タグ別アーカイブ: 下肢静脈瘤

季節は廻る

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

大阪、兵庫、京都の3府県で緊急事態宣言が解除されましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか 先週の土曜日は、以前ほどではありませんが、お買い物などを楽しむ人の姿が、街の中に戻ってきていました。

外出自粛の間に感じていたのは、人間がウイルスに振り回されている間でも、やはり季節は廻っているということ。春になれば桜は咲き、つつじが咲き、燕も巣作りを始め、太陽もずいぶんと高くなりました 私のお家のベランダでも、いつものように鳩がやってきます(うんこしようとする鳩と、そうさせまいとする朝の戦いです)。変わることなく過ぎていく日々。今のこの状況は、歴史の一説になるであろう出来事だと思います。来年か再来年か、もっと先になるのか分かりませんが、「あの時は大変だったね~」なんて話せる時が早くやってきてほしいなと思います。

燕の巣 ←この光景、可愛くて大好きです

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の告発で注目を集めた、神戸大学感染症内科の岩田健太郎医師が、「病院の待ち時間が長い根本原因」として新書から一部抜粋したものがインターネットで紹介されていて、興味深く拝読しました。

冒頭にはこんな一説が・・・。

「新型コロナ対策として、実際にコロナかどうかに限らず風邪をひいたらすぐに休むことが大切です。自分がまず休むこと、そして家族や同僚が風邪をひいたらちゃんと休ませてあげることが大切ですが、そのためには、『休むことができるシステム』を整備しないといけない。それは工夫すれば容易にできることなんですが、日本の社会では、工夫することそのものが悪とされることがある。」

そして、日本の病院には無駄が多いとも書かれています。

この度のコロナ禍で、医療機関の外来患者数が減少していて、これはクリニックも同様なのですが、逆に言うと、それだけ受診を減らせることができるのだと私も感じていました。定期的に通院が必要な治療もありますから、一概に無駄だとは言えませんが・・・。難しい問題ですね

投薬方法などは、患者さまの中で「もっと薬を出してほしい」と思った経験があると思います。3月4月は自粛要請を鑑み、長期に処方をさせていただきましたが、基本的には「医師が処方する投薬量については、予見することができる必要期間に従ったもの」で、長期の投薬についてもいくつかの条件があります。私たちは診察の中で、こういった様々なことを逸脱することなく行っているわけですが、日本の医療を見直す時期に来ているのかもしれませんね。新しいことに柔軟に対応できるよう、これまでの常識にとらわれることなく、私自身の頭も柔らかくしておかなければと思います。

今月より自由診療も再開しています。若干診察スケジュールが変わっていますが、診療を中断されている方は是非ご連絡くださいませ

お待ちしています ←待ってま~す

 

 


オンライン〇〇

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

新型コロナウイルスの感染症が拡大して、各分野でオンライン〇〇というものが一般的になりました。

私は全くオンライン〇〇は参加したことがありませんが、先生方にお話を聞くと、会議もオンライン会議ばかりだそうです。家族に聞くとオンライン飲み会はよくやるが、一つの話題しかできないから興味のない話もひたすら聞かなくてはいけなくて退屈な場合もあるという発見もあったそうです。

医療の現場でもスマートフォンやパソコンの画面を通して医師が患者さんを診察するオンライン診療という仕組みが2018年に初めて診療報酬として認められましたが、以前から定期的に治療を継続している一部の慢性疾患に限り保険点数の加算が認められるなど制約も多くあまり普及していませんでした。

緊急事態宣言発令後の4月からは、初診でも基準を満たせばオンライン診療が可能になりましたが、厚生労働省はオンライン診療の拡大について、特例、時限付きであり、感染症が収まれば元に戻すとしています。しかし、今後再流行した時、又は大きな災害が起きた時などを考えるとオンライン診療は医師も患者さんも利点は多いなと思います。

今回の規制緩和を検証して改善を図り、対面・オンライン診療のそれぞれの良さをうまく組み合わすことのできる仕組みになり、医師も患者さんも身近に利用できるシステムになれば、しんおおさかクリニックでも導入を検討できたらなと思います。

 


休日は何をしていますか?

