肌荒れとニキビ

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

通勤の時、「ジージー」「リーンリーン」と虫の鳴き声がして、秋がどんどん深まってきたなぁ~と感じています。朝晩も涼しくなって、過ごしやすくなりましたね

さて、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「新しい生活様式」が提唱されています。そして、新型コロナウイルスと共に生きる「with コロナ」という言葉も定着しつつあります。そんな私たちの暮らしに一気に定着したマスク。今年は、そのマスクに関連した肌荒れやニキビの診察が増えています。マスクを着用することで、どうして肌荒れやニキビが出現してしまうのでしょう

肌荒れ ←肌荒れ・ニキビ気になりますよね

マスクを長い時間着用していると、そのことによる摩擦や蒸れ、乾燥を起こしやすくなります。大人のニキビは、摩擦によって生じやすいという特徴もあるため、マスクの素材を変えたり、着用方法を工夫したりすることが大切です。また、マスク内の蒸れは、ニキビを悪化させる原因にもなります。

マスクを外した直後は、肌表面の水分が蒸発するので、乾燥が進行してしまいます。乾燥は、肌表面のバリア機能を低下させ、湿疹やかぶれ(接触皮膚炎)を起こしやすくなってしまうのです。

では、そんな肌荒れやニキビを防ぐためには、どうすればいいのでしょう

まずは、通気性の良いマスクを着用すること。マスクは清潔で柔らかい素材のものを選ぶこと。そして、お肌の保湿ケアをしっかりとすることです。

クリニックでは、洗顔はしっかりと泡立てた洗顔料で、やさしく洗うことをお伝えしています(泡のクッションで洗う感じ)。その後はしっかりと保湿をする。ニキビの方ほど、化粧水をたっぷりと使っていただきたいと思います。「ベタベタするのが嫌なんです」とおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、お肌は意外と乾燥しています。マスクを着けたり外したりするだけでも、お肌にとってはダメージです。これからは乾燥の季節ですので、保湿これとっても大事です。私たちスタッフは、ランチの後も保湿しています。(え~ お化粧の上からどうやって保湿するのと思ったアナタ。続きはWebで。じゃなくて、受付で質問してくださいね)。

今日は月組公演「WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-」「ピガール狂騒曲」に行って参りました この公演は、第106期生のお披露目公演。いつも涙してしまうお披露目公演ですが、今年は新型コロナウイルスで延期となり、やっとお披露目できたかと思うと、いつもにも増してジ~ンとしてしまいました。

ピガール狂騒曲 ←とっても面白かったです

前髪が素敵

この髪型()素敵でしょ? 今年はマスク着用が定着してるので、こんな前髪がおススメなんですって。うふふ






DDまっぷ ドクターブログ 一覧