月別アーカイブ: 2019年10月

鈴虫寺

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

先週の日曜日、京都の妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)に行って参りました。このお寺は、秋だけではなく四季を通じて鈴虫の音色を聞くことのできることから「鈴虫寺」の名で親しまれています。

妙徳山   ←鈴虫寺

8代目の住職が鈴虫の音を聞いて悟りを開かれたことのこと。自らの悟りのきっかけになった鈴虫の音で戦後の疲弊した人々の心を癒してもらいたいという思いから研究を続けた結果、今では約9,000匹の鈴虫が飼育されています。

鈴虫 ←すごい数の鈴虫です

お茶とお菓子をいただきながら(お茶とお菓子をいただけるのは、禅宗の教えの一つである茶礼に基づいた考えなのだそうです)、「説法」を聞く時間もあり、とても心穏やかな時間を過ごすことができました

そして、このお寺は日本で唯一わらじを履いた「幸福地蔵菩薩」がとっても有名です。右手には錫杖(しゃくじょう)、左手には宝寿(ほうじゅ)をお持ちです このわらじを履いたお地蔵さまは、一度でも祈願すれば、私たちの元まで願いを叶えに来てくださるのだそうです ただし、願い事は一つだけ。

幸福地蔵菩薩 ←幸福地蔵菩薩

日曜日だったせいか、階段下までの行列で40分待ちでした でも、住職さんのお話はユーモアたっぷりで禅の教えやお参りの仕方、あるいは日々の心の持ち方を分かりやすく説いてくれますし、お庭もとっても綺麗 来てよかったなと思いました

京都では金木犀のいい香りがしていましたが、少し遅れて大阪でもいい香りが漂ってきました。毎年金木犀の香りで、もう秋だな~と感じます。皆さまは、どんな時に秋を感じますか?

さて、私が住職さんにお聞きした説法(お話すごくお上手なんです)のお裾分けです。

【素】素の自分を出すこと。ありのままの自分でいること(この時にありの~ままの~と歌って下さる住職さん。おもろい)。ありのままの自分を受け止めること。

【磨】自分を磨くこと。特に心を磨いてほしい。最近以下の3つの言葉を使いましたか?

①おかげ様です→謙虚な気持ち

②お世話様です→感謝の気持ち

③お互い様です→人を許す気持ち

【歩】歩くペースは人それぞれ。人と比べないこと。

この3つの言葉は私たちの生活になくてはならないもの・・・スマホ・・・ というオチまであり(住職さん、すごすぎるよ)、笑い声の聞かれる楽しい説法でした。じゃんじゃん

 


災害に負けないで

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

台風19号から1週間が経ちました。被災された方々は中々進まない片付けに、本当にお疲れの毎日かと存じます。雨の予報が出る度に、又被害が広がらないかも心配です。何もできないですが地球温暖化対策など日頃できることは進んでいこうと思う今日この頃です。

災害ゴミの話題も新聞に掲載されていました。ゴミの量は昨年の西日本豪雨の約190万トンを上回る数百トン発生すると予測され、水害としては異例の規模で、処理完了までに2年以上かかる見込みだそうです。

浸水して使えない処理場もあり、自治体をまたいで広域処理が解消の鍵となるようです。東日本大震災でも2千万トン超えのゴミが出たのですが土地が不足して高く積み上げられたがれきの山で火災が続発、悪臭や虫の発生なども問題になり、市民生活に悪影響が出たそうです。

ふと阪神大震災の時のゴミの山を思い出しました。毎日トラックがゴミや土砂を積んで道路を行き来して空気も悪くて、街は土埃で煙っていました。あれから20年以上経ちましたが多くの皆さんのお力添えを受け神戸の街並みは以前のように山と緑に囲まれた綺麗な街になりました。

今回被災された地域の方々も、きっと苦難を乗り越えて人も街も元どおりの姿を取り戻すと思います。どうぞお身体を大事に毎日を過ごしてくださいね。

 


レディーファースト

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

東日本を縦断した台風19号による猛烈な雨の影響で、河川堤防が決壊し住宅地などをのみ込むなど、大規模な洪水被害が各地で発生しました。この台風で災害に見舞われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。一刻も早く復興することを願っております。

しんおおさかクリニックでは、10/12(土)を休診とし、ご予約の変更をさせていただきました。変更のお願いに快く応じて下さり、ありがとうございました。明日10/15(火)より通常通り診察させていただきます。

さて、毎日書店をぶらりとする私ですが、先日本棚の間で外国の方とお見合いになった時、さりげなく通路を譲っていただきました 「レディーファーストなんて紳士的なのでしょう

レディーファースト レディーファーストって素敵

でも、そもそものレディーファーストの由来というものが、今考えられているものとは全く正反対のものだったという説があります 「女性を盾にするために生まれた」という説です。

レディーファーストは中世ヨーロッパで生まれた習慣なのですが、当時は毒殺や、突然斬り付けられるという事件が多発していました。そこで、女性を食事においては毒見役に、歩いているときには盾に使ったというのがレディーファーストの起源だと言われています。