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

緊急事態宣言の延長を受け、大阪府は休業要請などを段階的に解除していく独自の判断基準「大阪モデル」公表しました。この「大阪モデル」、自粛要請を解除するかどうかの判断をする3つの「警戒基準」を設定しています。

  ▽感染経路がわからない患者が10人未満であること
  ▽PCR検査をした人数に対する陽性者の割合である陽性率が7%未満であること
  ▽重症者用のベッドの使用率が60%未満であること。
この3つの項目が7日間連続で満たされれば、自粛要請を段階的に解除していく方針で、今月15日に最初の判断が行われます。

すでに皆さま、ご存知ですよね 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された4月7日以降、連日テレビ出演している吉村知事。その発信力、すっかり全国区になっていますね。当面は、私も引き続き外出自粛を継続していきたいと思っています

さて、今日は母の日 皆さまはどんな一日をお過ごしでしょうか

実家の母と、お世話になっている方へお花を贈るのが毎年の恒例ですが、今日も朝からありがとうのメッセージをいただき、無事に受け取っていただけたとホッとしています。

今年の母の日 ←今年はフラワーソープを贈りました

このご時世なのか、お花を贈らせていただく方がいるというのは、本当に幸せなことなのだとしみじみ感じています。すべてのお母さんが、いつまでも元気で幸せに過ごせますように。たくさんの感謝の気持ちを込めて

私の休日・・・

手づくりマスク サシェ ←縫い物ばかりしていました

四角いのはサシェ(匂い袋)です。北海道旅行でラベンダーをたくさん購入したので、作ってみました。これも手縫いなので、アップで見ないでぇぇぇ

ホットケーキ オートミールクッキー ←お菓子作り

ホットケーキとオートミールクッキー。私ホットケーキを焼くのが得意で、私のお家にお泊りした朝はこれがでます。オートミールは食物繊維が豊富で、ミネラルやビタミンBも含まれています。これだと罪悪感もないかな・・・と。うふふ

 


5月7日(木)以降の予定

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

しんおおさかクリニックは4月29日(水)〜5月6日(水)までお休みを頂いております。お陰様で医師、スタッフは全員元気に過ごしております。

緊急事態宣言の発令を受けて、4月から診察スケジュールが一部変更となり、ご予約の患者様には大変ご迷惑をおかけしております。5月7日(木)以降も引き続き診察スケジュールの変更をさせていただく事になりました。ご予約の変更をお願いする患者様には5月7日(木)より順次電話連絡をさせていただく予定です。(詳しくはお知らせやカレンダーをご覧下さい)

ゴールデンウィーク明けは大変お電話が混み合います。又、受付対応をしている場合はお電話が取れない場合もございます。しばらく経ってから再度お電話いただくか、ホームページよりメールをいただく、もしくはFAXにてご連絡いただきますようお願い申し上げます。

お休み中は真夏並みの暑さのようですが体調を崩さないように気をつけてステイホームしましょう


不安な心

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されてから、一週間余りとなりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか

私は相変わらず、お仕事以外の日はお家に引きこもっています。お家が大好きな私でも、お外に出てはいけないと思うと、何だか息苦しい感じがしています

東京都の小池知事が「ステイホーム週間」として、外出を控える呼びかけをしましたが、お家にいることで感染拡大防止に協力できるのであれば、できるだけ引きこもりに徹したいと思います

世界各国で、新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者が、偏見や風評被害に苦しんでいるというニュースを拝見して、とても悲しい気持ちになりました。同時に、外出自粛に伴って欠かせない存在となっている宅配便の配達員にも、不当な罵声を浴びせられたり、消毒用スプレーをかけられたりということがあるとか。

世界中の人々が、これまで経験したことのないウイルスにさらされているのですから、大きな不安を抱えるのは当然のことだと思います。しかし、危険を覚悟の上で医療に携わっている方や、自宅に生活必需品を届けて下さる配達員の方が、差別的な扱いを受けることは決してあってはならないことです。また、今まさに治療を受けられている患者さまや、それを支えるご家族の方にも、いわれのない差別や偏見の目が向けられることも、あってはなりません。日々懸命に努力されている方たちに、私たちは感謝の気持ちを忘れてはならないと思います。

その一方で、最前線で働く医療従事者などへ、感謝の気持ちを伝える動きや支援なども広がっていて、ほんわりと心が温かくなります 私たちは、新型コロナウイルス感染症の治療を行ってはいませんが、それでも窓口で労いや感謝の言葉をいただくことがあります。とてもうれしく感じています。

私たちが抱えている不安は、冷静な判断力を奪ってしまいます。こういう時だからこそ、自分の心の状態を見つめ、不確かな情報にとびつかないこと、不安な気持ちを一人で抱え込まないことが大切です。皆が心を一つにして、難局を乗り越えていきましょうね

心をひとつに ←心を一つに

 


しんおおさかクリニックの近況報告です

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けてしんおおさかクリニックでは、お知らせの通り診察時間を短縮しながら診察を続けております。ホームぺージ「お知らせ」「カレンダー」は随時更新しておりますのご参照ください)どんな風になっているのかお電話で問い合わせもいただきますので、現在の状況をお知らせ致します。

緊急性を要しない美容治療や手術に関しては基本的には感染拡大が収束してからのご予約をお願いしております。脱毛症の専門外来は新規でのご予約希望が多いですが、人と人の接触を極力避けなくてはいけない状況ですので来月以降再度ご連絡をいただくようにお願いしております。

