化粧品のススメ

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

今日は1/17。阪神淡路大震災から26年が経ちました。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、各地の追悼行事が縮小されています。

2021年、灯籠で作られたメッセージは「がんばろう1.17」

阪神淡路大震災26年

 

 

 

 

多くの方が不安を抱えて過ごす今の状況と26年前を重ね、心を一つに苦難を乗り越えて、悲しみを繰り返さないように。

私も大阪から、祈りをささげたいと思います。

さて、久しぶりに美容の話題に触れようと思います。

医療機関では様々な化粧品を取り扱っていますが、効果が期待できる化粧品というのは限られています。

代表的なのは、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」。二つとも医療機関で処方する医薬品(医薬品とは、治療することを目的とした薬のことです)で、ハイドロキノンはしみを、トレチノインはしわを改善すると言われています。

トレチノインはビタミンA誘導体で、レチノール(ビタミンA)の50~100倍もの効果があると言われていて、米国FDA(日本の厚生労働省に似た役割を持つ公的機関)から治療医薬品として認可されています。

トレチノインの皮膚に対する作用は以下の通りです。

1.角質をはがす。

2.表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促す。

3.皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑える。

4.真皮でのコラーゲン分泌を高める。

トレチノインの作用は強く、使用当初は赤くなったり、皮膚がボロボロはがれることがあります。反応が強すぎる場合は、塗る頻度を調整しながら使用していただきますが、皮膚の発赤・紅斑・痒みなどが生じる「レチノイド皮膚炎」を起こすこともあります。

医師と相談しながら、続けていくのが理想的です

もちろんニキビにも効果的です。ニキビの方にも使っていただきたい

ニキビ肌

 

 

 

 

 

 

 

妊娠中や授乳中の方、妊活中の方には使用できませんし、長期使用の場合耐性(効果が得られにくくなる)が生じることもあります(休薬することで再度効果が得られます)。

でも、医療機関だからこそ扱える化粧品を、是非ともお試しいただきたいなと思っています。

皆さまのお手本になれるようなお肌を目指し、私も色んなことに取り組んでいます

いつかマスクが必要ではなくなる頃、こっそりと綺麗になって周囲をびっくりさせてみたいもんです


乾燥するでしょ!

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です。

ここ数日強い冬型の気圧配置が続き、9日も日本海側を中心に記録的大雪となり、各地で新幹線の運行が乱れたり、車の立ち往生も発生して混乱が生じています。

気象庁によると9日までの24時間に降った雪の量は新潟県上越市で1メートルを超え、富山市でも57センチ、山形県酒井市で45センチ、秋田市で36センチに達し、それぞれ観測史上1位の値を更新したそうです。積雪は富山市で120センチに達し、1986年以来35年ぶりに1メートルを突破、九州にも積雪があつたというのには驚きでした。

まだまだ10日も降雪の可能性があるとの事ですが、大きな被害が出ないように祈るのみです。

こんなに寒いとお肌も乾燥するし、感染予防策で手荒れもひどくなります。私も家事の量が増える年末年始に手荒れがひどくなりとても痛い思いをしました。

ひどくなってしまったらそう簡単には良くなりません。とにかくビニール手袋をして水や洗剤との接触を減らし頻繁に保湿クリームを塗って手袋をして過ごしました。パックリ割れた指先はテーピングで保護も必要です。おかげでお正月から1週間で手の甲のヒリヒリがマシになりザラザラもカサブタになり痛みも無くなりました。

最近は体の乾燥によるヒリヒリ、痒みもひどくなってきました。それはとにかく保湿です。朝晩保湿クリームを全身に塗ります

ただ皮がポロポロむけてきたり、ぶつぶつができたり、感染をおこして熱っぽくなってしまったら保湿剤だけではダメな場合もありますので医師の診察を受けて下さいね。

3府県にも緊急事態宣言再発令されるかもしれませんが、診察スケジュールは特に変更ございません。ただ1月から金曜日は14時から17時までの診察になります。担当医師がしばらくお休みですので、物販と電話応対のみとなります。診察が再開するようになりましたらホームページにてお知らせいたします。ご不便をおかけしますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 


