での搬送が増えていることから注意が必要です。

密になる場所ではマスクを着用することが求められますが、屋外で活動している時にはマスクの必要性を考えて着用することが大切です。

ネットからの引用になりますが、

『「マスク着用によって、自身への感染を予防できるかどうか」ということは、未だに結論が出ていないという点です。
自分への感染予防には、マスクの着用ではなく、「人との距離を取ること」と「こまめな手洗い」が重要ということを指摘しておきたいと思います。』

なのです。マスクをしているから安全というわけではないのです。

上記のことを踏まえて、マスクの使用方法をもう一度見直してみてはいかがでしょうか?

.


梅雨

昨日は梅雨間の青空が見えていた大阪ですが、今朝はまた雨になっています。気温が上がっていないので湿度の割に過ごしやすいのが救いですが・・・・・・

梅雨明けの鍵を握る太平洋高気圧の勢力が弱く、いつ梅雨明けするかわからない状況のようです。

奄美地方の梅雨明けでこれまでもっとも遅かったのが、1983年と2010年の7月15日だそうですので、すでに記録を更新してしまっているとのことです。

それでも奄美地方は19日(日)頃には梅雨明けになりそうとのことですが、その他の地域(特に東北地方)は梅雨明けが8月までずれ込む可能性があるそうです。

1ヶ月の平均雨量が半日で降り注いだり、何十年に一度の豪雨が何度も来たり、日本の気候が変わってしまって、以前のようには戻らないのではと感じてしまいますね。

.


〇〇アラート

本日の夕方から豪雨の予想で、大阪も週明けまで傘マークが並んでいます。梅雨本番といったところでしょうか。

今回は最近巷でよく聞く「〇〇アラート」について、書いてみたいと思います。

7月から「熱中症アラート」が始まったそうですがご存知ですが?以前からあった「高温注意情報」との違いは、「湿度」に重点を置いていることだそうです。具体的には気温・湿度・輻射熱から計算した「暑さ指数」という指標を基に、「熱中症アラート」が出されるのだそうです。

「暑さ指数」は実際の熱中症発症に即した世界で使われている国際的な指標だそうで、今後の活用によっては大きな社会的効果を及ぼすと考えられます。

ここからは一般論ですが、「〇〇アラート」は便利な反面「抽象化の罠」とも言える状態に陥りやすくなります。抽象化は状況を詳らかに説明しなくても簡単な言葉で表現できるので便利です。しかし、過度に働くと困ったことになります。

色々な状況を考えることなく「アラートが出ていないから大丈夫だ」「アラートが解除されたからもう気にしなくていいんだ」と『ある・なし』での判断が大変危険なことであることは想像に難くありません。(例えば「熱中症アラート」では、主に日陰に居るのかか日向に居るのかで対応が変わるはずです。)

医療の世界でも症状や検査異常の『ある・なし』のみで判断すると「抽象化の罠」に捕らわれて、隠れたリスクを見逃してしまうのと同じですね。

.


レジ袋有料化

ジメジメとした蒸し暑い天気が続いていますね。こんな時期は睡眠の質が落ちて、体調管理が難しくなります。寝室の環境を整えて快眠を目指してください。

さて、7月1日からレジ袋が有料化されるのに伴い、買い物に持っていくエコバック・マイバックを使い始められている方も多いのでは無いでしょうか?

最近は小さくたためるものや、口が開いて買い物かごにぴったりと収まるものや、リュックのように背負えるものまで便利なものが色々と出てきているようです。

環境にも優しいエコバック・マイバックですが、使用に際して盲点になっているところがあるのです。
それは使い捨てのレジ袋と違い、繰り返し使うものですので、日頃の手入れが必要である点なのです。

買ったものを取り出した後、バックの中に野菜の切れ端が残っていたり、冷凍食品の水滴で湿っていたりしているのを放置すると不衛生になってしまうのです。

エコバック・マイバックを清潔に保つためのお手入れを忘れないでくださいね。

.


人工冬眠

近畿も梅雨に入り蒸し暑い日が続いていますが、体調管理大丈夫ですか?

さて、筑波大学の研究グループから興味深い発表がありましたの紹介したいと思います。

哺乳類の中でも冬眠するクマなどは、代謝を落として何ヶ月も食べ物を摂取せずに生きながらえることが可能です。普通ならエネルギー不足で臓器障害が出てもおかしく無い状況を「究極の省エネ状態」で乗り切っているのです。

通常は冬眠しないマウスに、冬眠という「究極の省エネ状態」に似た状況を作り出すことに成功したと、筑波大の桜井武教授と理研の砂川玄志郎・基礎科学特別研究員らのグループが発表しました。

研究グループは、マウスの視床下部にある細胞の特殊な集まりに特定の化学物質を注入して体温や酸素の消費量が大きく低下させることに成功した。その時、代謝が適切に抑制され臓器障害無く冬眠中の動物に似た状態になったとのことです。

人で人工冬眠状態が可能かわかりませんが、可能であれば緊急医療や宇宙探索に大きな飛躍をもたらすと期待されます。ごく普通に人工冬が行われる未来があるなら、エジプトのミイラ工房を彷彿とさせる光景が見られるかもしれませんね。

.


部分月食、皆既月食、半影月食

今日は6月の満月で英語圏でストレベリームーン(苺月)と呼ばれているそうです。

さて太陽と月が地球を挟んで正反対に並ぶと満月になるのは理科の授業で習ったと思いますが、いかがでしょうか?

満月が地球の影に入ると、月食が起こるのですが一部だけ地球の影に入り欠けて見えるのが「部分月食」で、完全に地球の影に入ってしまい(真っ黒では無く)暗赤色に見えるのが「皆既月食」です。(「皆既日食」では、夜のように暗くなり昼間でも星が見えますよね。)

今日は、あまり知られていない半影月食(はんえいげっしょく)が全国で見られるとのことです。

半影食の始まり:2時46分頃

半影食の最大  :4時25分頃

半影食の終わり:6時04分頃

半影月食は地球の影が薄い部分(半影)に月が入って、欠けは無いがグラデーションがかかったように見えるのだそうです。(ちなみに地球の影の濃い部分は「本影」だそうです。)

明らかに月が欠ける月食と違って、観察しても気付かないこともあるそうです。こんな時ですから、マスクを外して夜空を見上げてみてはいかがでしょうか?

.


AI将棋

大阪では今朝は清々しい朝です。梅雨を前にして貴重な1日かもしれません。

さて、近年巷では人工知能ブームですが、チェスや碁の世界ではAIに人間が敗れたことも記憶に新しいと思います。

将棋はルールの複雑さと盤面の可能性が桁違いに多く、コンピュータは人間に勝てないと長らく言われてきたのですが、2005年にトップ棋士と同レベルの実力を持つAIである「Bonanza(ボナンザ)」が登場して、状況が一変します。

その後、ボナンザのソースコードが公開されたこともあり、現在では最高位の棋士と負けずとも劣らぬ棋力にまで成長しているとのことです。

そんなボナンザを開発したのは、将棋をほとんど知らなかった光化学の研究者なのですが、自身で「将棋を知らないから作れた」と明言されているそうです。

将棋を知らないからこそ、定石に捕らわれず真摯にAIを活用した「新しい」将棋の形を追い求めることができたそうです。

今回のコロナ騒動で、いろいろな人が様々な意見を声高に吹聴しているのですが、なかなか腑に落ちるものがありません。これまでの「定石」に捕らわれてしまっているのかもしれません。真摯に現状を見据えて、新しい社会の形を見いだす努力が求められていると感じませんか?

.