カテゴリー別アーカイブ: スタッフハマ子のつぶやき

オンライン〇〇

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

新型コロナウイルスの感染症が拡大して、各分野でオンライン〇〇というものが一般的になりました。

私は全くオンライン〇〇は参加したことがありませんが、先生方にお話を聞くと、会議もオンライン会議ばかりだそうです。家族に聞くとオンライン飲み会はよくやるが、一つの話題しかできないから興味のない話もひたすら聞かなくてはいけなくて退屈な場合もあるという発見もあったそうです。

医療の現場でもスマートフォンやパソコンの画面を通して医師が患者さんを診察するオンライン診療という仕組みが2018年に初めて診療報酬として認められましたが、以前から定期的に治療を継続している一部の慢性疾患に限り保険点数の加算が認められるなど制約も多くあまり普及していませんでした。

緊急事態宣言発令後の4月からは、初診でも基準を満たせばオンライン診療が可能になりましたが、厚生労働省はオンライン診療の拡大について、特例、時限付きであり、感染症が収まれば元に戻すとしています。しかし、今後再流行した時、又は大きな災害が起きた時などを考えるとオンライン診療は医師も患者さんも利点は多いなと思います。

今回の規制緩和を検証して改善を図り、対面・オンライン診療のそれぞれの良さをうまく組み合わすことのできる仕組みになり、医師も患者さんも身近に利用できるシステムになれば、しんおおさかクリニックでも導入を検討できたらなと思います。

 


色々変わる新年度

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

季節は4月となりました。当然のことながら予定していた宝塚歌劇団の観劇予定は中止となり、落ち込んでいる場合では無いほど世の中は大変な状況になっています。毎日感染防止対策を第一優先に行動を取らなければいけないのはとてもしんどい事です。しかし最前線でウイルスと戦っておられる方々を思えば、ほんの少しの心掛けだと思って頑張れます

ところで4月といえば色々制度が新しくなりますね。医療機関でも診療報酬の改正により点数が変わり、窓口で負担金が今までと変わる場合があります。ご不明な点がございましたら受付にてご質問下さい。

しんおおさかクリニックでも担当医師の変更がございます。2月27日より脱毛症専門外来を木曜午前に高橋医師が担当しておりましたが、5月14日が最後の診察日となります。お休み中の寺尾医師が診察を再開するまでは脱毛症専門外来はしばらく火曜日午後の板見医師のお時間だけとなります。初診時は火曜日の午後にご予約をお取りさせていただきます。再診の場合は他の曜日でも診察可能です。診察スケジュールの変更がある場合等は順次ホームページにてお知らせ致しますのでご覧下さい。

 

 

 


癒された出来事

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

新型コロナウイルスのことが心配で、日常の些細な出来事がかえって新鮮で癒されるのは心が疲れているせいでしょうか?

この間の金曜日の事、自転車で用事に出かけ、一時駐輪して少し離れた隙に、強風で倒れてしまい積んでいた荷物がひっくりかえってしまいました。風にあおられ軽い荷物はくるくるまってヒューと遠くに飛んで行きます。知らずに戻った時にはその辺に私の荷物が散乱状態「キャー大変」とかき集めていると高学年の小学生らしき子達が数人で協力して集めてまわってくれて「ハイ!ここにもあったよ」と嬉しそうに探しまわってくれました。休校で家に居なくちゃいけなくて退屈な毎日を過ごしている子供達だと思うのですが、明るくて楽しそうで可愛くてとても癒されました

いつも通りに生活できないで状況でも、子供たちは小さなことでも楽しんで元気に過ごしていてほっとしました。自粛ムードの中にも何かと楽しみを見つけて、もうひと踏ん張り頑張ろうと私も思います。


新型コロナに感染したら?

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

いつもの年ならば、3月3日にお雛様を飾って、今年の「啓蟄」は3月5日ですねなんて言いながら、どこからともなくイカナゴの釘煮の匂いが漂ってきて、春の訪れを感じるのですが、今年は1月末から今まで毎日「コロナ」「感染」の二文字に支配されている感じです :twisted:

まさかこんなことになるとは大多数の人は予想していなかったでしょう先の見えない恐怖から色々なデマを信用してしまう事もあるかもしれません。しかし、もう身近なところまで「新型コロナ」はやってきています感染した時の対処方法について3月8日付神戸新聞に掲載されていたので紹介します。

