道路が冠水!その時は・・・・

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

台風15号が関東に近づいているようです。去年の今頃はこちらも台風21号で大変な被害を受けましたね。患者さんの中にもお家が被害を受けられやっと綺麗になったところですという方がおられました。

最近のニュースの中では「都会型水害」というワードをよく耳にしますね。ウィキペディアで調べたところ、大都市に発生する都市特有の水害のことで、都市は地表がアスファルトやコンクリートで舗装されており、雨水などは浸透、吸収することができないため、下水管や雨水管へ流されるが、集中豪雨などで下水処理能力を超える水が流入した時や河川が増水した場合は流す事が出来ずに溢れて洪水となる。他にも都市部の河川は整備で直線化されているため、川が氾濫すると都市へ水が一気に流れ出してしまうという要因があるそうです。

一瞬にして道路が川になったら車内に閉じ込められる危険性があります。ニュース番組でやっていたのですが、車内にいて周りの水が増水しても慌てずに車内の水が外と同じ高さになるまで待って扉を開けて脱出してくださいとの事です。車は車の底まで浸かったらエンジンが停止する危険があるので先には進まず安全な所に移動して雨雲が行き過ぎるのを待つか、その場にを置いて逃げる方が良いとの事です。そういう時は外出を控えるという判断が得策ですね。

クリニックでも公共交通機関が計画運休する場合、臨時休診を実施する事があります。その場合はホームページでお知らせしますが、電話でご予約変更のお願いをする場合があります。ご連絡先に変更があった場合などは是非お知らせください。どうぞご協力お願いいたします






DDまっぷ ドクターブログ 一覧