なぜ、胃カメラは1年に1回も必要なのでしょうか?


胃癌は、慢性胃炎の程度が強く、その範囲が広く、年数が長い人ほど 発生率が高くなることがわかっています。
慢性胃炎を悪化させる原因の
1番目はピロリ菌の関与、
2番目に喫煙、加齢、
3番目に塩分、不規則な食生活がきます。
長年、慢性胃炎で胃粘膜を傷つけ続けた結果、胃粘膜に癌として異常細胞が発生します。早期胃癌(深さが粘膜下層まで)から進行胃癌(筋層を超えていく)まで約1年という速いスピードで進行していきます。
早期胃癌のほとんどが自覚症状はありません。

何らかの胃の不調で検査を受けた時、健診、人間ドッグ(内視鏡検査)でたまたま見つかるケースがほとんどです。

50歳代で61%、60代で74%のピロリ菌感染があり組織学的慢性胃炎があります。
慢性胃炎の段階で、できるだけ早く早期胃癌(微小癌5㎜含め)の有無を確認する事が大切です。
慢性胃炎、癌の有無は、組織検査で判定されます。
そのために、1年に1回胃カメラを受けましょう。





DDまっぷ ドクターブログ 一覧