風邪の症状。感染したかも。と言うときは最寄りの保健所などにある「帰国者・接触相談センター」に電話で相談しましょう。①風邪の症状や37.5度以上の熱が4日以上続く②強いだるさや息苦しさがあるこの症状が2日ほど続いたら相談を。

政府は新型コロナの重症者を減らすための対策として、軽症者には自宅療養を呼びかけています。二つの症状がなければ、かかりつけ医に相談してください。

もし家族が感染したら、まずは別室に隔離します。そしてタオルや食器を共用せず、感染者と接したらすぐに液体石鹸で手洗いを。水道の蛇口やトイレのバー、ドアノブなどはこまめに消毒しましょう。

可能なら看病する人は1人に限定して、発症から7日間は続けてください。こまめな換気も大切です。感染が知らぬ間に広がるのを防ぎましょう。もし消毒液が不足したら水2リットルに家庭用塩素系漂白剤(濃度5%)10ミリリットル(ペットボトルキャップ2杯分)を入れて使用する。注意点としては①消毒の際には十分に換気を②作り置きせず、作成するたびに使い切る③手指の消毒には使用しない④金属はさびる可能性があるので注意。

せっけんがない場合は流水で15秒以上洗うだけでウイルスは100分の1になるそうです。高齢者や基礎疾患のある方は微熱などの症状が2日続いたら帰国者・接触者相談センターに電話で相談し、助言に従ってくださいとの事です。

今日のニュースで混乱に乗じて新しい詐欺の手口が出てきたと報じていました。水道がウイルスに感染したから洗い流してあげると不審な電話かかってきたり、マスク代引きで送りますといった悪質メールなどが見受けられているそうです。何かおかしいと思ったり、被害にあってしまったら消費者ホットライン「188」電話するとお住まいの地域の市区町村の消費生活センターや消費生活相談窓口を案内してくれるそうです。

自分の身は自分で守らなければいけないなとつくづく思いました。

 

 


ウイルスに負けるな!

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

新型コロナウイルスの感染者が日本でもお亡くなりになられたとのニュースが流れました。心よりご冥福をお祈りしております。

ご高齢の方は特に注意が必要だそうです。体力が落ちている時はなるべく外出は控えるようにと報道されています。

それなのに80歳半ばの私の母は、地域の方のお祝いパーティーに出かけて行きました。「こんな時なのに中止にならないの?」と聞くと、「体調悪かったら年寄りは来ない」とか言っています

息子は息子で会社の先輩とゴルフに出かけていきました。「マスクしなあかんよ」と言うと「ゴルフ場にはコロナウイルスは無い」と訳のわからない理屈をいいます

もうどこで感染してもおかしくない状況下にある日本は対策が甘いのかなと思いながら、私も姉に誘われて落語の会に行くことになりました :oops: 3月には楽しみにしている宝塚の観劇もあります。マスクや手袋をしてでも行きたいと思っています。

絶対顔は手で触らないでおこう、水はこまめに飲もう、手すりは触らないでおこうなど一応気を付けているつもりですが、万が一感染してしまうと家族や会社に大迷惑がかかってしまいます。

台風大雨地震などの自然災害に引き続き、また災難を乗り越えなくてはいけません。何とか早く終息してくれないかと祈るばかりです。


読売新聞に掲載されました

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

寒さが増しやっと冬らしい天気となり、各地のスキー場も無事にスキー場開きが出来たようです :-o

連日、新型コロナウイルス感染の話題が報道されています。春節を延長して中国では必死に封じ込み作戦を続けているそうです。昼夜を問わず新型コロナウイルスと戦い続けている中国武漢の皆様に心からお見舞い申し上げます終息の目処がついてくれる様に祈るのみです。それとは別にインフルエンザの流行が下火になっているとの事。手洗いうがいマスク着用など皆が気をつけている為良い影響もでている様です。

話題は変わって、先日2月5日付け読売新聞夕刊に木曜日午前診察担当の寺尾医師の解説記事が掲載されました。円形脱毛症について写真やイラストを使って詳しく説明されています。

2月5日読売新聞夕刊寺尾医師紙面

2月5日読売新聞夕刊寺尾医師紙面

翌6日は木曜日で寺尾医師の診察中に患者さんから「先生記事読みましたよ!」という嬉しいお声をいただきました。とてもわかりやすく解説されていますので、もし購読されている方は過去の新聞を探して見てください待合室にも掲示していますのでお越しになった時に読んでくださいね