しかし痛みや腫れ、思わぬ怪我、火傷、湿疹や蕁麻疹などは新規のご予約でもお電話いただきましたら、なるべく待合室が混雑しない時間帯でご予約が可能ですので遠慮なくお電話下さい。御来院の際にはあらかじめ問診票をダウンロードしてご記入ご持参いただくと大変スムーズです。この時期ですので体温の計測マスク着用で御来院をお願いいたします。

待合室が混雑している場合は一旦外出いただき、診察の順番がきたらお電話させていただくよう対応しています。ただ職員が少ないので精算や電話対応などお待たせする可能性がございますが、どうかご了承ください。

その他よくいただくご質問としては診察代の支払い方法についてです。現在のところ健康保険での診療は現金のみのお支払とさせていただいております。自費での診療や化粧品、お薬の購入は現金及各種クレジットカード、デビットカードのみ対応しています。電子マネーはご使用不可)その理由としては保険診療と自費診療の支払いを区別して、混合診療と判断されないようにする目的があります。どうぞご協力お願いいたします :-P

再診の患者様もお薬を長期で処方して、ご予約日を先でお取りするようにしております。すでご予約をお取りしており通院が心配で延期もしくはキャンセルをご希望の患者様はご連絡ください。ただ診察開始直後の時間帯はお電話が混み合っていたり、受付対応で電話がお取りできません。その場合はしばらくしておかけ直しいただくか、ホームページよりメールを送信いただくか、FAXにてご連絡ください。確認次第折り返しご連絡させていただきます。

体調管理が大事な時期となっておりますが、無理をせず毎日粛々と過ごし、この困難を乗り切りましょう


緊急事態宣言

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

新型コロナウイルスの急速な拡大を受けて、4月7日に改正特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。大阪府を含む7都道府県が対象で、期間は4月7日から5月6日までの約1ヶ月間です。これを踏まえ、大阪府の吉村知事は「外出の自粛」と「イベント開催の自粛」を府民に要請しています。

HPのお知らせにも掲載しておりますが、クリニックでも一部診察のスケジュールを変更しています。皆さまには大変なご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご協力下さいますようお願い申し上げます。

医療機関では、新型コロナウイルスに対する診察だけを行っているわけではありません。私たちは皮膚科・形成外科の診察を行っていて、一見すると緊急を要することは少ないと思われるかもしれません。それでも、脱毛が急激に進んで不安に感じていらっしゃる方、身体が痒くて仕方がない方、ケガや熱傷を起こした方等、様々な患者さまにできる範囲で診察を継続したいと思っております。ただ、スタッフや医師の中には基礎疾患を持っていたり、他府県から移動して出勤しているスタッフもいます。また、待合室が狭いこともあり、「三つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)」を避けることも難しいと考えております。

毎朝、各自が体温を測り、出勤してからはうがい手洗いの他、換気、診察前・診察後(午前診と午後診)の清掃等、私たちにできることで対応しております。

今後、もしかしたら休診を選択することもあるかもしれませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

こういう時に頭に浮かぶのは、「神様は乗り越えられない試練は与えない」という言葉です

マザー・テレサがよく口にされていた言葉で、TVドラマ「JIN~仁」でも出てきた台詞です。この言葉は口語新約聖書にある「コリント人への第一の手紙第10章13節」に由来するもので「神は真実な方ですから、あなたがたを耐えられないほどの試練に会わせることはありません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます」の引用です。とても印象に残る言葉ですよね

お休みの日はお家で引きこもリーヌになっている私は、読書を楽しんでいます。最近読んだのはこの本。“ヒック”のフォトエッセイ。

ヒック ←しあわせはノラネコが連れてくる

タイトルと可愛い写真に惹かれ購入 アラサー、独身、定職なし。大学を卒業したものの定職に就けず、やりたいことも見つからず、親からのプレッシャーも日に日に増すばかり・・・。息苦しい毎日から逃げるようにやって来た済州島で白いノラネコに出会い、交流していくうちに、筆者の人生が動き出す。韓国語で「ぼんやりと白い」という意味の「ヒックムレハダ」から連想して“ヒック”と命名。ヒックと「家族になる」ことを決意し、自立するべく奮闘し、自分なりのやり方で幸せを見つけていく、心温まるエッセイ・ノンフィクション。癒されました~(亡くなったうちのむさちゃんによく似てるんですよね~)

2011年5月9日0000 ←むさちゃんは、父と新聞を読むのが日課でした

2011年5月9日0002 ←すぐに飽きるんですけどね~


色々変わる新年度

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

季節は4月となりました。当然のことながら予定していた宝塚歌劇団の観劇予定は中止となり、落ち込んでいる場合では無いほど世の中は大変な状況になっています。毎日感染防止対策を第一優先に行動を取らなければいけないのはとてもしんどい事です。しかし最前線でウイルスと戦っておられる方々を思えば、ほんの少しの心掛けだと思って頑張れます