あるいは、欧米の徹底した男性至上主義から生まれた「女性は男性の隷属物である」という考えから、女性をコントロールするためにレディーファーストの習慣が生まれたという説もあります。これがいつしか「男性が女性を丁重に扱う」というものに変化していくわけです。

レディーファーストと言えば、フランスやイギリス  さり気なくいい気分にさせてくれる  ちょっとした気遣いは、うれしいですよね。でも、現実は電車で席を譲るどころか、席を奪い合うようにして座る男性の姿。スマホが当たり前の時代になってからは、席を陣取ってラインやゲームに夢中。「君たちにプライドはないのかと言いたくなりませんか

だけどそれ、私にも思い当たることが・・・  男性は席を譲って当たり前、重い荷物を持って当たり前って思っているかも・・・  考えてみれば、日本のお父さんを始め、男性は皆さん頑張っているのですよね。そんなことを労うことなく、要求だけするのは何だかレディらしくない。男性に対して不平不満を言う前に、私が少し大人になって、可愛げのある女性になることが先決なのかも。席を譲りたくなる女性に、荷物を持ってあげたくなる女性になることの方が、近道なのかもしれないなぁ~なんて思いました

誰かから親切にされると、今度は自分も誰かに親切にしたくなるもの。何もお返しできない分、思わず「どうかこの人にいいことがたくさん起こりますようにと願わずにいられません

おまけ

今日は、月組公演『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』を観劇して参りました。

『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』 りょうちゃん素敵だったよ~

今年は日本とオーストリアが国交を樹立して150周年の記念となる年です。オーストリアにちなんで、ウインナーコーヒーを飲んで帰って参りました。幸せ~

ウインナーコーヒー 美味しかった~


キャッシュレスと仲良くなりたい!

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

消費税の税率が8%から10%に引き上げられて、今日で6日目となります。特に大きな買い物が無ければ少ししか影響がないような気がします。

消費税が上がったから病院の費用も値上がりするのかしらというお声を聞きますが、10月1日から一部の診療報酬が改訂になり初診料、再診料などの自己負担分がこれまでと比べて増えている場合があります。

自費診療は10月1日より消費税率が10%になっております。患者様から頂いた分の消費税は国にきちんと納めますので、国民の暮らしのために役立てて頂きたいと切に願います。

増税に合わせて導入された「キャッシュレス・ポイント還元事業」ですが、仕組みが今ひとつ分からないなあと思っていると、神戸新聞に特集記事が掲載されていましたので、ご紹介します。

この制度は国の財源から補填され来年6月末まで期間限定だそうです(知らなかった)キャッシュレス決済とは現金以外の手段で買い物をする仕組みで、支払い方法は大きく分けて2種類あります。

カード型・・・⑴後払い方式で分割払可能のクレジットカード⑵金融機関が発行する即時口座引き落とし方式のデビットカード⑶現金をチャージして電子機器にタッチして支払う電子マネー・交通系ICカード(ICOCAなど)・大手コンビニ系カード。

QRコード決済・・・「○○ペイ」という名前で知られている。先ずスマートフォンに銀行口座・クレジットカード情報を登録し⑴支払い時に店員にバーコード画面を掲示する方法⑵自分でQRコードを読み取り、金額を入力して店側に確認してもらう方法等がある。

キャッシュレス決済は現金を持ち歩く必要がなく支払いがスムーズなどメリットもありますが、口座の不正利用カード・スマホの紛失のほか、近頃では災害時に利用できなくなるトラブルもありました。こまめに利用明細をチェックし専用口座を作る、万が一のために現金も持ち歩く習慣を付けておく事も大事だそうです。

いざ「○○ペイ」で買い物をしようと思ってもポイント還元は対象店舗で買い物をしないと受けられません。対象店には「5%還元」のポスターやステッカーが掲げられているそうです。還元率は中小のお店が5%、コンビニなど大手フランチャイズ店は2%です。

実質値引きのポイントは①ポイントとして後日付与される②支払い時に即時値引きのされる③登録口座に後日入金されるの3種類あり、利用店舗や決済サービスごとに様々です。

大手スーパーは対象外な上、先ずクレジット決済の導入が必要がったり。各クレジット会社ごとに申請の必要があるなど、手続きも面倒で還元ができる店は少ないようですね。

専門家の先生はキャッシュレス化はますます進むだろうと予想しています。人手不足などで銀行が現金自動預払機(ATM)を減らしている事も拍車をかけるのではないか。キャッシュレス決済を始める人はまず自分の行動パターンに合わせて選んでみてはどうか。どこで買い物することが多いのか、よく利用する店はどの決済方法を使っているか、決済時の手間も判断材料になる。まずは使ってみること。そうしないと実感としてわかないだろうと言っています。

私もスーパーで電子マネーを使っていますが、スマホ決済は怖くてできないです。カードを探す手間を考えたらスマホであったり腕時計などをかざすだけで会計ができたらスマートだし時間の短縮になるのでしょうね。いずれチャレンジしてみたいと思います