明けましておめでとうございます

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします

年末年始、いかがお過ごしでしたか 日本海側では年末から大雪となっていましたが、大阪はお正月からいいお天気でしたね。

まだまだ寒い日が続きますが、皆さま暖かくしてお過ごし下さいね

さて、私は本日からピラティスを開始いたしました 以前よりブログで紹介していますが、ヨガ同様にピラティスの魅力にすごくハマっています。

ピラティス

「新型コロナウイルス感染者数が増加しているのに大丈夫

そんな声が聞こえてきそうですが、検温と消毒、全員マスク着用と、十分気をつけて行っています。

この新型コロナウイルスが流行する前から、インストラクターの先生からピラティスメソッドのエピソードを聞いていました。

ピラティスを考案したのはジョセフ・ハベルタス・ピラティスという方。戦時中だった当時の負傷した兵士さんに対して、リハビリトレーニングとして用いられていました。

1918年、インフルエンザ(スペイン風邪)が大流行 世界中で約5億人が感染し、5千万~1億人が亡くなったとされていますが、そんな中ピラティス氏や、彼のエクササイズを行っていた人たちは、誰一人としてスペイン風邪にならなかったと言われています。

疲れにくい身体になると聞いて始めたピラティスですが、いつも終わるとスッキリします。こうして、今年も心身ともに健やかに過ごすことができればと思っています。

 早く新型コロナウイルス感染症が収束しますように。

当たり前の日常が戻りますように。

人が人を思いやれる優しい世の中になりますように。

祈り


年末年始お休みをいただきます。

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です  :-)

今年も残すところあとわずかとなりました。クリニックも26日(土)を持ちまして無事に年内の診察が終了しました。今年もたくさん御来院いただき誠に有り難うございました診察スケジュールの変更など色々ご迷惑をおかけする事もありましたが、こちらの事情にご配慮いただき、無理なお願いも快く承知してくださり、感謝、感謝の一年でした

今年は4月の緊急事態宣言の後、今まで経験したことのない生活スタイルとなり、世の中がガラッと変わってしまいました。

今までの当たり前が当たり前でなくなる怖さを実感し、今までいかに幸せに暮らせていたかを思い知りました

しかし、悪いことばかりではありませんでした。感染対策が功を奏したのか、風邪もひかずに元気に過ごせたのは良かったです

来年こそは今まで通りに人と人が交流できる世の中に戻りますように心から願います

どうぞ皆様良い年をお迎えください。

年始は1月7日(木)から診察開始いたします。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 


ホームレス問題

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

先週辺りから、グッと気温が下がってきましたが、皆さま暖かくお過ごしでしょうか

以前にもお伝えしたことがあるかもしれませんが、私は本屋さんが大好き  5~10分程度ですが、ほぼ毎日本屋さんをのぞいています。最近読んだ本はこれ。

14歳でおっちゃんに出会って に対する画像結果   川口加奈さん:著

14歳でおっちゃんと出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」。

面白そうなタイトルで、手に取ってみると、ホームレス支援と社会改革に取り組むことになった15年が綴られていました。

きっかけは、興味関心を抱き14歳で参加した炊き出し。この炊き出しをきっかけに、筆者である川口加奈さんは、大学時代にNPO法人Homedoorを設立。ホームレスの人の7割が得意とする自転車修理技術を活かしたシェアサイクルHUBchari(ハブチャリ)事業を開始2018年には個別型宿泊施設「アンドセンター」の運営を始めます。

失敗や挫折を繰り返しながらも、たくさんの人と良好な関係を作りながら、当事者との関わりを広げていく。そのまっすぐさと困難にもへこたれない逞しさに、感銘を受けました

タイトルにあるおっちゃんとは、「家がない(ホームレス)」人のことなのですが、筆者は親しみを込めてそう呼んでいます。

ホームレス問題は、自分には関係のないことと思いがちですが、新型コロナウイルスによる不況の影響で、失業した方は7万人を超えると言われています。「自己責任でしょう?」私も少なからずそう思っていた節があるのですが、ホームレスになるには、ならざるを得ないだけの理由があります。