ところで4月といえば色々制度が新しくなりますね。医療機関でも診療報酬の改正により点数が変わり、窓口で負担金が今までと変わる場合があります。ご不明な点がございましたら受付にてご質問下さい。

しんおおさかクリニックでも担当医師の変更がございます。2月27日より脱毛症専門外来を木曜午前に高橋医師が担当しておりましたが、5月14日が最後の診察日となります。お休み中の寺尾医師が診察を再開するまでは脱毛症専門外来はしばらく火曜日午後の板見医師のお時間だけとなります。初診時は火曜日の午後にご予約をお取りさせていただきます。再診の場合は他の曜日でも診察可能です。診察スケジュールの変更がある場合等は順次ホームページにてお知らせ致しますのでご覧下さい。

 

 

 


新型コロナウイルスって何者?

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

東京都の小池百合子知事が新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、週末の不要不急の外出自粛を要請しました。これに伴って、大阪府の吉村洋文知事は28日と29日の2日間、東京への行き来を含め不要不急の外出を控えるよう呼びかけました。

この週末、皆さまはどのように過ごされましたか

このブログを書いている日曜日、私は一歩も外に出ていません。そう、ずばり引きこもリーヌ。外出自粛要請もありますが、私は時々お休みの日に外に出ず、お家にあるものでお料理をして過ごすというチャレンジをしています 冷凍していたお肉を解凍したり、缶詰を使ったり、乾物を戻したり。食材は意外にお家の中にたくさんあるものです。もともと購入した食材を腐らせることなく、使い切りたいという思いで始めました。冷蔵庫に食材を詰め込んでしまうと、奥の方からうっかり忘れていた食材が出てきたりして、「またやってしまった・・・」とガックリするので、お買物は冷蔵庫がすっからかんになってから。最近はそんな風に心掛けて過ごしています。

毎日報道されている新型コロナウイルス。コロナウイルスはごくありふれたウイルスです。風邪の原因ウイルスは数種類ありますが、私たちが日常的にかかる風邪の10~15%はコロナウイルスによって引き起こされています。最初に発見されたのは1960年代ですが、すべてのコロナウイルスの共通祖先は紀元前8000年には存在していたと考えられています。以来、姿を変えてさまざまな動物の体に潜り込んで、進化・普及してきました。コロナウイルスは、風邪症候群の4種類と動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られていて、感染者を死に至らしめる可能性のあるコロナウイルスは、2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)、2012年MERS(中東呼吸器症候群)、そして今回です。

コロナウイルス ←光冠・花冠を意味するコロナウイルス

約 20 万年前にアフリカで誕生した私たちの祖先は、数多くの病原体と戦いながら世界各地に進化していきました。そして、人間がワクチンや新薬などを作り出せば、ウイルス側は変幻自在に変異して、獲得した免疫をかいくぐり、薬剤に耐性をもつウイルスへと変異します。人類の歴史は 20 万年ですが、ウイルスを含む微生物は 40 億年を生き抜いています。ウイルスって強者ですよね

今回のウイルスの致死率は数%程と見られていて、大流行を起こしたほかの感染症に比べると毒性は低めです。ただ、低いだけに感染力は強力です。ワクチンの開発にも18ヶ月要するとの見通しもあります。感染力の強い感染症は誰でも怖いです。過剰反応を起こすことも避けられません。

でも、私たちにできることを冷静にひとつひとつ積み重ねていくことが、感染の拡大を抑え、重症になるリスクの高い人の命を守ることにつながるのだと思います。

 


癒された出来事

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lok

新型コロナウイルスのことが心配で、日常の些細な出来事がかえって新鮮で癒されるのは心が疲れているせいでしょうか?

この間の金曜日の事、自転車で用事に出かけ、一時駐輪して少し離れた隙に、強風で倒れてしまい積んでいた荷物がひっくりかえってしまいました。風にあおられ軽い荷物はくるくるまってヒューと遠くに飛んで行きます。知らずに戻った時にはその辺に私の荷物が散乱状態「キャー大変」とかき集めていると高学年の小学生らしき子達が数人で協力して集めてまわってくれて「ハイ!ここにもあったよ」と嬉しそうに探しまわってくれました。休校で家に居なくちゃいけなくて退屈な毎日を過ごしている子供達だと思うのですが、明るくて楽しそうで可愛くてとても癒されました

いつも通りに生活できないで状況でも、子供たちは小さなことでも楽しんで元気に過ごしていてほっとしました。自粛ムードの中にも何かと楽しみを見つけて、もうひと踏ん張り頑張ろうと私も思います。