しかし、残念ながら寺尾医師の診察は2月6日までです。都合によりしばらくお休みとなりますが、2月27日からは新しく高橋医師が木曜日午前中に脱毛症専門外来を担当します。診察をご希望の方はお電話にてご予約をお願いいたします :-D

 


災害時の寒さ対策

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

今年は暖冬でコートやダウンジャケットを着ていると汗ばんでしまうくらいで気持ちが悪い時があります。冬は冬らしいのが好きなんですが、光熱費は安くて助かっています

いつも愛読している神戸新聞災害時の寒さ対策について掲載していたのでご紹介します。

災害時の為に、使い捨てカイロ、防寒のアルミシート、毛布、寝袋などは常備しておき、いつでも持ち出せるようにしておくと便利とのことです。確かに阪神大震災の時は、近所の小学校に避難する際に、家から毛布を沢山持って行きました。もう使わない毛布も置いておくと色々使えますね。

自宅にとどまる場合は停電時でも動くポータブル石油ストーブやカセットガスストーブがあれば暖が取れるそうです。カセット式のガスストーブがあるなんて初めて知りました。これは便利ですね。

ダウンジャケットは肌の近くで着ると、空気の層をつくるので断熱効果があるので、一番外側に風を遮る素材の衣類を羽織り、その上着に防水機能があると、さらに安心とのことです。雨や雪の日に屋外で過ごす可能性も大いにあります。レインコートでもあれば普段も使えるし便利ですよね。

二つ折りにした新聞紙で腹部を覆い、その上からラップで腹を巻いたり、ゴミ袋に頭と両手を出す穴を開けて防寒着にしたり、身近なもので工夫することも大切だそうです。段ボール箱も断熱効果が高いし、新聞紙や菓子箱などもお尻に引いたりできるし、取っておくと使える物がたくさんありそうですね。

いざという時に慌てない為に過去の事も思い出して、想定される状況を日々シュミレーションし、備えておくのは大事なんですね

 


成人の日おめでとうございます

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

あっと言う間にお正月も終わり、今日は成人式ですね。お天気も良くて格好の晴れ着日和です。

成人の日に寄せて神戸新聞に、チベットや北極を探検し、独自の視点から数々のノンフィクションをつづってきた角幡唯介(かくはたゆうすけ)さんのメッセージがとても良かったので紹介します。

若い頃は角幡さんも「経験について語る大人」を侮(あなど)っていたそうです。そういう人は「昔みたいな体力は無くなったけど、年を取ったら経験でカバーできる」というような言い方をする事が多く、単に加齢で能力が落ちたことの言い訳にしか聞こえなかったからだそうです。

でも、実際にご本人が中年の域に(おそらく現在45歳くらい)入って何を感じるのかといえば、経験て素晴らしいなぁという事で、二十歳の頃の自分は勘違いをしていたということがわかったようです。

経験とは自分がたどってきた固有の道筋で、その生の足跡はその人だけのものだから、年を重ねるにつれ人生の固有度は高まり、その人はその人自身になっていく、経験が貴重なのは、それにより自分自身になり、自分の言葉で物語を語れるようになるから・・・紙面を読んで私も勇気づけられました。

同時に人生で一番面白いのは経験の浅い20代の時期ともおっしゃっています・・・成人に向けてのメッセージなので。

人生は一つの作品で、20歳の人間はまだ形状の定まっていない粘土みたいなもの、20代の10年で土台が固まり、そして30代で作品として造形されてゆき、40代に入った頃に独持の風合いを帯びる・・・・筆者はまだ40代なのでその先は未知の世界なのでしょう。

ここからが20歳の人へのメッセージです・・重要なのは、今日あなたがやる事で、別に無駄でも構わない、その無駄の中にも未来を左右する何かが潜んでいるかもしれないということを知っておくべき・・・私も同感です。私も無駄だらけの人生でしたがふとした出来事で現在に到っております。

その時その瞬間の出来事が新しい未来を切り拓き、他の人とは違う一つの方向性が生じる、その道をたどることで人生は固有なものになってゆく、だから日起きるふとした何かであなただけの人生が始まるかもしれない・・・私の歳でもまだ可能性があるのではと思いたいです。

筆者はもう一度20歳に戻れると言われてももう二度と戻りたくないとおっしゃっています。それは二度と御免だと言えるほど目一杯やった証しです。人生をつくりあげるには生き物として自分を燃焼させる勢いとパワーが必要ですが、知恵や経験は必要ありません一番身体の炎が燃えさかるのは間違いなく20代だと成人の皆さんにエールを送っておられました。

成人へのメッセージでしたが、大変共感できるお話でしたのでご紹介しました。自分の人生を振り返ることはできてもその先はわかりません。私もいつも新しい事を発見する喜びを持ち、先輩方から色々学び生きていこうと思いました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 


社会保障に注目!