この様々なチャレンジの追体験で、どんな人でもホームレス化してしまうことへの理解が深められます。とっても画期的な本でありながら、このおっちゃんたちとの心温まるエピソードが、彩を添えています

たとえばこんなエピソード。

おっちゃんたちが働き始めて、初めてのお給料日。あるおっちゃんは無言で封筒を受け取り、走り去っていった。その数分後、そのおっちゃんがカップ麺を抱えて戻ってきたのだ。「これ、わしから事務局に差し入れや」

私は、この言葉を一生忘れないだろう。

このおっちゃん、3年程前から生活保護を利用するようになり、生活は安定したものの、気持ち的には憂鬱だったそう。「生活保護は国のお金やから、自分の好きに使うのには抵抗がある。ましてや人にものを贈るなんて・・・。でも、(ハブチャリで稼いだ)このお金は自分で稼いだもんやから、自分の好きに使える。だから真っ先に、お世話になった事務局に、自分の好きなもんを差し入れしたかったんや」と。しかも、この日のためにコンビニに頼んでカップ麺を予約していたそうで、お給料を渡した瞬間に駆け出したのは、予約の引き取り時間に間に合わないと急いだからだったのだ。わざわざ予約していたのかと驚きながら、そこまでするならコンビニじゃなくてもっと安いスーパーで買えばいいのにと伝えると、「プレゼントするのに安売りされているものは渡せない」と変に律儀だった。

先月の16日早朝、東京渋谷でホームレス女性が近隣に住む男性に殴り殺された事件がありました。大阪市では2000年の1年間に、294例のホームレス者の死亡があったことが確認されています(病死172例:59%、自殺47例:16%、餓死・凍死を含む不慮の外因死43例:15%、他殺6例:2%)。死亡時の平均年齢は56.2歳。

ホームレス問題を適切に知る機会があるかないかで、無関心ではいられなくなります。

「失敗しても安心して立ち直れる社会を作るために」

日々奮闘している姿を応援したくなる、そんな本でした。

今年もあとわずか。不安なことも多い毎日ですが、どうぞ皆さまお健やかに年末をお過ごしくださいね


土曜午後もやってます

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です  :-)

師走に入り皆様お忙しい日々をお過ごしの事と存じます新型コロナウイルス感染症も新規感染者数が過去最高を記録し、とても心配です

神戸新聞によると、12月12日3041人が確認され、過去最多を更新し、重症者も24人増えて過去最多の578人となったそうです。「勝負の3週間」の最後を迎えた12日、NTTドコモがまとめた全国主要駅や繁華街の午後3時時点の人出は、全95地点のうち約7割に当たる64地点で前週土曜の5日から増加危機感は浸透していないとみられます

大阪市ではGo To停止が延長される見通しだそうですが、テレビなどで紹介される受入医療機関のひっ迫状況を見聞きするとまた緊急事態宣言が出てもおかしくないと思ってしまいます。

又経済が止まってしまうと世の中が混乱してしまうのは困るとは思うのですが、なんとかその中でも息を潜めてじっと耐え忍び、この異常事態を乗り越えなければなりません。

しんおおさかクリニックは平成13年5月の開院当初から完全予約制による診療を行なってまいりました。皮膚科・形成外科の専門医の資格を持つ医師が日替わりで診察しておりますが、最近まで完全予約制という事が珍しがられる事が度々ありました。

しかし、コロナ禍で完全予約制になる診療所も診療科にかかわらず増加し、一般的になってきました。患者様もあらかじめお電話で予約する事がお互いのためである事を理解してくださるので大変助かります。

ただ怪我や病気で急ぎ診察が必要な方などは、先にご予約いただいていた患者様にご了承いただき対応させていただいております。土曜日も午後7時まで診察しておりますのでお困りの患者様は遠慮なくお電話下さい。

不安な世の中ですが必要以上に怖がらず、自分でできることはできるだけ行い最善を尽くしましょう。そうして健やかに生活していきましょう。

 

 


いかがお過ごしでしょうか?

