不安な心

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されてから、一週間余りとなりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか

私は相変わらず、お仕事以外の日はお家に引きこもっています。お家が大好きな私でも、お外に出てはいけないと思うと、何だか息苦しい感じがしています

東京都の小池知事が「ステイホーム週間」として、外出を控える呼びかけをしましたが、お家にいることで感染拡大防止に協力できるのであれば、できるだけ引きこもりに徹したいと思います

世界各国で、新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者が、偏見や風評被害に苦しんでいるというニュースを拝見して、とても悲しい気持ちになりました。同時に、外出自粛に伴って欠かせない存在となっている宅配便の配達員にも、不当な罵声を浴びせられたり、消毒用スプレーをかけられたりということがあるとか。

世界中の人々が、これまで経験したことのないウイルスにさらされているのですから、大きな不安を抱えるのは当然のことだと思います。しかし、危険を覚悟の上で医療に携わっている方や、自宅に生活必需品を届けて下さる配達員の方が、差別的な扱いを受けることは決してあってはならないことです。また、今まさに治療を受けられている患者さまや、それを支えるご家族の方にも、いわれのない差別や偏見の目が向けられることも、あってはなりません。日々懸命に努力されている方たちに、私たちは感謝の気持ちを忘れてはならないと思います。

その一方で、最前線で働く医療従事者などへ、感謝の気持ちを伝える動きや支援なども広がっていて、ほんわりと心が温かくなります 私たちは、新型コロナウイルス感染症の治療を行ってはいませんが、それでも窓口で労いや感謝の言葉をいただくことがあります。とてもうれしく感じています。

私たちが抱えている不安は、冷静な判断力を奪ってしまいます。こういう時だからこそ、自分の心の状態を見つめ、不確かな情報にとびつかないこと、不安な気持ちを一人で抱え込まないことが大切です。皆が心を一つにして、難局を乗り越えていきましょうね

心をひとつに ←心を一つに

 






DDまっぷ ドクターブログ 一覧