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

今年は12月23日が平日になり,クリスマスイベントはこの週末に開催されるところが多いかと思います :-P

イルミネーションも各地で開催されているようで、中之島公会堂では決まった時間にプロジェクションマッピングが行われてとても賑わっているようです。

しかし社会のいろいろな問題は山積みで、クリスマスに浮かれてばかりではいけませんね。新聞記事を読んでいますと気になる記事が・・・。

政府の全世代型社会保障検討会議が19日に中間報告を公表し、75歳以上の医療費窓口負担の引き上げ方針を打ち出しました。歳出抑制のため「原則2割」を目指した財務省に対し、世論の反発を意識する与党が抵抗し、改革案は「一定所得以上は2割」と限定されました。具体的な線引きを巡る攻防は、来夏の最終報告までさらに続くようです。

又、紹介状なしで大きな病院を受信した患者に原則1〜3割の窓口負担に加え、初診では5千円以上、再診では2500円以上の徴収を病院に義務付けている現行制度についてさらに一定額を上乗せすることを検討しています。大病院は専門的な医療を担い、それ以外は地域の診療所などが担当するといった役割負担を進める狙いがあります。現在は全額が病院の収入となっていますが、上乗せ分が公的医療保険財政に入る仕組みに改めるそうです。

公的年金の制度改正では現在60〜70歳の間で選べる受給開始年齢を75歳にまで広げることが盛り込まれました。受け取り開始を遅らせるほど年金が増額される仕組みで、高齢者の就業を後押しする狙いがあるとのことです。70歳定年制を推し進めるなど安倍政権は、高齢者の「痛み」に踏み込んだ改革を推進しているようです。社会保障制度の負担が現役世代に偏れば、経済成長の活力が損なわれるとの問題意識があるそうですが、官邸筋は「若い世代が安倍政権の支持層になっていることを念頭に置いている」と分析しているようです。

子育て世代には子育てしやすい支援が必要ですし、高齢者には安心して暮らせる支援が必要です。しかし、今の日本の現状では自分自身の暮らしは自分で守らなければダメなんですね

自分の身を守る手段の一つには健康である事。身体のお悩みは早いうちに医療機関にご相談下さい。皮膚に関するお悩みはしんおおさかクリニックまでどうぞ

 


乾燥の季節になりました

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

朝晩の冷え込みが厳しくなりやっと冬らしくなってまいりました。この時期気になるのがお肌の乾燥です。新聞に乳児のお肌のお手入れについてポイントが書いてありました。

乳児のお肌は大人の皮膚の半分程の厚さしかないので、表面の皮脂や内側の潤いもはるかに少ない為、肌がカサカサになりやすく、湿疹などの症状を引き起こしやすいそうです。

症状が最も表れる部位は顔。皮膚自体が弱い部位であるのに加え、よだれ、涙、ミルクなど頻繁に汚れが付くために、こすることで荒れやすくなります。肘や膝などの関節の内側も皮膚が薄く注意が必要です。

皮膚科医が勧めるのは、「肌がカサカサしている」、「ざらざらしている」などの兆候が見られた段階で市販の保湿クリームを塗ること。肌に水分を与える保湿剤ワセリンなど表面に膜を張り水分の蒸発を防ぐ保護剤があり、症状が表れやすい顔は保護剤でカバーする。ただ、べっとりして塗り心地は良くないため、体はさらっとした保湿剤を使うと良いでしょう。

塗るタイミングは顔や体を拭いたあとや食事、授乳、散歩の前など顔が汚れるとわかっている時で、一度塗ったからと安心せずにこまめに塗ってあげることがポイントだそうです。

いったん痒みが生じると、皮膚をひっかき炎症を起こし、よりひどくなる悪循環に陥ってしまうので、肌をかきはじめたら、病に行きましょう。併せて湿度にも気を配り、暖房にエアコンを使う場合、室内が乾燥しがちなので加湿器や部屋干しの濡れタオルで湿度を高める工夫をしましょう。

このようなケアは乳児に限らす全世代大事なことです。健康な皮膚を保ちために保湿を心がけましょう!