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

新型コロナウイルスの感染が再び拡大しています。 大阪府では重症患者専用の病床使用率が上昇し、吉村知事が医療非常事態宣言で不要不急の外出自粛を呼びかけました。非常事態を示す赤信号は、通天閣や太陽の塔だけでなく、新大阪駅から見えるダイキン工業のマスコットキャラクターぴちょんくんも、赤色に変わっています。

赤色ぴちょんくん に対する画像結果 いつも見ているぴちょんくん

先日 「かんさい熱視線」という番組で、症状が悪化した患者の転院先がすぐに見つからないケースや、大腿骨骨折の術後に呼吸困難に陥り人工呼吸器のあるICUに搬送しなければならなくなったにもかかわらず、市内の病院10か所に受け入れを断られるという異例の事態に直面したケースなどが報告されていました。断った病院の多くは、コロナ患者でベッドが埋まっていたとのこと。一般患者の医療にも影響が出始めていることに、多くの医療従事者は頭を悩ませています。

先月の下旬、学生時代の友人と ハイキングに行こうと思っていましたが、感染拡大を考慮して中止に  その際友人から、防護服を着用して外来対応していると話してくれました。どこも大変ですね

私たちにできることは何か、感染拡大を止めるために必要なことは何か、3月の緊急事態宣言下の大阪を思い出して、ふんどしを締め直さなければ・・・ (一応言っときますけど。ふんどしは締めてませんからね~レディですから

不要不急の外出自粛要請を受けて、皆さまはどんな休日をお過ごしでしょうか

私は猫の生まれ変わりじゃないかしらと思うほど、お家でじ~っと過ごすのが好きなので、自粛要請が苦痛ではありません。

お掃除をしたり、お料理をしたりして過ごしていますが、最近始めたのがダーニング。皆さまダーニングってご存知ですか

ダーニングは、ニットや靴下の穴やほつれ、擦り切れてしまった洋服やしみなどに刺繍をして修繕するヨーロッパの伝統的な手法なのです。

捨てられなかった洋服が生まれ変わるだけでなく、楽しみながらお直しができます。

ダーニング①

 

こんな感じ。

私の作品をご披露しようと思いましたが、画像で見ると面白みがなく、何だこれ というクオリティの低さで断念しました

お直ししたいものはたくさんあるので、いずれお見せできる日が来るかもしれません(ということにしておきましょう )。

 

先日ブログを読んで下さっている患者さまから、月組の珠城りょうちゃんのファンだとお聞きして、ヅカファンはつながっているのね~と感動した私  エンターテイメントも今とても大変だと思いますが、私たちの熱い思いがたくさんのスターさんたちに届きますように。

11月に千秋楽を迎えた花組公演「はいからさんが通る」。コロナ渦で何度も公演中止を余儀なくされながら迎えた柚香光ちゃんのお披露目公演 デュエットダンスの後の光ちゃんと華ちゃんのおでこコッツンが素敵すぎて、何度も観ています。はぁ~

はいからさんが通る花組


励まし励まされる日々

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です  :-)

良い気候に恵まれてGOTOトラベルとかGOTOイートなどに出かけたいところですが、又コロナがとても心配になってきました。

今週は土曜日の臨時休診をいただき久々の連休をどのように有効に活用すべきかと考えましたが、家の中でも色々やる事があるので洗濯したり掃除したり料理したりすることにしました。

毎日新聞の占いを読んでいるのですが、29日は「時は金なり、きびきび行動せぬと出費が増す」というので朝から計画的に用事を片付け中です。

するともう良い事が色々ありました。ユニクロではちょうど期間限定で値下げしていて1000円お得に買い物できました。クリーニングに洋服を出すとちょうど20%オフの日でゴミ袋まで貰えました。 ワーィワーィ得した!私って単純・・・

こんなに前向きな気持ちで過ごせるのは最近どハマり中のNiziU(二ジュー)のせいかもしれません。NiziUのオーデションの様子をYouTubeで観てから一人一人の成長を見守るのがとても楽しみで最近はテレビにも良く出るので全て楽しみに観ています

私の元気の源はまだまだあります。フィギュアスケートを見る事です。宇野昌磨くんや羽生結弦くんもホント元気もらえるのですが、昨日のフィギュアスケートGPシリーズ最終戦、NHK杯最終日では17歳の鍵山優真くんが4回転ジャンプを全て決め堂々の優勝を決めました。今期シニアデビューとは思えない程の安定感で、ホントビックリこれからの活躍が楽しみです。

神戸市が誇る選手の活躍が光りました女子では坂本香織ちゃんが素晴らしいフリーの演技で優勝同じく三原舞依ちゃんもノーミスの演技でSP7位から見事4位となりました昨季は体調不良で休養して心配でしたが、今季は大会ごとに状態を戻してきており、全日本選手権がとても楽しみです。アイスダンスでは神戸市東灘区出身の村元選手が高橋選手とコンビを組んで再びリンクに戻ってきてくれてアイススケートファンはこの上ない喜びでした村元選手と高橋選手ともに関西大学出身だそうで息のあった演技がこれからとても楽しみです。

自分では実現できない事だけど頑張る姿を応援して、夢が叶うのを一緒に喜ぶのは本当に楽しいし、自分も励まされるので好きなんです。みんな頑張れ私も頑張る

 


安楽死

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

昨年11月、ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性が面識のなかった医師2人に殺害を依頼したとされる、京都ALS患者嘱託殺人。この女性と医師たちはSNSだけでつながっていた上に、事前に報酬が支払われていたことは、とても衝撃的でした。

生前SNS上で、日本でも安楽死を受け入れられることを求めていた女性。

これまでも、安楽死という言葉を何度か耳にしたことがあると思います。

平成3年、病院に入院していた末期がん症状の患者に薬物を投与して、患者を死に至らしめたとして担当の内科医が殺人罪に問われた東海大学安楽死事件。

記憶に新しいところでは、平成30年、それまで数年間の透析治療を受けていた患者が透析をやめる選択をし、1週間後に死亡した公立福生病院透析中止事件。

脚本家の橋田寿賀子氏が「日本も安楽死の法制化を進めてほしい」と発言して話題にもなりました。

関心の高いこの安楽死を、私たちはどのように考えればいいのでしょう

耐え難い苦しみに襲われている患者や助かる見込みのない末期患者が、医師の助けを得つつ、自らの意思で死を選ぶ安楽死は「積極的安楽死」と呼ばれるのに対し、患者の意思により積極的な延命治療を行なわないのは「消極的安楽死」と呼ばれています。

安楽死に対し、尊厳死は人間として尊厳を保ったまま死を迎えるために、患者本人の意思によって延命治療を中止し、死に臨むこととされていますが、これらを別のものとする用語法は日本独特なものです。

この事件を受け、「自己決定」や「死ぬ権利」を理由に安楽死を認めるべきとする声が多数ある一方で、ALS患者やその専門家は懸念される問題点を指摘しています。

フリーライターの児玉真美さんは、「自己決定とは、理路整然と考えて結論を出すことというイメージですが、人間は理屈で物を考えているわけでなく、色々な感情や思いの中で揺らぎながら生きている。」として、その不確かさを訴えています。

また、NPO法人「堺を越えて」理事長の岡部宏生さんは、自身もALS患者で、死ぬ権利についてこう述べています。「死ぬ権利とは自殺のことですが、それは人が得た権利なのか。他の生物で自殺はない。それが可能なことによって人間の尊厳が守られているとは思わない。命に尊厳はあっても、それはすべての生物の生命についての尊厳。人間の尊厳は人それぞれ違う。」

ALSの国内の患者はおよそ1万人。

過酷な病気と向き合い「生きたい」気持ちと「死にたい」気持ちに揺れる人たち。

重度の障害のある方でも、自立して生きていこうとする時、社会の理解不足や障害者支援の遅れなどから生まれる「生きていても不幸」という無意識の差別的偏見は、生きることへの無言の圧力につながりやすいことを意味します。

私も、あなたも、あすALSを発症するかもしれません。

介護制度、病気への理解、家族への支え…その時、どんな環境があったら生きやすいでしょうか

とても気になっていた事件でしたが、ちょっと重くなってしまいましたね 以前からこのような話題をブログに挙げていますが、死をタブーにすることなく、議論ができる世の中になってほしいなと思っています。

さて、最近の私はロッテのチョコパイにハマっています。いや、誘惑に侵されています スーパーに行くとチョコパイに「You 食べたいんだろ 買っちゃいなよ」とジャニーさんばりに(ジャニー喜多川さんね)話しかけられ、9個入りのParty Packを買ってしまう私・・・ しかも2日で食べてしまう

ジャニー喜多川

 

 

 

 

「You食べちゃいなよ~」

患者さまに時々美容法を聞かれ、「基本はお食事です」なんて偉そうに力説しているけど、このありさま・・・。こうやってPCに向かいながら、本日4個目のチョコパイを食べています。しばらく続きそうです。

チョコパイ 誰か止めて~


小柴さんのご冥福をお祈りします。

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です  :-)

今日は小春日和の過ごしやすい1日です。昨日の天気予報によりますと「11月15日は何をしても良い〇〇日和になるでしょう」と言っていました。その言葉通りとなり私にとっては絶好の洗濯日和です。

先日ノーベル物理学賞の受賞者で宇宙から降り注ぐ素粒子ニュートリノを世界で初めて捉えた東京大学特別栄誉教授の小柴昌俊(こしば・まさとし)さんの訃報が流れました。94歳で老衰の為亡くなられたそうです

大変失礼ですが、私が幼い時に亡くなった祖父によく似ていたので親近感を覚えておりました。しかしあまりその功績はよく存じ上げず、亡くなってから色々見聞きして改めてその偉大さを知りました

新聞によると岐阜県飛騨市神岡町の鉱山跡の地下に3千トンの水をためた観測装置「カミオカンデ」を建設。ニュートリノと水の間で生じるかすかな反応を、光電子倍増管という特殊な部品を使って捉える手法で87年、星が大爆発した「超新星」からの飛来を世界で初めて捉えたそうです。

自らの成果を「何も役にも立たない」とあっけらかんと公言する一方、社会を支える基礎研究の重要性を説きました。理科離れを食い止めようとノーベル賞の賞金をつぎ込んで財団を設立し。子供たちへの理科教育に力を注がれました。自身は親分肌で面倒見が良く、研究チームからは後に続く一流の研究者が数多く育ったそうです。

宇宙のかなた16万光年離れた超新星から飛来した素粒子ニュートリノですが、観測できたのは偶然で、カミオカンデの本来の狙いは別の現象でした。あらゆるものをすり抜けるニュートリノ観測できるようにしていたのが功を奏したそうです。

教え子には「血税を無駄にするな」と厳しく研究の心得を説き「ニュートリノを研究して、素粒子から宇宙まで統一的に理解する」という小柴さんが立てた壮大な問題に、今も多くの研究者が挑み続けています。

新型コロナウイルス感染症でも多くの方々が日々研究にご尽力されています。先日のNHKスペシャルでは新型コロナウイルスに関する2万件の研究論文をAIが学習して研究者によく引用されている論文を選び出し興味深い研究結果を紹介していました。3蜜回避、マスクの着用、人との距離を保つなどの基本的な感染防止策の実施した上で、湿度を40%以上保つこと、換気も重要である事などが挙げられていました。感染による様々な後遺症もあり、油断できない感染症であることには変わり無いようでした。

研究者の皆さんには今後とも人類の為に良い研究を続けて頂きたいと思います。そして小柴さんにはその功績に改めて敬意を表し、心よりご冥福をお祈りします。

そして私たちは今後も変わらず感染予防に努めてまいりましょう